So-net無料ブログ作成

輪島掘出し市、井倉幸太郎作陶展、深雪アートフラワー合同展(大丸)、レスリング世界選手権 [美術画廊]

8月27日(日)   先日、大丸心斎橋店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎輪島掘出し市
期間:2017年8月23日~8月29日
会場:大丸心斎橋店北館12階 美術画廊
http://art-blog.dmdepart.jp/blog/2015/01/post-ca15.html
輪島塗のうつわや家具などを一堂に特別価格にて展示即売。
最高級漆器である輪島塗というだけで、高額すぎて手の届かないイメージはありますが、ハレのしつらえが必要なシーンや食卓にはやはり欲しいアイテムです。
本物の輪島塗を従来にない特別価格で手に入れるチャンスとなりますのでぜひお越しください。

輪島4.png
輪島塗
輪島塗は 石川県輪島市で生産される漆器です。国の重要無形文化財としてしていされています。
輪島塗の特徴は、下地塗りで「布着せ」(壊れやすい部分に布を貼って補強する)をするところと、下地漆に「地の粉」といわれる珪藻土を混ぜた漆を使うところにあります。堅牢な漆器である秘密は、表面からでは見えないところに発揮される、職人の技にあるのです。そのほか「研ぐ」「磨く」などにも職人の丁寧な仕事が施され、ひとつの輪島塗の漆器をつくる手数は100以上とも。
そんな手間のかかる輪島塗は、それぞれの工程を専門の職人たちが分業することで、産地として漆器の生産をつづけてきました。

↓案内状
輪島1.JPG
輪島2.JPG

↓「花丸四君子 吸物椀」(五客組)、布目半月卓上膳」(五客組)
輪島3.jpg

=====================================

◎井倉幸太郎 作陶展
期間:2017年8月16日~8月29日
会場:大丸心斎橋店北館12階 現代陶芸サロン桃青
http://www.gallerytosei.com/daimaru/2017/ikk1708ex.html
http://sns.nara-craft.org/?page_id=390
青白磁の凛と引き締まった姿。清廉さの中に、使い手への思いやりが伺えます。透かし彫りにした磁器の素地を透明な釉薬が覆い、光を透過する蛍手。瑞々しい釉溜まりに惹かれ覗きこむと、光を集めた雫を飲みほしたくなります。磁土と光から生み出される造形に心躍らせ、奈良柳生の地から、その可能性を見つめ続けています。

【略歴】
1979年 剣豪の里、柳生で柳生焼窯元の長男として生まれる
2002年 大阪芸術大学工芸学科陶芸コース卒業、富士原恒宣氏に師事
    陶芸教室「えるで」の講師に就任
2005年 柳生で作陶活動開始
2009年 柳生にて独立、築窯
現在、柳生焼窯元三代目 井倉敏夫に師事
家業の柳生焼を手伝いつつ、独自の「青磁器・白磁」の作品を制作し、個展等を中心に活動中。

柳生焼の由来
柳生十兵衛の祖母「春桃御前」が馬頭観音を焼いたのが始まりと言われています。その後、藩の性格上「お庭焼」の域を出ませんでした。いわゆる「幻の焼き物」と言われ、明治に至り、長く中断していたこの窯ですが、井倉家先々代より再興と研究に明け暮れ、遂に先代喜太郎の代に柳生焼と成し
 現在は、三代目当主(井倉敏夫)が春桃御前窯跡で日々精進しております。

↓案内状
井倉1.JPG
井倉2.JPG

↓以下の写真は「陶芸サロン桃青」のサイトより借用
井倉3.jpg
井倉4.jpg
井倉5.jpg
井倉6.jpg
井倉6.jpg

======================================
12階の美術画廊を鑑賞後、14階のイベントホールも覗いて見ました。

◎第44回深雪アートフラワー合同展
期間:2017年8月23日~8月27日
会場:大丸心斎橋店北館14階 イベントホール
入場無料
http://www.miyuki-st.co.jp/member/20150425211054
第44回を迎える合同展は、初めての夏の開催となります。
サブタイトルの“春夏秋冬”も日射しを浴びて咲き競う夏の花々から、四季の移ろいを彩り、出品者全員制作の優しくて、淡い色彩の“デルフィニューム”が皆様のご来会をお待ちしております。

深雪アートフラワーとは:飯田深雪が従来の造花とは全く異なる、芸術的な造花への願いを込めて命名した「深雪アートフラワー」は、完全な手作りによるオートクチュール・フラワーです。白い布から花びらや葉の形にカット、染色し、コテで表情をつけ、手の中から花を咲かせるように、丁寧に作り上げ表現していきます。その洗練された色彩、かたちの美しさが魅力のひとつです。

↓案内状
深雪1.JPG
深雪2.JPG

※本物そっくりなフラワーが展示販売されていました。自宅にあれば華やぐだろうと思いました。

==========================================

◎レスリング高橋が金 男子フリー36年ぶり 世界選手権

↓(朝日新聞デジタルより)
レスリングの世界選手権第5日は25日、パリで男子フリースタイル4階級があり、57キロ級の高橋侑希(23)=ALSOK=が初優勝した。日本勢の金メダルは、男子フリーでは1981年大会52キロ級の朝倉利夫以来36年ぶり。今大会では男子グレコローマンスタイル59キロ級の文田健一郎=日体大=と4階級制覇の女子を合わせて6個目となった。同一大会で男子フリー、グレコ、女子の3スタイルすべてを制したのは日本にとって初めて。
 高橋侑は山梨学院大出身で、三重・いなべ総合学園高時代に2010年ユース五輪で優勝した。昨年のリオデジャネイロ五輪は出場を逃し、世界選手権は3度目の挑戦だった。

=========================================

◎昨日の阪神タイガース

回数:123・456・789・・・・計・・・・(安打)東京ドーム、18:00、45,185人
阪神:050・000・120・・・・8・・・・(10)
巨人:000・300・010・・・・4・・・・(8)

【本塁打】糸井11号3ラン(2回、谷岡)
【マルチ安打】福留2、ロジャース2
【打点】糸井3、ロジャース2、北條1、大山2
【投手】
○能見   5回、20人:5安打、6三振、1四球、3失点(4勝6敗)
H桑原 1回3分の2、5人:無安打、1三振、無四球、無失点
・高橋  3分の1、1人:無安打、1三振、無四球、無失点
・マテオ  1回、6人:3安打、無三振、無四球、1失点
・ドリス  1回、3人:無安打、2三振、無四球、無失点
●谷岡   3回、18人:6安打、4三振、3四球、5失点(1敗)初先発

※能見は、4回四球から連打され3失点したが、7月1日以来の久しぶりの勝利。巨人戦では2015年7月22日以来の約2年ぶりの勝利。
※糸井の先制3ラン本塁打が大きかったですね。
↓共に勝利を喜ぶ能見投手と糸井選手
阪神7・能見、糸井.JPG

↓イニング跨ぎの好リリーフした桑原投手がヒーローインタビューを受ける
阪神8・桑原.JPG

######################################


nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 20

コメント 4

たいちさん

★@ミックさん、nice有難うございます。

★鉄腕原子さん、nice有難うございます。

★tochiさん、nice有難うございます。

★やってみよう♪さん、nice有難うございます。

★トレンダー櫻井さん、nice有難うございます。

★かずのこさん、nice有難うございます。

★タンタンさん、nice有難うございます。

★いっぷくさん、nice有難うございます。

★ribonribonさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2017-08-27 10:50) 

たいちさん

★ma2ma2さん、nice有難うございます。

★ルディパパさん、nice有難うございます。

★マルコメさん、nice有難うございます。

★ネオ・アッキーさん、nice有難うございます。

★kiyokiyoさん、nice有難うございます。

★takaさん、nice有難うございます。

★ありささん、nice有難うございます。

★匁さん、nice有難うございます。

★はじドラさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2017-08-27 23:06) 

たいちさん

ライスさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2017-08-28 22:52) 

たいちさん

non_0101さん、nice有難うございます。
by たいちさん (2017-09-03 11:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。