So-net無料ブログ作成
検索選択

ガレ・ドーム ガラスの世界展、つむぎ つなぐ美の伝統と技、素晴らしき時代マーケット(阪急) [美術画廊]

8月28日(月)   先日、阪急うめだ本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎ガレ・ドーム ガラスの世界展アール・ヌーヴォー魅惑の煌めき
期間:2017年8月23日~8月29日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a01/00565628/?catCode=601006&subCode=602011

19世紀末、ヨーロッパを中心に開花し、今なお人々の心を捉えて離さないアール・ヌーヴォーのガラス作品。自然の産物をモチーフに、洗練された感性と独創的な表現の巨匠エミール・ガレ、繊細で絵画的な表現を特長とするドーム兄弟の作品を一堂に展観。

【エミールガレ】 1846年フランス東部のナンシーに生まれる。1877年に父の会社を継承、ガラス器、陶器の製造販売を手掛ける。1878年パリ万国博覧会に参加、陶器とガラス部門で銅賞を受賞。89年パリ万国博覧会でガラス部門でグランプリを受賞。1894年ナンシーにガラスの窯を設置、一貫生産を開始。1900年パリ万国博覧会に多数出品し絶賛される。アール・ヌーヴォー・ナンシー派の指導者としても活躍し手作りの良さを残した優美なガラス器の製造をした。

【ドーム兄弟】フランス東部のナンシーでガラス工場を経営していたジャン・ドームの息子で、兄オーギュスト・ドーム(1853~1909)弟アントナン・ドーム(1864~1930)。兄は1878年に、弟は87年に父の工場のガラス製造事業に参加。その後1891年美術工芸品としてのガラス生産が開始された。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフのもと水準の高いガラス製品を多数市場に送り出し1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリを獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなる。

↓パンフレット(表)
ガレ1.jpg

↓パンフレット(裏)
ガレ2.jpg

以下の写真は、「アートのある暮らし」サイトより借用
↓ガレ「煙草文シガーボックス」
ガレ3.jpg

↓ガレ「ロレーヌ公・王妃文花器」
ガレ1.jpg

↓ガレ「薔薇文鉢」
ガレ2.jpg

↓ドーム「春景色文花器」
ガレ4.jpg

↓ドーム「風雨樹林文ピッチャー」
ガレ5.jpg

↓ドーム「湖畔風景文ランプ」
ガレ6.jpg

※いずれも一桁違う高価な値札がついており、目の保養をさせていただきました。

========================================
7階の美術画廊を鑑賞後、9階にも立ち寄りました。

◎つむぎ つなぐ 美の伝統と技今を生きる女性たちのものづくり
期間:2017年8月23日~8月28日
会場:阪急うめだ本店9階 アートステージ
https://wanoshiori.com/ivent/2017/08/14/401/
7組の女性作家の素敵な作品が勢ぞろい! 伝統工芸の技術をベースにした モダンな手仕事。
女性ならではの目線と丁寧さにこだわって。京都と福岡の女性7名が つむぎ つなぐ
新たなものづくりをご紹介。

↓パンフレット(表)
つむぎ1.JPG

↓パンフレット(裏)
つむぎ2.JPG

※ざーっと流して見ただけです。

========================================

◎素晴らしき時代マーケット75のショップが集う
期間:2017年8月23日~8月28日
会場:阪急うめだ本店9階 催場
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/jidai_market2017/index.html
歴史的価値を持つ“骨董”と、雑貨好き女子がかわいいと感じる古いもの“こっとう”を集めた時代マーケットを開催。1950・60年代の懐かしいキャラクターグッズや、昭和モダンなカップ&ソーサーなど、約75店のビンテージショップから古き良き時代の雑貨や小物が登場する。有名メゾンのレトロスカーフや映画女優が愛用したコスチュームジュエリーといったアイテムもそろう。また、購入したビンテージの器に好みの植物をアレンジできるコーナーも登場(有料)。

↓チラシの一部
素晴らしき時代1.JPG
素晴らしき時代2.JPG

※趣味的なグッズが並んでおり、見るだけでも楽しかったですね。

========================================

◎昨日の阪神タイガース

回数:123・456・789・・・・計・・・・(安打)東京ドーム、14:00、45,735人
阪神:000・000・000・・・・0・・・・(2)
巨人:000・000・60×・・・・6・・・・(8)

【投手】
●藤浪 6回3分の1、25人:3安打、9三振、4四死球、3失点(3勝5敗)
・桑原  3分の0、3人:3安打、無三振、無四球、3失点
・石崎  3分の2、4人:無安打、無三振、1四球、無失点
岩崎   1回、5人:2安打、1三振、無四球、無失点
○ 畠    7回、23人:1安打、11三振、2四球、無失点(4勝1敗)

※長期ロードの最終戦。勝って甲子園へ帰りたかったが、ルーキー畠に翻弄されました。
今季10度目の完封負け、2安打は今季ワーストタイです。
※復活をかけた藤浪が登板。しかし懸念された通り、右打者(村田)に死球を出し、これが引き金となり1失点、1死1・3塁で桑原にバトンタッチ。
※今季、数々のピンチを救ってきた桑原は、1死もとれず3連打で3失点。1死もとれずTKOとは、桑原神話が崩れましたね。
※藤浪投手は、5月26日のDeNA戦(甲子園)後に2軍降格して以降、約2カ月半ぶりの復帰戦となった16日・広島戦で4回2/3を投げ、7安打3失点、7四死球で降板。翌17日に出場選手登録を抹消されると2試合、計3イニングの2軍戦登板を経てこの日登板。阪神がAクラスに残るには、藤浪の復活が必要です。

#######################################


nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

nice! 20

コメント 6

馬爺

ガレの作品の絵柄は和風のものが結構あるんですね、
by 馬爺 (2017-08-28 09:10) 

たいちさん

馬爺さん、niceとコメント有難うございます。
「1885年より、ナンシー水利森林学校に留学中の農商務省官僚で美術に造詣の深い高島得三と交流を持ち、日本の文物や植物などの知識を得たといわれる。水墨画を得意とする高島はナンシーで400点ほどの作品を描いた。ガレも高島から2点の絵画を譲られたという。このような交流が契機となって、ガレは水墨画的なぼかし表現を伴う黒褐色のガラス(のちに作者により「悲しみの花瓶」と命名された)を生み出すに至る。1887年頃のことである。」(Wikiより)
by たいちさん (2017-08-28 10:42) 

たいちさん

★@ミックさん、nice有難うございます。

★めぎさん、nice有難うございます。

★はじドラさん、nice有難うございます。

★タンタンさん、nice有難うございます。

★トレンダー櫻井さん、nice有難うございます。

★かずのこさん、nice有難うございます。

★やってみよう♪さん、nice有難うございます。

★tochiさん、nice有難うございます。

★ルディパパさん、nice有難うございます。

★匁さん、nice有難うございます。

★いっぷくさん、nice有難うございます。

★tarouさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2017-08-28 10:47) 

たいちさん

★(。・_・。)2kさん、nice有難うございます。

★DONさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2017-08-28 15:41) 

たいちさん

★kiyokiyoさん、nice有難うございます。

★sugoimonoさん、nice有難うございます。

★ありささん、nice有難うございます。

★ライスさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2017-08-28 22:49) 

たいちさん

non_0101さん、nice有難うございます。
by たいちさん (2017-09-03 11:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。