So-net無料ブログ作成

切手趣味週間 [切手]

4月18日(金)  本日は、切手収集家にとって、一番楽しみな日です。郵便切手の美しさや芸術性を広く周知させ、切手収集の趣味を普及させる目的で、昭和22年「切手趣味週間」を制定しました。以降、毎年この時期(4月20日前後)に、美しい美術切手が発行されています。

今年は、本日発売されました。日本画家「渡辺省亭」筆の絵画から、5種類選ばれています。
図案は、上から①「桜に小禽図」、②「牡丹に蝶図」、③「雨中の柳に白鷺図」、④「葡萄図」、⑤「岩に海鳥図」です。
趣味週間jpg.jpg

●1シートは、80円切手10枚構成(5種類×2)
発行枚数:2,000万枚(200万シート)
印面寸法:縦35.5mm、横25.0mm
色:グラビア6色、メタリックマルチイメージ

①②③⑤の原画は、林原美術館所蔵の「花鳥十二ヶ月図」から。
「花鳥十二ヶ月図」は、六曲一双の押絵張屏風であるが、写真を見つけることができませんでした。

④の原画は、山種美術館所蔵の「葡萄図」から。
この「葡萄図」は、平成19年12月3日発行の「干支文字切手」の下部背景にも使用されています。
渡辺省亭1.jpg
(籠に盛られた葡萄と野ねずみを配した緻密な作品)
渡辺省亭2.jpg
(干支文字切手の背景の下部に、この絵が配置されています)

●渡辺 省亭(1851年~1918年)

江戸神田佐久間町で生れ、本名は吉川義復。22歳の時、渡辺歌友の養子となり渡辺家を継ぐ。酒井抱一や柴田是真に傾倒し、菊池容斎に師事する。
明治8年、起立工商会社で図案を制作。明治10年、第1回内国勧業博覧会で花紋賞授賞。翌11年、パリ万国博覧会で銅牌を受賞。これを機会にヨーロッパに遊学し、西欧の近代絵画に触れる。その後、各国の万国博覧会でも受賞し、日本よりは、海外で有名になる。

明治22年、山田美妙の小説「蝴蝶」に裸体の女性の挿絵を描いて、裸体画取締令も出された。明治20年代中葉からは「美術世界」を主宰する。日本画以外に、七宝焼図案や挿絵も残している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●本日の阪神タイガース情報

今夜は、雨の中、神宮球場で、今季初めてヤクルトと対戦しました。
結果は、6対2で阪神が勝ちました。これで5連勝です。
今夜のヒーローは、先発安藤投手を好リードし、3安打で打点もあげた矢野捕手でした。

回数:::123・456・789・・・・・計・・・・・・・(安打)
阪神:::100・030・011・・・・・6・・・・・・(10)
ヤクルト:000・100・001・・・・・2・・・・・・(9)
○安藤:6回、7安打、1失点
H渡辺:1回、無安打
ー江草:1回、無安打
ー久保田:1回、2安打、1失点
矢野3安打.jpg
(勝利してタッチしながらベンチへ戻る矢野捕手)