So-net無料ブログ作成
検索選択

「切手趣味週間」切手発売 [切手]

4月20日(火)     本日、標記の特殊切手が発売されました。(郵便事業㈱の資料より)
切手趣味週間は、郵便切手が持つ「美しさ」や「芸術性」といった文化的価値を一般の方々に広く認識していただくとともに、切手収集の趣味の普及を図るため、昭和22年(1947)に制定された「切手趣味の週間」をその始まりとするものであり、これにちなんだ切手を毎年発行しています。現在は、郵政記念日である4月20日を含む1週間(本年は19日から25日)を切手趣味週間としています。

 今回の切手デザインは、今年の干支である虎及び中国を代表する花である牡丹を使用しています。虎は日本画家(橋本雅邦)が描いた「龍虎図屏風」及び中国画家(張善孖)が描いた「虎」の一部を使用しています。また、牡丹は橋本雅邦が描いた「花鳥図」の一部を使用しています。
趣味週間シート.jpg

◎切手趣味週間
発行日:平成22年(2010)4月20日(火)
料額・種類:80円×4種類
発行枚数:1,800万枚(180万シート)
版式・刷色:グラビア6色
シート構成:10枚(縦2枚×横5枚)

①龍虎図屏風(左隻・部分)   ④虎(部分)
趣味週間1.jpg趣味週間4.jpg

②花鳥図(右隻・部分)(1)    ③花鳥図(右隻・部分)(2)
趣味週間2.jpg趣味週間3.jpg

【龍虎図屏風(左隻・部分)橋本雅邦 筆】
 橋本雅邦(1835~1908)は、岡倉天心らと日本美術院を創立し、内国勧業博覧会、万国博覧会で活躍しました。この作品は、明治28年(1895)、第四回内国勧業博覧会の出品作品です。発表当時は、そのあまりの斬新さゆえか、評価は、優劣こもごもでしたが、昭和30年(1955)には、明治の美術品として初めて国の重要文化財に指定されました。切手デザインには、左隻に描かれた虎の図を使用します。
所蔵:静嘉堂文庫美術館

【花鳥図(右隻・部分)橋本雅邦 筆】
 江戸時代末期(1860年代)の作品。切手デザインには、右隻に描かれた牡丹などの一部分を使用しています。
所蔵:埼玉県立近代美術館

【虎(部分)張 善孖 筆】ちょうぜんし
 張善孖(1882~1940)は若い頃、上海に移住し、1920年代頃から絵画創作に専念。山水、花鳥、走獣をよく描くが、特に虎を好んで描きました。虎を飼いながら朝晩観察し、多くの虎の作品を世に送り出し、中国画壇にその名を馳せました。切手デザインには、1930年代に描かれた虎の図の一部分を使用しています。
所蔵:中国美術館

◎切手帳
発行日:平成22年4月20日
発行部数:3万部
発行価格:1,200円(切手800円含む)
趣味週間切手帳.gif