So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

駒居秀隆 作品展、武末日臣 作陶展(阪急うめだ本店) [美術画廊]

8月27日(土)   先日、阪急うめだ本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎駒居秀隆 作品展郷土玩具によせて・FROM BEYOND~彼方から
期間:2016年8月24日~8月30日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊

駒居2.jpg
「玩具を持たない民族は滅びる」。この言葉を胸に、大切な文化である郷土玩具にちなんだ作品を作り続ける駒居秀隆。「郷土玩具を振り返り、なぞることはこの遺産の"確認と解放"である」という思いが込められています。
奥)彼方から〜FROM BEYOND〜(縦103x横66cm)
左)「張り子犬」(陶器・高さ23cm)
右)「鯛車」(陶器・高さ27cm)
駒居1.png
【略歴】
1957年、兵庫県生まれ。京都造形芸術大学卒
1991年、仏教美術画家・丸山寿美氏に師事。寺院天井画制作
芸術療法講師(エントレリハ)、アトリエことほぎ主任

↓パンフレット
駒居1.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎武末日臣 作陶展対州
期間:2016年8月24日~8月30日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊

朝鮮陶磁を手本としながら、故郷対馬の風土を生かした作陶を突き詰める日々。李朝の器らしい大らかさに、独特の風格が感じられます。今展では陶器、井戸茶碗、斗々屋茶碗、酒器など100余点を展観。

【略歴】
1955年 長崎県対馬に生れる
1973年 上対馬高校卒業後、上対馬役場に勤務
1989年 高麗李朝陶磁研究のために渡韓、井戸、三島などの古窯跡の発掘調査を行う
     以後、毎年渡韓し、調査研究に携わる
1990年 武末家が代々務める「対州国島大国魂神社」の神職となる
1994年 対馬大浦に築窯
2008年 対馬豊山井手に窯を移す。全国各地で個展開催

↓パンフレット(表)
武末1・パンフ.jpg

↓井戸茶碗
武末2.jpg

↓青井戸茶碗
武末3.jpg

↓井戸輪花向付(組)
武末4.jpg

↓黒釉白花輪花向付
武末5.jpg

武末6.jpg

=====================================
7階の美術画廊を鑑賞後、9階に上がりました。

◎アールヌーヴォー魅惑の煌めき「ガレ・ドーム ガラスの世界展」
期間:2016年8月24日~8月29日
会場:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー
入場無料

19世紀末に開花し、今もなおその高い芸術性が注目され世界的に根強い人気を誇るアール・ヌーヴォーのガラス作品が集結。「2016アール・ヌーヴォー魅惑の煌き ガレ・ドーム ガラスの世界展」
 自然の産物をモチーフに洗練された感性と独創的な想像力で想像した巨匠エミール・ガレと、繊細で絵画的表現を特徴としたドーム兄弟の厳選した作品約90点を展観。

↓ガレ「タンポポ文花器」
アール2.jpg

↓ドーム「ポビー文花器」
アール3.jpg

====================================

◎昨日の阪神タイガース

回数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) 甲子園、18:00、
ヤクルト:004・100・000・・・・5・・・・(11)
阪神:000・030・000・・・・3・・・・(7)

【本塁打】鵜久森4号満塁(3回、岩崎)
【マルチ安打】中谷2
【打点】高山2、福留1
【投手】
●岩崎   3回、18人:6安打、3三振、3四球、4失点(3勝5敗)
・秋山   2回、9人:2安打、3三振、1四球、1失点
・松田   1回、4人:1安打、2三振、無四球、無失点
・安藤   1回、3人:無安打、無三振、無四球、無失点
・藤川   1回、3人:無安打、2三振、無四球、無失点
・サターホワイト  1回、6人:2安打、1三振、1四球、無失点
○デイビーズ  5回、23人:5安打、5三振、4四球、3失点(3勝3敗)
S秋吉   1回、4人:無安打、1三振、1四球、無失点(3勝4敗13S)

※夏の長期ロードが終わり、本拠地甲子園に帰っての初戦を落としたのは痛いですね。
※4盗塁も許すバッテリーは、無対策ですね。

###################################
nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ハッピーグリーティング、阪神4連勝 [グリーティング切手]

8月26日(金)   姪たちの勧めもあり、LINE(ライン)を始めました。早速、スペインのバルセロナを旅行中の姪より、写真が沢山送られてきました。  

 さて、日本郵便㈱は、様々なお祝いのシーンで郵便によるごあいさつに利用できるよう、グリーティング切手「ハッピーグリーティング」を本日発行します。

ハッピー52・シート.jpgハッピー和・シート.jpgハッピー洋・シート.jpgハッピー92・シート.jpg

◎ハッピーグリーティング
発行日:平成28年(2016)8月26日(金)
料額・種類:(A)52円×3種類、(B)82円×3種類、(C)82円×4種類、(D)92円×4種類
シート構成:各10枚(縦5×横2)
版式刷色:各オフセット5色
切手デザイン:(A)(B)中丸ひとみ、 (C)(D)山田泰子
発行枚数:(A)(B)(C)1,000万枚(100万シート)、(D)500万枚(50万シート)
銘版:凸版印刷

A:【52円切手】シール式
↓①鯛           ↓②鶴亀          ↓③富士山
ハッピー521.jpg   ハッピー522.jpg   ハッピー523.jpg


B:【和風82円切手】シール式
↓①鯛           ↓②福ふくろう       ↓③富士山
ハッピー和1.jpg   ハッピー和2.jpg   ハッピー3.jpg


C:【洋風82円切手】シール式
↓①とり        ↓②風船       ↓③リボンのとり  ↓④リボンの音符
ハッピー洋1.jpgハッピー洋2.jpgハッピー洋3.jpgハッピー洋4.jpg


D:【92円切手】シール式
↓①バラ        ↓②花束       ↓③ベル      ↓④ユリとリボン
ハッピー921.jpgハッピー922.jpgハッピー923.jpgハッピー924.jpg


【デザインについて】
52円と82円(和風)のシートは和風のデザイン、82円(洋風)と92円のシートは洋風のデザインとなっています。
ハッピーグリーティングの郵便切手は、誕生日、七五三、結婚、出産など各種のライフイベントのお祝いに利用できる他、敬老の日のお祝い、クリスマス、正月など季節のお祝いにも利用できます。

【過去のハッピーグリーティング切手一覧】
2014年10月23日発行:52円
2015年9月4日発行:52円、82円、92円

==================================

◎昨日の阪神タイガース

回 数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) 横浜、18:00、28,670人
阪 神:010・404・000・・・・9・・・・(13)
DeNA:000・001・200・・・・3・・・・(11)

【本塁打】高山5号満塁(4回、ペトリック)、ロペス21号2ラン(7回、安藤)
【マルチ安打】高山2、福留2、メッセンジャー3
【打点】北條1、高山6、福留2
【投手】
○メッセンジャー 6回、26人:6安打、6三振、3四球、1失点(11勝8敗)
・安藤   1回、6人:3安打、無三振、無四球、2失点
・島本   1回、4人:1安打、無三振、無四球、無失点
秋山   1回、4人:1安打、無三振、無四球、無失点
●ペトリック 5回3分の0、29人:9安打、2三振、5四球、8失点(3勝2敗)

※阪神は4連勝で、3位DeNAに0.5差と詰め寄った。DeNAに3タテは大きいですね。
※高山はプロ入り初の満塁本塁打を含め、6打点と大活躍。新人王を狙って欲しいですね。

######################################

日本イタリア国交150周年、広島マジック20点灯 [特殊切手]

8月25日(木)   日本郵便㈱は、日本とイタリアが国交を開始してから150周年を迎えることを記念して、特殊切手「日本イタリア国交150周年」を本日発行します。

◎日本イタリア国交150周年
発行日:平成28年(2016)8月25日(木)
料額・種類:82円×10種類
シート構成:10枚(縦5×横2)
シート余白:ローマ
切手デザイン:星山 理佳
版式刷色:オフセット6色
発行枚数:900万枚(90万シート)
銘版:凸版印刷

(1)(2)(5)(6)(9)(10)は、イタリアにちなんだ題材をデザインしています。
(3)(4)(7)(8)は、両国の国交150周年記念行事の一環として開催された展覧会の中から、来日した名画を採用しました。

↓(1)桑と繭、         ↓(2)繭と絹布
イタリア1.jpg   イタリア2.jpg
↑150年前に日本とイタリアの国交が樹立されるきっかけとなった養蚕にまつわるものをデザインしています。

<日伊修好通商条約の締結と養蚕業>
1866(慶応2)年8月25日に日伊修好通商条約が署名され、日本とイタリアの間で蚕卵紙(さんらんし)などの貿易が始まると、蚕の病気で養蚕業が危機に陥っていたイタリアも、貿易で利益を得て産業を発展させたい日本も、共に大きな利益を得ました。

↓(3)「糸巻きの聖母」[コピーライト] The Buccleuch Living Heritage Trust
  (レオナルド・ダ・ヴィンチ画、バクルー・リビングヘリテージトラスト蔵)
イタリア3.jpg
↑人間観察や自然研究によって真理に近づこうとしたレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519年)の円熟期の傑作です。

↓(4)「マリア・デ・メディチの肖像」[コピーライト] A. Quattrone
  (ブロンズィーノ画、ウフィッツィ美術館蔵)
イタリア4.jpg
↑ブロンズィーノ(1503-1572年)作、初代トスカーナ大公となったコジモ1世と妻でスペイン貴族のエレオノーラ・ディ・トレドの長女、マリア・デ・メディチの肖像画で、ブロンズィーノ作品特有の滑らかな肌の質感の美しさが光ります。

↓(5)バジリコとモッツァレラ、  ↓(6)モッツァレラとトマト
イタリア5.jpg   イタリア6.jpg
↑イタリアの食材をデザインしました。

↓(7)「聖母子(書物の聖母)」[コピーライト] Milano, Museo Poldi Pezzoli
  (サンドロ・ボッティチェリ画、ポルディ・ペッツォーリ美術館蔵)
イタリア7.jpg
↑イタリア・ルネサンス期を代表する画家、ボッティチェリ(1444/45-1510年)の円熟期の傑作です。

↓(8)「果物籠を持つ少年」[コピーライト] Roma, Galleria Borghese
  (カラヴァッジョ画、ボルゲーゼ美術館蔵)
イタリア8.jpg
↑西洋美術史上最も偉大な芸術家のひとりであり、イタリアが誇る大画家であるミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610年)の初期の代表作です。

↓(9)ヴァル・ドルチャとアルベロベッロ、↓(10)アルベロベッロとフィレンツェ
イタリア9.jpg   イタリア10.jpg
↑イタリアの景観(世界遺産)をデザインしています。

<ヴァル・ドルチャ>
トスカーナ地方のシエナ南東部に広がるこの一帯は、10~11世紀頃から交通の要衝として人が住み始め、14~15世紀にはシエナの領土となり、絵のような美しい景観が保全されてきました。2004(平成16)年世界遺産登録。

<アルベロベッロ>
白い漆喰塗りの壁に円錐形のとんがり屋根が特徴的な、この地方に特有の一風変わった建物のトゥルッリ。モルタルなど接合剤を使わない先史時代から伝わる建築方法で造られた建物が、現在も生活に使用されています。1996(平成8)年世界遺産登録。

<フィレンツェ>
ルネッサンス文化が花開いたフィレンツェの街は、メディチ家統治の下、15~16世紀に経済・文化的繁栄を謳歌していました。芸術振興・保護活動の精神は今も生きており、街全体がひとつの大きな美術館のような美しさをたたえ、人々を魅了します。1982(昭和57)年世界遺産登録。

余白:ローマ
紀元前753年に建国されたと伝えられる古代ローマは共和制を経て巨大な帝国へと発展し、「世界の首都」として反映しました。「永遠の都」ローマを象徴するコロッセオをデザインしています。

=======================================

◎昨日の阪神タイガース

回 数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) 横浜、18:00、28,062人
阪 神:002・300・000・・・・5・・・・(10)
DeNA:000・100・000・・・・1・・・・(8)

【本塁打】坂本1号ソロ(4回、久保)、梶谷13号ソロ(4回、藤浪)
【マルチ安打】高山3、坂本2
【打点】高山1、福留1、坂本1
【投手】
○藤浪   7回、28人:7安打、10三振、2四球、1失点(6勝9敗)
・高橋  3分の1、3人:1安打、無三振、1四球、無失点
Hサターホワイト 3分の2、2人:無安打、2三振、無四球、無失点
・マテオ  1回、3人:無安打、2三振、無四球、無失点
●久保 3回3分の2、23人:6安打、4三振、6四球、5失点(5勝8敗)

※坂本捕手は、2試合連続フル出場で、プロ初本塁打を放つ。
※阪神は3連勝し、3位DeNAに1.5差と肉薄。
※高山は虎新人最多の12度目の猛打賞達成。また岡田彰布に並ぶ新人109安打も達成。
阪神2・高山.JPG

【順位】    勝  負  分  勝率  残り   差
1位:広島   70-45-2  .609   26   M20
2位:巨人   60-51-3  .541   29   8.0
3位:DeNA   54ー60-3  .474   26   7.5
4位:阪神   53-62-3  .461   25   1.5
5位:ヤクルト   52-65-1  .444   25   2.0

###################################

京都迎賓館Ⅱ [雑記]

8月24日(水)   昨日の「京都迎賓館」の記事の続きです。

◎京都迎賓館
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/kyoto/kyoto-map.html
http://www12.plala.or.jp/ochikasan16/geihinnkan.html

↓藤の間
迎賓館24・藤の間.JPG
迎賓館25・藤の間.JPG
迎賓館26・藤の間.JPG
藤の間:京都迎賓館で最も大きな部屋で、洋食の晩餐会や歓迎式典の会場として使用されています。櫛型にテーブルを並べた宮中晩餐方式でおよそ60名、円卓を並べた場合にはおよそ120名の会食が可能です。
 壁面装飾は、日本画家の鹿見喜陌氏の下絵を基に綴織りの技法を用いて製作された織物で、縦3.1m、横16.6mです。
 藤の間の舞台では、舞・能や琴の演奏、雅楽などが披露され、訪れた方々へ日本の伝統文化を紹介しています。

↓テーブルセット
迎賓館27・テーブルセット.JPG

↓舞台と舞台扉
迎賓館28・舞台と舞台扉.JPG
↑舞台扉(截金)人間国宝の故・江里佐代子氏の作。

↓藤の間の天井照明に圧倒されましたね
迎賓館29・藤の間、天井照明.JPG

↓和厨房
迎賓館30・和厨房.JPG

↓桐の間
迎賓館31・桐の間.JPG
迎賓館32・桐の間.JPG
桐の間:和食を提供する「和の晩餐室」です。最大24名までの会食が可能なこの部屋では、京料理でおもてなしいたします。
 食事中に、芸妓さんや舞妓さんによる舞や琴の演奏などが行われ、宴席に彩を添えています。
 釘隠や襖の唐紙など各所に「五七の桐」が見られますが、これは明治時代より日本国政府の紋章として使用されているものです。京都迎賓館の紋章でもあります。

↓桐の間に隣接し、舞や琴などを披露するスペース
迎賓館33・桐の間の踊.JPG

↓桐の間から見える庭園
迎賓館34・庭園.JPG

↓回廊
迎賓館35・回廊.JPG
↓絢爛豪華な扇子
迎賓館36・扇子.JPG

↓廊橋
迎賓館37・廊橋.JPG
迎賓館38・廊橋.JPG
↑東西の建物をつなぐ橋。

↓廊橋の天井四隅には透かし彫り
迎賓館40・蟋蟀.JPG迎賓館39・蝶.JPG迎賓館42・鈴虫.JPG迎賓館41・蜻蛉.JPG
↑東側:蟋蟀(コオロギ)、蝶。西側:鈴虫、蜻蛉(トンボ)。

↓廊橋から眺めた景色
迎賓館43・橋から.JPG
迎賓館44・橋から.JPG
迎賓館45・橋から.JPG

↓和舟
迎賓館46・和舟.JPG
↑海外からの賓客に日本の文化「舟遊び」を楽しんでいただきます。

※以上、見学時間は、約40分でした。

↓帰り際に、「正門」の写真も撮りました。
迎賓館47・正門.JPG

===================================

◎昨日の阪神タイガース

回 数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) 横浜、18:00、25,764人
阪 神:522・000・000・・・・9・・・・(14)
DeNA:000・021・000・・・・3・・・・(9)

【本塁打】戸柱2号2ラン(5回、能見)
【マルチ安打】北條2、高山3、原口2、中谷2
【打点】福留1、原口2、中谷3、今成2、坂本1
【投手】
○能見   8回、32人:9安打、5三振、1四球、3失点(8勝10敗)
松田   1回、3人:無安打、2三振、無四球、無失点
●井納   5回、31人:13安打、5三振、3四球、9失点(6勝9敗)

※阪神は、3位DeNAとは、2.5ゲーム差です。DeNAに3連勝して、3位を狙える位置について欲しいですね。

####################################
nice!(19)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都迎賓館Ⅰ、リオ五輪閉会式 [雑記]

8月23日(火)   8月20日に、京都迎賓館の一般公開に行って来ましたので、2回に分けてアップ致します。私はインターネットによる事前申込で、10時に到着しました。

清和院東駐車場(3時間500円)に止めて、清和院御門から入りました。
↓清和院御門
迎賓館2・清和院御門.JPG
迎賓館3・清和院.JPG
↑京都迎賓館にもっとも近い御門。清和天皇(生母が良房の娘・明子)は譲位後ここに移られて「清和院」と称さたことにより、清和院御門の由来になっている。 禁門の変の際にこの御門を警備していたのは加賀藩です。

◎京都迎賓館
住所:京都市上京区京都御苑23
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/kyoto/koukai-kyoto.html
敷地面積:20,140㎡。構造:鉄筋コンクリート造、地上1階地下1階。延床面積:16,000㎡

日本の歴史、文化を象徴する都市・京都で、海外からの賓客を心をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくことを目的に、平成17年(2005)4月に開館した国の迎賓施設です。
 当館は、日本建築の長い伝統の粋と美しさを現代の建築技術と融合させる「現代和風」の創造を目指して設計されました。
 東京の迎賓館赤坂離宮とともに、国公賓などの賓客の接遇の場としての役割を果たしています。

↓一般公開の入口は、「西門」からです
迎賓館4・西門.JPG
迎賓館5・西門.JPG

↓順路として、地下駐車場に誘導されます
迎賓館7・地下駐車場へ.JPG

↓駐車場の中に記念品販売所もあります
迎賓館9・記念品販売所.JPG

↓地下駐車場で、手荷物検査、金属探知機による検査後、入館料1,000円を支払
迎賓館8・手荷物検査、金属探知.JPG
↑手荷物をコインロッカーへ入れてから、1階に上がります。

↓正面玄関。ここでスリッパに履き替えます
迎賓館6・正面玄関.JPG
迎賓館10・正面玄関.JPG
正面玄関:当館は、築地塀を巡らせた品格ある和風の佇まいをしています。入母屋造りなど日本建築の伝統的な屋根の形式が組み合わされ、それぞれの技が用途にふさわしい外観を形成しています。それらは千利休が茶の湯を通じて広めた数寄屋造りという和の意匠で整えられています。
 海外からの賓客のご一行は、車列を組んで正門から入ってこられ、この正面玄関に停車し、迎賓館長が玄関前でお迎えして、ご入館されます。
 正面の扉には、樹齢700年の欅の一枚板を使用しています。また、賓客をお迎えする際には、正面に屏風を置き、その前にいけばなをしつらえ歓迎の心を表します。

↓回廊を歩いて、「聚楽の間」に進みます
迎賓館11・回廊.JPG

↓聚楽の間
迎賓館12・聚楽の間.JPG
聚楽の間:ロビーとして位置付けされる空間です。晩餐会や大臣会合などが行われる際に、随行員の待合とするなど多目的に利用されます。
「京指物」の技能と有職織物を用いた安楽椅子が並びます。他の部屋と異なり自然光が入らないことから、座面は鮮やかな赤色の布地を用いて華やかさを演出しています。
 部屋名の「聚楽」は16世紀に京都に造営された邸宅・聚楽第でよく知られていますが、「楽」(心が安らかで楽しいこと)を集めるといった意味があります。転じて、人が集まった都もさします。

↓人間国宝の故・早川尚古斎の作。上:花籃、下:飾り台(漆、螺鈿、竹工芸)
迎賓館13・早川.JPG

↓龍村光峯織額「暈繝段文(一対)」
迎賓館14・龍村光峯織額「暈繝段文(一対)」.JPG

↓夕映の間に向かいます
迎賓館15・夕映の間へ.JPG

↓夕映の間
迎賓館16・夕映の間.JPG
迎賓館17・夕映の間.JPG
迎賓館18・夕映の間.JPG
夕映の間:大臣会合などの会議や立礼式のお茶のおもてなし、晩餐会の待合としても使用されています。
 東西の壁面は、日本画家の箱崎睦昌氏の下絵を基に綴織りの技法を用いて製作された織物で、それぞれ縦2.3m、横8.6mです。東側の作品は、京都の東にそびえる比叡山を月が照らす様を描いた「比叡月映」、西側の作品は、京都の西に連なる愛宕山に夕日が沈む様を描いた「愛宕夕照」です。
 東西の壁面は可動式になっており、部屋を三分割して使用することができます。

↓北村 繁作「螺鈿燭台(山紫水明)」
迎賓館19・北村.JPG

↓森野泰明作 白磁「白金彩波状文扁壺」
迎賓館20・森野.JPG

↓「夕映の間」から眺める庭園も素晴らしい
迎賓館21・庭園.JPG
迎賓館23・庭園.JPG
迎賓館22・庭園の説明板.JPG

※「藤の間」「桐の間」は、次回紹介します。

=======================================

◎リオ五輪閉会式

閉会式は開会式と同じく世界最大規模のサッカー専用スタジアム「マラカナン」で行われ、「喜び」と「祝福」をテーマにサンバなどを盛り込んだ盛大なセレモニーが展開されます。また、次の開催都市の東京にオリンピック旗を引き継ぐ「フラッグハンドオーバーセレモニー」も行われ、小池百合子東京都知事が旗を受け取った。

日本のメダル獲得は6位。内訳は金12、銀8、銅21の計41個で最多を獲得し、東京五輪への期待を大きくしました。

↓閉会式の様子です。
閉会1.JPG
閉会2.JPG
閉会3.JPG
閉会4.JPG
閉会5.JPG
閉会6.JPG
閉会7.JPG
閉会8.JPG
閉会9.JPG
閉会10.JPG
閉会11.JPG
閉会12.JPG
※嬉し涙、悔し涙、そして沢山の笑顔で、感動を与えてもらいました。4年後の東京五輪が待ち遠しくなりましたね。

########################################
nice!(16)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -