So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

赤石文雄パステル画展、吉岡浩太郎作品展(阪神梅田本店)、全豪ベスト8 [美術画廊]

1月24日(火)    先日、阪神梅田本店の美術画廊に立ち寄りましたので、紹介します。

◎赤石文雄パステル画展
期間:2017年1月18日~1月24日
会場:阪神梅田本店9階 美術画廊

大阪大学理学部在学中から制作に励み、卒業後たちまち画家として頭角を現すという異色の経歴を持つ赤石文雄氏。現代パステル画の第一人者として、その卓越した表現力で描かれた作品は「能」「舞妓」などの人物画、花、風景画まで多岐に亘ります。今展ではお馴染みの大阪の風景を交えた約25点を展観。

パステル (Pastel) は、乾燥した顔料を粉末状にし粘着剤で固めた画材。カッターナイフ等で削って再び粉末状にしスポンジ等で塗ったり、直接手で持って塗ったりできる。
絵画のほか、デザイン、デッサン等に用いられることが多い画材。画材店、文具店などで比較的低価格で入手できる画材である。粉末性質であるパステルは固着力が弱いため、作品完成後はフィキサチーフなどで粉を定着させる必要がある。パステルを使用した絵画のことをパステル画(パステルが)または、パステル絵画(パステルかいが)と呼ぶ。
パステル画と呼ばれるものはソフトパステルを使用されていることが多いです。 日本のメーカーではゴンドラとホルベイン。ただし、日本ではパステル画を作品として描く画家が少ない。

【略歴】
1952年、鳥取県羽合町に生まれる
1977年、大阪大学理学部卒業、すぐさま作家活動に入る
1977年よりヨーロッパ各地を取材旅行
1978年、二科展、二紀展、独立展に出品。以後1983年退会まで二紀展に出品
    二紀展大阪市長賞など受賞
1981年、安井賞展出品
1982年、現代の裸婦展出品
1989年、パステル画集「裸婦」京都書院より出版(絶版)、現代パステル協会展大賞
1996年、大阪南港ハイアット・リージェンシー・オーサカ・B1にて常設展示(ギャラリー双愛内)
1998年、鳥取県立倉吉博物館にて個展、大阪南港ふれあい港館にて個展
1999年、ホテル日航大阪にて常設展示
2002年、神戸トーアロード「マキシン」にて個展
2003年、リーガロイヤルギャラリーにて画業25周年記念展
現在、無所属

↓案内状
赤石3.jpg

↓面影
赤石1・面影.jpg

↓裸婦
赤石.jpg

======================================
美術画廊に隣接して、グラフィックステーションがあります。

◎吉岡浩太郎作品展
期間:2017年1月11日~1月31日
会場:阪神梅田本店9階 グラフィックステーション
http://www.pkanart.com/profile.php
【略歴】
1928年 山口県に生まれる、香月泰男に師事
1967年 スクリ-ン版画の研究を始める
1973年 絵画研修のため渡米
1974年 セントラル画廊でスクリーン版画個展
1989年 絵画研修のため渡米
1992年 スクリーン版画個展
1996年 日蓮宗、円頓寺壁画制作
1997年以降 毎年ピクチャーショウーで新作発表、各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載
2004年 東京絵画フェスティバル出品

吉岡1.jpg

シルクスクリーンは、版画技法の一種です。
原理は木枠に張ったシルクのスクリーン(編み目の布)に薬品を塗り、別に用意した版下原稿を写し取って版を作ります。版は原稿部分が穴の開いた皮膜になっています。
このスクリーンを版画用紙に重ね、絵の具を穴から刷り落とすことにより、用紙にイメージ(色の付いた面や線)が、プリントされる技法です。
名前の由来である「シルクスクリーン」は、技術の進歩により木枠にシルクから、アルミの枠にポリエステルのメッシュ(細かい網状のスクリーン)を張ったものが変わって使われています。

 シルクスクリーン版画の歴史は、木版や銅版画と比べてそんなに古くありません。
技法としては日本の捺染型紙による「染めもの」や、琉球の紅型(びんがた)、西洋の型抜き印刷(ステンシル)等が起源として考えられますが、1910年代になって写真製版が技法として確立され、今日の多様な発展の基盤となりました。
シルクスクリーン版画が、美術作品として製作され出したのは1950年代の米国と考えられますので、50年の歴史と云えます、反面歴史の浅い分だけ大きな可能性を秘めた分野であり、技術の進歩と共に、今後の展開も期待されています。
シルクスクリーン版画は、国によって「SILK SCREEN PROCESS PRINTING」「STENCIL PROCESS PRINTING」、「SERIGRAPHY」等と呼ばれ、現在では美術版画として一ジャンルを築くだけでなく、工業関係(プリント配線等IT技術には欠かせない技法です)、広告関係(看板)、日用品から衣料品(Tシャツのプリント等)まで広範囲に応用されています。

 シルクスクリーン版画の特徴は、複数のオリジナル作品を制作できることで、1枚から数百枚まで自由な枚数を刷ることが出来ます。
オリジナル版画の見分け方は、版面の下部分に、作者の署名(サイン)とエディション番号が入れられているかを確認するのが確実です。
エディション番号は、制作枚数 [分母] とその版が何番目の版か [分子] と云うことが分かるように 2/15(15枚刷った内の2枚目)と分数で書かれます。また、エディション以外で作家用:a.p.(Artist proofの略)、や刷り師用:p.p.(Printer’s proofの略)の記号の入ったものもオリジナルとして認められます。
シルクスクリーン版画は表現手段も他の版画と比較して自由に展開できる技法であり、ぼかし(グラデーション)等の技法は、シルクスクリーン版画の独断場といえます。
以上は、http://www.geocities.jp/wyoshio/silkprint.htm サイトより転載。

========================================

◎全豪オープンテニス・ベスト8出揃う

【女子】
⑦ガルピネ・ムグルッサ(ESP)
〇ココ・バンダウェイ(USA)

⑬ビーナス・ウイリアムズ(USA)
㉔アナスタシア・パブリウチェンコワ(RUS)

⑤カロリーナ・プリスコバ(CZE)
〇ミルヤナ・ルチッチ バローニ(CRO)

⑨ジョハナ・コンタ(GBR)
②セレナ・ウイリアムズ(USA)

【男子】
〇ミーシャ・ズベレフ(GER)
⑰ロジャー・フェデラー(SUI)

④スタン・ワウリンカ(SUI)
⑫ジョーウィルフリード・ツォンガ(FRA)

⑨ラファエル・ナダル(ESP)
③ミロシュ・ラオニッチ(CAN)

⑪ダビド・ゴファン(BEL)
⑮グリゴール・ディミトロフ(BUL)

※男女とも、トップ10シード選手が半数以下という、波乱な大会となっています。
※女子の決勝戦はウイリアムズ姉妹、男子の決勝はナダルとフェデラーという対戦もあり?
※ここに錦織の名前がないのが寂しく、残念です。マレーとジョコビッチが消えているので、最大のチャンスだったのにね。

=======================================

◎ミス日本に二十歳の阪大生 高田紫帆さん

ミス日本.jpg

↓(デイリースポーツより)
女優の山本富士子、藤原紀香らを輩出したミス・コンテスト「第49回 ミス日本コンテスト2017」の発表&授賞式が23日、都内で開かれ、グランプリに高田紫帆さん(20)が選ばれた。
 高田さんは大阪大学文学部2年に在学。中学時代は陸上のジュニアオリンピックに出場した実力を持つ。また弟はサッカーU-16日本代表に選ばれた高田侑真。姉弟そろって日本代表として活躍することになった。
 この日は「ミス日本着物」とのダブル受賞。「まだうれしさより驚きを感じる」と、選出が信じられない様子。日本代表に選ばれた弟に続き「日本を背負ってみたい」と思っていたが、そんな念願もかなう機会を手にした。

#######################################


nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

瀬戸國勝展、田村星都展(阪急うめだ本店)、錦織はフェデラーに惜敗、美宇ちゃん最年少優勝 [美術画廊]

1月23日(月)   先日、阪急うめだ本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎瀬戸國勝うるしの仕事輪島
期間:2017年1月18日~1月24日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://www.seto-kunikatsu.com/
http://www.hankyu-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00496784/?catCode=601006&subCode=602012
「私の制作する漆物が人の手によって使われ、私の知らない景色の中で育てられていると確信しています」と語る瀬戸國勝。現代の暮らしにしっくりと馴染む、スタイリッシュな輪島塗の魅力に出会えます。

【略歴】
1945年、輪島生まれ
1973年、偉大な陶工と出会う
1975年、工芸展てふてふを創る
1991年、百盆展に参加(総勢23名)
1993年、ギャラリーQUAIオープン
2005年、ニューヨークに於いて個展
2006年、ウィーンに於いて個展。以後各地にて個展

↓パンフレット(表)
瀬戸5.jpg

↓パンフレット(裏)
瀬戸6.jpg

下の写真は、「アートのある暮らし」より借用
↓会場風景
瀬戸1.jpg
瀬戸2.jpg

↓「だえん五段重錫蒔地 黒Ⅰ」
瀬戸3.jpg

↓「栗盆 尺2、片口-Ⅱ、ます」 
瀬戸4.jpg

=====================================

◎田村星都展九谷毛筆細字
期間:2017年1月18日~1月24日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://tamuraseito.com/
https://www.hankyu-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00495375/?catCode=601006
美しく、繊細な文字で綴られた万葉集や源氏物語マザーグース…。九谷毛筆細字とは、主に磁器に細かな文字を釉薬で描き込む一子相伝の技法。文学をテーマに制作した器や香炉、茶道具など、新作約80点を展観。
田村4.jpg
【略歴】
昭和55年、石川県小松市に生まれる
平成16年、筑波大学国際総合学類卒業、毛筆細字三代田村敬星に師事する
平成19年、石川県立九谷焼技術研修所実習科修了
平成22年、石川県小松市に工房を構える

↓パンフレット(表)
田村5.jpg

↓パンフレット(裏)
田村6.jpg

↓「マザーグース香炉」
田村1.jpg

↓「plate」
田村2.jpg

↓「古今集秋歌紅葉文碗皿」
田村3.jpg

以上の2つの個展は、「金沢・加賀・能登」物産展に連携した個展です。

======================================

◎全豪オープン、錦織はフェデラーに破れて4回戦で敗退

↓(朝日新聞デジタルより)
テニスの全豪オープン第7日は22日、メルボルン・パークで男子シングルス4回戦があり、第5シードの錦織圭(日清食品)は第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)に7―6、4―6、1―6、6―4、3―6で敗れ、3年連続の8強入りはならなかった。初優勝を狙った第1シードのアンディ・マリー(英)は世界ランキング50位のミーシャ・ズベレフ(独)に敗れ、全豪では8年ぶりに準々決勝進出を逃した。

↓試合前の記念写真
全豪2.JPG

↓ゲームセット後の握手
全豪3.JPG

※この試合の途中から錦織は、古傷の脇腹痛に襲われ、万全な体調でなかったが、フルセットとフェデラーを苦しめました。錦織の敵は、相手選手ではなく、怪我ですよね。
※第1シードのマレーも敗退し、ベスト8に進めませんでした。第1・第2シード共にベスト8に残れなかったのは、全豪史上15年ぶりの珍事だそうです。

=====================================

◎平野美宇、史上最年少V

↓(朝日新聞デジタルより)
卓球の全日本選手権は22日、東京体育館で男女シングルスの決勝があり、女子は昨年準優勝で16歳の平野美宇(エリートアカデミー)が、4連覇を目指した石川佳純(全農)を4―2で破り、初優勝を決めた。高1での優勝は、男女通じて史上最年少。平野は「リオデジャネイロ五輪に出られなくてすごく悔しかったので、今回は絶対優勝したかった。今年優勝しないと最年少記録は抜けなかった。本当にうれしい。この1年で自分から攻める卓球を意識して練習してきた成果がでた。世界選手権(代表)に選んで頂けると思うので、中国勢を倒してメダルをとりたい」と話した。
 男子シングルス決勝では、リオデジャネイロ五輪個人銅、団体銀の水谷隼(ビーコン・ラボ)が、初優勝を目指した吉村和弘(愛知工大)を4―1で破って4連覇を達成し、史上最多の9度目の全日本制覇を決めた。

########################################
nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

旨し美し金沢・加賀・能登展(ひらみぱん、たい焼き工房土九)、稀勢の里初優勝、狂犬病 [物産展]

1月22日(日)    先日、石川県金沢周辺地区の物産展があったので、覗いてきました。

◎旨し、美し。金沢・加賀・能登展
期間:2017年1月18日~1月23日
会場:阪急うめだ本店9階 催場
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/kanazawa2017/index.html
http://hhinfo.jp/blog/kurashi2/week2_4/00482812/?catCode=161003&subCode=162010&top
今回は食文化が豊かな金沢の台所・近江町市場と、石川県の進化する工芸に注目。会場には、フルーツ専門店ならではのいちごパフェが登場するほか、若手女性作家と「森八」がコラボした和菓子など、約60店が集結しています。

金沢物産1.jpg
金沢物産2.jpg

この中での2カ店で買物しました。

★ビストロひらみぱん
住所:石川県金沢市長野1-6-11
電話:076-221-7831
http://www.hiramipan.com/
雑貨店やギャラリーが建ち並ぶおしゃれなせせらぎ通り沿い、大正時代の鉄工所跡のレトロな建物を生かした人気のビストロパン屋さん。スコーンも有名ですが、今回はこだわりのパン(キッシュ)を購入しました。

↓会場のショーケース
金沢物産3.JPG

↓この3種類を購入
金沢物産4・ひらみぱん.JPG

↓「チキンとレンコンのキッシュ」 540円
金沢物産5・チキンとレンコン.JPG

↓「能登豚、じゃがいも、玉ねぎのキッシュ」 540円
金沢物産6・能登豚.JPG

↓「クロックムッシュ」 400円
金沢物産7・クロックムッシュ.JPG

※ボリュームたっぷりの美味しいパンでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★たい焼き工房 土九(つちく)
住所:石川県野々市市三納2-178
電話:076-294-5053
http://tsuchiku.com/
元和菓子職人が能登の天然塩や大野醤油など、石川県産の素材を厳選した、たい焼き。今回は4種類だけの販売でした。

金沢物産8・たい焼き.JPG

私は定番のつぶあん以外の3種類を購入しました。
↓「抹茶クリーム」 184円
金沢物産9.JPG
金沢物産10・抹茶.JPG
金沢物産11.JPG

↓「カスタードクリーム」 184円
金沢物産12・カスタード.JPG
金沢物産13.JPG

↓「りんごカスタード」 251円
金沢物産14・りんご.JPG

※たい焼きのイメージが変わりましたね。

=======================================

◎大関稀勢の里が初優勝待望の日本人横綱が実現するか?
稀勢の里.jpg
↓(朝日新聞デジタルより)
 大相撲初場所(東京・国技館)14日目の21日、大関稀勢の里(30)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初優勝を果たした。逸ノ城を下し、ただ一人1差で追っていた横綱白鵬が敗れたため。大関昇進後31場所での優勝は、琴奨菊の26場所を上回り、歴代で最も遅い記録だった。
 22日の千秋楽で稀勢の里は白鵬と対戦する。取組後、日本相撲協会の審判部は横綱昇進を諮る臨時理事会の招集を八角理事長(元横綱北勝海)に要請するかどうか議論する見込み。昇進については「大関で2場所連続優勝、もしくはそれに準じる成績」という内規があり、稀勢の里は先場所、14勝で優勝した横綱鶴竜に次ぐ12勝の成績を残した。
 加えて、昨年は6場所で69勝を挙げ、初めて年間最多勝のタイトルも獲得。安定して好成績を残している点を審判部は評価している。日本出身力士の横綱昇進となれば、1998年夏場所で決めた3代目若乃花以来19年ぶりとなる。

=====================================

◎昨日の柴犬「はな」

狂犬病予防のため、法律で年一回狂犬病予防接種が義務付けられています。
昨日、地元の動物病院へ行って、注射をしてもらいました。
気のせいか、何だが元気のない様子の「はな」です。

はな1.JPG

狂犬病】厚生労働省のサイトより
狂犬病予防法が制定される1950年以前、日本国内では多くの犬が狂犬病と診断され、ヒトも狂犬病に感染し死亡していました。このような状況のなか狂犬病予防法が施行され、犬の登録、予防注射、野犬等の抑留が徹底されるようになり、わずか7年という短期間のうちに狂犬病を撲滅するに至りました。この事例を見ても、犬の登録や予防注射が狂犬病予防にいかに重要な役割を果たすかが理解できます。
現在、日本では、犬などを含めて狂犬病の発生はありません。しかし狂犬病は、日本の周辺国を含む世界のほとんどの地域で依然として発生しており、日本は常に侵入の脅威に晒されていることから、万一の侵入に備えた対策が重要となっています。
万一狂犬病が国内で発生した場合には、素早くしっかりと発生の拡大とまん延の防止を図ることが非常に重要となります。そのためには、犬の飼い主一人一人が狂犬病に関して正しい知識を持ち、飼い犬の登録と予防注射を確実に行うことが必要であり、そうすることによって公衆衛生の向上と公共の福祉の増進に寄与しているということを飼い主の方にはしっかりと自覚していただくことが望まれます。

########################################
nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | -