So-net無料ブログ作成
検索選択

吉岡耕二・地中海を謡う、島岡桂作陶展(阪急うめだ本店) [美術館]

5月17日(土)      5月14日に阪急うめだ本店の美術画廊へ立ち寄ってきました。この日は、展覧会(個展)の初日でしたので、両作家さんともお客を出迎えていました。

◎色彩の旅 吉岡耕二 地中海を謡う

期間:2014年5月14日~5月20日
会場:阪急うめだ本店 7階美術画廊
1968年、パリ画壇にデビュー。1975年、31歳という若さでサロン・ドートンヌの正会員に迎えられる。14年間の滞仏中に旅をした地中海の国々の印象を、鮮烈な色彩と大胆な画面構成で表現しています。
【略歴】
1963年、大阪市立工芸高校美術家を卒業
1967年、渡仏パリ国立美術学校に留学
2006年、アートフェア上海出展(2007年も出展)、ホテル・ペニンシュラ香港で個展
その後、各所で個展

↓ドラガットポイント(マルタ)
img687.jpg

↓フレンチ・クリーク(マルタ)
img690.jpg

↓フラワーズ
img691.jpg

↓カディス(スペイン)
img692.jpg


◎島岡 桂 作陶展
期間:2014年5月14日~5月20日
場所:阪急うめだ本店7階 美術画廊
土の持つ優しさや力強さ、親しみやすさを生かし、作品が日常の中でちょっとしたアクセントになればと制作。今展では、父・島岡達三の七回忌に合わせて焚いた、追悼窯の作品も含んでいます。
【略歴】
1978年、栃木県益子町に筆谷学(日本画)、筆谷淑子(ガラス工芸)の次男として誕生
1996年、宇都宮短大付属高校 調理科卒業
1997年、栃木県立窯業指導所(伝習科)卒業
2003年、島岡製陶所にて製作活動
2005年、島岡達三の養子となる

↓掛合釉縄文象嵌コーヒー碗皿
img685.jpg

↓塩釉縄文象嵌壺
img686.jpg

==================

◎昨日の阪神タイガース

回数:123・456・789・・・・・・・計・・・・・・・(安打) 甲子園、 18:00、 33,203人
横浜:102・000・000・・・・・・・3・・・・・・・・(9)
阪神:000・000・010・・・・・・・1・・・・・・・・(8)

【本塁打】今成2号ソロ(8回、井納)
【マルチ安打】マートン2
【投手】
●能見    8回:8安打、11三振、2四球、3失点(8試合4勝4敗)
・ 鶴     1回:無安打、1三振、無四球、無失点
○井納 8回3分の1:6安打、9三振、1四球、1失点(8試合6勝2敗)
S三上   3分の2:無安打、無三振、無四球、無失点(19試合5S)

※能見は、ピリッとしませんね。広島と4ゲーム差と、独走模様ですね。

#######################
nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート