So-net無料ブログ作成
検索選択

「切手趣味週間・郵便創業百四十周年」発行、 新井兄弟が活躍 [特殊切手]

4月20日(水)       郵便事業㈱は、特殊切手「切手趣味週間・郵便創業百四十周年」および「通常版切手帳(切手趣味週間・郵便創業百四十周年)」を本日発行しました。
切手趣味週間は、郵便切手が持つ「美しさ」や「芸術性」といった文化的価値を一般の方々に広く認識していただくとともに、切手収集の趣味の普及を図るため、昭和22年(1947)に当時の逓信省が設定した「切手趣味の週間」をその始まりとしており、現在は郵政記念日である4月20日を含む1週間(平成23年は18日から24日)を「切手趣味週間」としています。
今回の切手は、平成23年(2011)が郵便創業140周年にあたることから、郵便にちなんだデザインとしています。
切手趣味・シート.jpg

●切手趣味週間・郵便創業百四十周年
発行日:平成23年(2011)4月20日(水)
料額・種類:80円×3種類
シート構成:10枚(縦5×横2)
切手デザイナー:玉木 明
版式刷色:グラビア6色
発行枚数:1,800万枚(180万シート)
シート余白:うちわ絵「はがきを投函している少女」(部分)。赤い鉄製円形のポストにはがきを投函している少女が描かれています。このポストは明治41年(1908)に制定された「回転式ポスト」です。

①郵便ノ使 音吉(ゆうびんのつかい おときち)豊原国周(とよはらくにちか)筆
切手趣味1.jpg
↑東京の中村座(当時)で上演された歌舞伎「左手美翫誉彫物(さてもみごとなだいのほりもの)」の一場面で、郵便外務員に扮した役者五代目尾上菊五郎の凛々しい姿が描かれています。

②開化幼早学問(かいかおさなはやがくもん)梅堂国政(ばいどうくにまさ)筆
切手趣味2.jpg
↑文明開化を象徴する題材として鉄道と郵便が取り上げられています。鉄道と郵便の速さが「空飛ぶ鳥の早飛脚」という表現で称賛されています。まんじゅう笠に制服姿の郵便外務員の疾走する姿が印象的です。

③東京開化名所 四日市郵便役所 三代広重筆
切手趣味3.jpg
↑文明開花期の東京名所の一つ、四日市郵便役所が描かれています。建物の前には、制服姿の郵便外務員が馬に乗って郵便物を輸送している姿が見えます。(日本橋四日市にあった東京郵便役所、現在の日本橋郵便局の地に建っていました)

※以上すべての所蔵は、日本郵政㈱郵政資料館

◎切手帳
発行日:平成23年4月20日(水)
価格:1,200円(切手1シート含む)
発行部数:1万部
切手趣味・切手帳1.gif切手趣味・切手帳2.gif

【豊原国周】(1835~1900)
 幕末から明治にかけての浮世絵師。豊原周信(ちかのぶ)と初代歌川国貞にまなぶ。役者絵とくに大首絵(おおくびえ)にすぐれた。83回ひっこし,妻も40回以上かえたという奇行の持ち主。門人に橋本周延(ちかのぶ)がいる。明治33年7月1日死去。66歳。江戸出身。本姓は荒川。通称は八十八。別号に一鶯斎,華蝶楼。

【梅堂国政(4代目歌川国政)】(1848~1920)
 江戸時代末期から明治にかけての浮世絵師。3代目歌川豊国及び4代目歌川豊国の門人。文明開化絵や役者絵を描き、初代市川左團次の似顔絵が得意。

【三代目歌川広重】(1842~1894)
 江戸時代から明治にかけての浮世絵師。初代歌川広重の門人。初代広重の養女に婿入りした。3代目も「東海道五拾三次」を描いたことも知られている。文明開化をテーマとしたものを積極的に描いた。

========================

◎昨日の阪神タイガース
雨模様の甲子園球場へ行ってきました。伝統の巨人戦というのに、当日券がまだありました。
この日の座席は、レフト外野49段326番です。
試合前に激しい雨が降り、試合開始が20分遅れました。お陰で珍しい光景を見ることが出来ました。

↓土のグランドの内野部分は大きなシートで覆われていました。
甲子園雨1.jpg

↓そして多くの係員が並んで、シートを折りたたんでいきました。
甲子園雨2.jpg

試合は、新井兄弟の活躍で、阪神がサヨナラ勝ちしました。非常に寒い観戦でしたが、サヨナラで熱気が充満しましたね。(球団タイ記録の3試合連続延長)

回数:123・456・789・10・・・・・・・計・・・・・・・(安打) 41,951人
巨人:000・000・011・0・・・・・・・・2・・・・・・・・(6)
阪神:100・000・010・1・・・・・・・・3・・・・・・・・(8)

【マルチ安打】新井貴3、ブラゼル2
【投手】
・能見 7回:4安打、10三振、無四球、1失点(球団タイ記録の7者連続三振)
・小林宏1回:2安打、2三振、1四球、1失点
H藤川 1回:無安打、2三振、2四球、無失点
○久保田1回:無安打、1三振、無四球、無失点(1勝)
・東野 7回:5安打、3三振、1四球、2失点
●久保1回3分の1:1安打、1三振、1四球、1失点(1敗)

※10回裏、代打・関本が安打で出塁するも、続くマートン・平野が凡退して2死。鳥谷が四球を選び、新井貴が内野安打で2死満塁。すでに10時を回っているので、鳴物応援は出来ません。時間切れで、この回の攻撃で終了します。つまり、引き分けか、サヨナラかの最後の打者として、新井良太(弟)が打席に入りました。相手は守護神山口投手です。新井良が右前に劇的なサヨナラ打を打ちました。球場は総立ちの興奮状態でした。(新井良はプロ初のサヨナラ打でした)

能見の勝利投手の権利を消したのは、小林宏ですが、城島捕手にも責任ありますね。2死無走者からの失点ですし、なによりワンバンのボールを右へ大きく逸らして、二塁へ進塁させたのが敗因です。今年の城島の守備力は悪いですね(打撃もですが)、膝の故障の影響と思いますね。

一時勝ち越し犠打を打った林や、10回先頭で出塁した関本や、サヨナラ打の新井良という、控え選手が活躍するのは嬉しいですね。
↓初々しい新井良のお立ち台です。
甲子園雨3.jpg