So-net無料ブログ作成

切手趣味週間にちなむ郵便切手 [切手]

4月20日(月)   本日は、毎年発行されている「切手趣味週間」の美術切手が発売されましたので、ご紹介します。(東北旅行記は、本日は休みます)。郵便事業㈱よりの資料から紹介します。

●切手趣味週間について

切手趣味週間は、郵便切手が持つ「美しさ」や「芸術性」といった文化的価値を一般の方々に広く認識していただくとともに、切手収集の趣味の普及を図るため、昭和22(1947)年に制定された「切手趣味の週間」をその始まりとするものです。昭和22年から、これにちなんだ切手を毎年発行しています。

現在は、郵政記念日である4月20日を含む1週間(今年は18日から24日)を切手趣味週間としています。

本年の「切手趣味週間にちなむ郵便切手」は、中国・洛陽で開催される「中国2009世界切手展」の開催を祝して、日中両国の画家の絵画を題材として発行します。
この切手の発行により、日本と中国の郵便事業のさらなる友好関係の発展を祈念するとともに、国内外の切手収集趣味の普及を図ります。

●デザインについて

中国を代表する花である「牡丹」を題材に両国の画家が描いた絵画を選定し、今回の切手デザインとしています。
日本画家による作品は、色彩が美しく華やかな絵画「牡丹」(金島桂華 画:1892~1974)を選定しました。(所蔵:広島県立美術館)
中国画家による作品は、中国・北京市にある中国美術館より中国近代絵画を代表する画家の作品として推薦を受けた「牡丹蜂雀」(于非闇 画:1889~1959)と「牡丹」(任伯年 画:1840~1896)の2つの絵画を採用しました。(所蔵:中国美術館)
趣味週間シート.jpg

発行日:平成21年(2009)4月20日(月)
料額:80円、6種類
発行枚数:2,000万枚(200万シート)
版式・刷色:グラビア6色
シート構成:10枚(縦5枚×横2枚)6種類構成
デザイン:①②は、王伝峰(中国画家)①⑤⑨は同じ。②⑥⑩は同じ。
     ③④⑦⑧は、兼松史晃(切手デザイナー)

①⑤⑨牡丹蜂雀(部分)于非闇 画
趣味週間1.jpg

②⑥⑩牡丹(部分)任伯年 画
趣味週間2.jpg

③牡丹(部分)金島桂華 画1
趣味週間3.jpg

④牡丹(部分)金島桂華 画2
趣味週間4.jpg

⑦牡丹(部分)金島桂華 画3
趣味週間5.jpg

⑧牡丹(部分)金島桂華 画4
趣味週間6.jpg

【切手帳】
発行日:2009年4月20日
発行部数:5万部
価格:1,200円(1シート含む)
趣味週間切手帳.gif

※下の絵画は、牡丹蜂雀の原画です。
牡丹蜂雀原画.jpg

●中国2009世界切手展について

世界の郵趣文化の推進のため、2009年4月10日から4月16日の間、中国・洛陽市の洛陽博物館において開催されました。
この切手展には、日本を含む世界約80カ国の郵政事業体等がブースを出展し、各国の郵便切手等の情報発信・販売を行い、世界の郵趣文化の交流を行いました。
日本郵便のブースでは、これまでに発行した郵便切手等の販売の他、このブースに限って、本件特殊切手「切手趣味週間にちなむ郵便切手」を貼り、特別なスタンプを押した台紙を販売しました。

中国側が、この切手展を記念して発行した切手の一部は、下記の切手です。
中国2009世界切手展.jpg