So-net無料ブログ作成
検索選択

第59回グラミー賞、冬季アジア大会・宇野逆転優勝 [音楽]

2月27日(月)   本日は映画界最大の祭典であるアカデミー賞授賞式があり、WOWOWで生中継されます。私は仕事で見れないので、録画して後日ゆっくり観賞しようと思っています。
 一方、音楽の世界最大の祭典である「グラミー賞」の発表が2月12日にあり、私は録画していました。この録画を昨日はじっくり観賞しました。素晴らしいエンターテイメントでしたね。今回は記録としてアップします。

◎第59回グラミー賞
http://www.wowow.co.jp/music/grammy/nomination.html
http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27696

「年に一度の音楽の祭典、グラミー賞が2017年2月12日(現地時間)に開催。受賞結果は、下馬評でビヨンセとの一騎討ちを注目されたアデルが計5冠獲得で圧勝。ビヨンセが思わず悔し涙する一幕も。それでも神々しかった妊娠中のビヨンセのサプライズパフォーマンスやブルーノ・マーズが故プリンスになりきった追悼ライブ、レディ・ガガ×メタリカの奇跡のコラボなど、例年以上に豪華なステージも話題に。」(ELLEより)

ゴールデングローブ賞ではメリル・ストリープがドナルド・トランプ大統領を批判するスピーチを披露した。グラミー賞も同様だった。反トランプの場面をまとめたサイトは、こちらです。


◎受賞結果一覧
【主要4部門】
年間最優秀レコード賞  アデル「ハロー」


年間最優秀アルバム賞  アデル『25』
アデル25.png画像をクリックすると、リンクしています。

年間最優秀楽曲賞  アデル「ハロー」

最優秀新人賞  チャンス・ザ・ラッパー  http://bmr.jp/news/159182

【その他80部門】
最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞   アデル「Hello」
最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)賞   トゥエンティ・ワン・パイロッツ「Stressed          Out」
最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム賞  ウィリー・ネルソン『Summertime:        Willie Nelson Sings Gershwin』
最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞  アデル『25』
最優秀ダンス・レコーディング賞  ザ・チェインスモーカーズ feat. ダヤ「Don't Let Me Down」
最優秀ダンス・エレクトロニック・アルバム賞   Flume『Skin』
最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞  スナーキー・パピー『Culcha          Vulcha』
最優秀ロック・パフォーマンス賞  デヴィッド・ボウイ 『Blackstar』
最優秀メタル・パフォーマンス賞  メガデス『Dystopia』
最優秀最優秀ロック・ソング賞  デヴィッド・ボウイ 『Blackstar』
最優秀ロック・アルバム賞  ケイジ・ジ・エレファントの『Tell Me I'm Pretty』
最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞   デヴィッド・ボウイ 『Blackstar』
最優秀R&Bパフォーマンス賞  ソランジュ「Cranes In The Sky」
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞  レイラ・ハサウェイ『Angel』
最優秀R&Bソング賞  マックスウェル「Lake By The Ocean」
最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞  ビヨンセ『レモネード』
最優秀 R&Bアルバム賞  レイラ・ハサウェイ『Lalah Hathaway Live』
最優秀ラップ・パフォーマンス賞  チャンス・ザ・ラッパー ft. リル・ウェイン & 2 Chainz「No         Problem」
最優秀ラップ/歌唱・パフォーマンス賞  ドレイク「Hotline Bling」
最優秀ラップ・ソング賞  ドレイク「Hotline Bling」
最優秀ラップ・アルバム賞  チャンス・ザ・ラッパー『Coloring Book』
最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)賞  マレン・モリスの「My Church」
最優秀カントリー・パフォーマンス(グループ)賞  ペンタトニックス ft. ドリー・パートン          『Jolene』
最優秀カントリー・ソング賞  ティム・マックグロウ「Humble And Kind」
最優秀カントリー・アルバム賞  スタージル・シンプソン『A Sailor's Guide To Earth』
最優秀ニュー・エイジ・アルバム賞  ホワイト・サン『White Sun II』
最優秀インプロバイズド・ジャズ・ソロ賞  John Scofield, soloist「I'm So Lonesome I Could Cry」
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞  Gregory Porter『Take Me To The Alley』
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞  John Scofield『Country For Old Men』
最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム賞  Ted Nash Big Band『Presidential Suite: Eight          Variations On Freedom』
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞  Chucho Valdés『Tribute To Irakere: Live In Marciac』
最優秀ゴスペル・パフォーマンス賞  Tamela Mann; Kirk Franklin, songwriter「God Provides」
最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・パフォーマンス賞  Hillary Scott & The          Scott Family「Thy Will」
最優秀ゴスペル・アルバム賞  Kirk Franklin『Losing My Religion』
最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム賞  『Love Remains』Hillary          Scott & The Scott Family
最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム賞  Joey+Rory『Hymns』
最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞  Jesse & Joy『Un Besito Mas』
最優秀ラテン・ロック、アーバン、オルタナティヴ・アルバム賞  iLe『iLevitable』
最優秀リージョナル・メキシカンまたはテハーノ・アルバム賞  Vicente Fernández『Un Azteca En        El Azteca, Vol. 1 (En Vivo)』
最優秀トラディショナル・トロピカル・ラテン・アルバム賞  Jose Lugo & Guasábara Combo         『Donde Están?』
最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス賞  Sarah Jarosz「House Of Mercy」
最優秀アメリカン・ルーツ・ソング賞  Vince Gill, songwriter (The Time Jumpers)『Kid Sister』
最優秀アメリカーナ・アルバム賞  William Bell『This Is Where I Live』
最優秀ブルーグラス・アルバム賞  O'Connor Band With Mark O'Connor『Coming Home』
最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム賞  Bobby Rush『Porcupine Meat』
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞  Fantastic Negrito『The Last Days Of Oakland』
最優秀フォーク・アルバム賞  Sarah Jarosz『Undercurrent』
最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム賞  Kalani Pe'a『E Walea』
最優秀レゲエ・アルバム賞  Ziggy Marley『Ziggy Marley』
グラミー賞 最優秀ワールドミュージック・アルバム賞  Yo-Yo Ma & The Silk Road Ensemble          『Sing Me Home』
最優秀子供向けアルバム賞  Secret Agent 23 Skidoo『Infinity Plus One』
最優秀スポークン・ワード・アルバム賞  Carol Burnett『In Such Good Company: Eleven Years Of         Laughter, Mayhem, And Fun In The Sandbox』
最優秀コメディ・アルバム賞  Patton Oswalt『Talking For Clapping』
最優秀ミュージカル・シアター・アルバム賞  『The Color Purple』
最優秀編集サウンドトラック・アルバム賞(映画、テレビその他映像部門)  Miles Davis & Various         Artists『Miles Ahead』
最優秀編集サウンドトラック・アルバム賞(映画・テレビサウンドトラック部門)  John Williams        『Star Wars: The Force Awakens』 
最優秀楽曲賞(映画、テレビ、その他映像部門)  Max Martin「Can't Stop The Feeling!」
最優秀インストゥルメンタル作曲賞  Ted Nash「Spoken At Midnight」
最優秀インストゥルメンタル編曲賞  Jacob Collier「You And I」
グラミー賞 最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞  Jacob Collier「Flintstones」
最優秀レコーディング・パッケージ賞  Jonathan Barnbrook『Blackstar』
最優秀ボックスまたはスペシャル・リミテッド・エディション・パッケージ賞  Gérard Lo Monaco        『Edith Piaf 1915-2015』
最優秀アルバム・ノーツ賞  Ken Bloom & Richard Carlin『Sissle And Blake Sing Shuffle Along』
最優秀歴史的アルバム賞  Steve Berkowitz & Jeff Rosen『The Cutting Edge 1965-1966: The            Bootleg Series, Vol.12 (Collector's Edition)』
最優秀アルバム技術賞  David Bowie『Blackstar』
最優秀プロデューサー賞  Greg Kurstin『Hello』
最優秀リミックス・レコーディング賞(クラシック以外)  André Allen Anjos「Tearing Me Up (RAC         Remix)」
最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞  Alexander Lipay & Dmitriy LipayDutilleux: Sur Le Même          Accord; Les Citations; Mystère De L'instant & Timbres, Espace, Mouvement』
最優秀アルバム技術賞(クラシック部門)  Mark Donahue『Corigliano: The Ghosts Of Versailles』
最優秀プロデューサー賞(クラシック部門)  David Frost
最優秀オーケストラ・パフォーマンス賞  Andris Nelsons『Shostakovich: Under Stalin's Shadow -          Symphonies Nos. 5, 8 & 9』
最優秀オペラ・レコーディング賞  James Conlon『Corigliano: The Ghosts Of Versailles』
最優秀合唱パフォーマンス賞  Krzysztof Penderecki『Penderecki Conducts Penderecki, Volume 1』
最優秀小規模アンサンブル・パフォーマンス賞  Third Coast Percussion「Steve Reich」
最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ賞  Zuill Bailey『Daugherty: Tales Of                Hemingway』 
最優秀クラシック・ヴォーカル・ソロ賞  Dorothea Röschmann; Mitsuko Uchida, accompanist           『Schumann & Berg』、Ian Bostridge『Shakespeare Songs』
最優秀クラシック・コンペンディアム賞  Giancarlo Guerrero『Daugherty: Tales Of Hemingway;           American Gothic; Once Upon A Castle』
最優秀コンテンポラリー・クラシック・コンペンディアム賞  Michael Daugherty『Daugherty:             Tales Of Hemingway』
最優秀ミュージック・ビデオ賞  ビヨンセ「フォーメーション」

最優秀長編ミュージック・ビデオ賞  The Beatles「Eight Days A Week The Touring Years」

↓授賞式のスナップ
グラミー1.JPGグラミー2.JPG
グラミー3.JPGグラミー4.JPG
グラミー5.JPGグラミー6.JPG
グラミー7.JPGグラミー8.JPG
グラミー9.JPGグラミー10.JPG
グラミー11.JPGグラミー12.JPG
グラミー13.JPGグラミー14.JPG

※賞争いも見ものでしたが、多くのパフォーマンスは素晴らしく堪能できましたね。それに女性達の衣装ドレスも見る価値十分でしたね。

======================================

◎冬季アジア大会閉幕、宇野は逆転優勝

↓(朝日新聞デジタルより)
26日にあった札幌冬季アジア大会のフィギュアスケート男子フリーで、19歳の宇野昌磨(中京大)はあるテーマを持ってフリーに臨んだ。「連続ジャンプを全部トライしよう」。前週の四大陸選手権(韓国)では、3回まで跳べる連続ジャンプを1回しか跳べなかった。だから、失敗しても攻めの姿勢を貫いた。
 この日は、三つ目の連続ジャンプでミスが出た。トリプルアクセル(3回転半)に1回転ループ―3回転フリップの連続ジャンプをつけるはずが、単独の3回転半になった。残るジャンプは直後の3回転サルコーだけ。ぶっつけ本番で3回転サルコーに1回転―3回転の連続ジャンプをつけたものの、最後に転んだ。「練習でしていないことをやるのは難しかった」と、さすがに苦笑いした。
 四大陸から連戦となり、疲れや調整不足は否めない。四大陸では決めた4回転ループもこの日は転倒し、最高4のレベルが3になったステップやスピンもあった。それでも、高難度の構成を落とさず、逆転優勝につなげた。「あまりいい演技じゃなかったけど、最後まで攻めてまとめられた」すでに3~4月の世界選手権(ヘルシンキ)に目を向けている。

※日本が今大会で獲得したメダルは金27、銀21、銅26の計74個。金メダル数、メダル総数ともに1位となり、2003年青森大会以来、3大会ぶりにアジア王座に返り咲いた。

#######################################

小林大作のメモリーズ・オブ・ユー、 おんどり庵、文楽人形遣い吉田文雀引退 [音楽]

3月11日(金)     3月2日に、「小林大作のメモリーズ・オブ・ユー」の公開録音へ行ってきました。
毎週日曜日の午後5時からABCラジオで放送される音楽番組の年一回の公開録音です。昨年は葉書12枚出しましたが外れでした。今年は葉書10枚応募して当選したものです。
15時より座席指定券の引き換えですので、妻は1時間前に行って並んで、19列の中央付近をゲットしました。私は仕事があったので、17時20分頃尼崎駅に到着しました。開演は18時15分でしたので、近くで軽く腹ごしらえしました。

◎おんどり庵 阪神尼崎店
住所:兵庫県尼崎市神田北通1-1-1
電話:050-5784-1590、06-6412-1181
焼鳥の店で、10店舗あります。私達は初めて入った店です。
http://r.gnavi.co.jp/jtxkhnks0000/

↓店の外観
DSC_0110.JPG

↓メニュー
DSC_0106.JPG
DSC_0105.JPG

↓ビールとお通し
DSC_0107.JPG

↓串焼鳥
DSC_0109.JPG

↓特製鶏茶漬け
DSC_0108.JPG

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ABCラジオ 小林大作のメモリーズ・オブ・ユー 公開録音2016
開催日:2016年3月2日(水)
会場:あましんアルカイックホール
放送日:平成28年3月13日(日)・20日(日)午後5時~5時55分
AM1008のほか今回よりFM93.3
主催:朝日放送。提供:ヒガシマル醤油

↓会場の緞帳
DSC_0111.JPG

↓招待葉書(当選葉書)
メモリーズ.jpg

【出演者】
ペギー葉山 (レギュラー35回目)
BORO     ヴァイオリン:シーナきのはら
杏子  (ベース:喜多健博、ピアノ:東条慶子、ギター:吉岡昇、パーカッション:TOY森松、ヴァイオリン:岡田みのり)
秋満義孝トリオ (ピアノ:秋満義孝、ベース:魚谷のぶまさ、ドラムス:田中ヒロシ)
【司会】
・ 小林大作
・ 桶村久美子

【演目】
1.リンゴ追分
2.幕末 wasshoi
3.バートランドの子守唄 Lullaby of Birdland
4.星のかけらを探しに行こう
                                      以上4曲を杏子が熱唱
5.大阪の女                              BORO&杏子

6.酒と泪と男と女
7.月のあかり
8.どっちやねん
9.大阪で生まれた女 19      
                                      以上4曲をBOROが熱唱
10.学生時代    ペギー葉山&BORO

11.ムーンライト・セレナーデ Moonlight Serenade
12.ダーク・アイズ Dark Eyes
                                      以上2曲を秋満義孝トリオが熱演
13.イエスタデイ・ワンス・モア Yesterday Once More
14.かって愛した女性へ To All The Girls I've Loved Before
15.南国土佐を後にして(1番を英語バージョンで)
16.素敵なあなた Bei Mir Bist Shein
                                以上4曲をペギー葉山が熱唱
17.星に願いを When You Wish Upon a Star        ペギー葉山&杏子
18.ユー・アー・マイ・サンシャイン You Are My Sunshine  全員で合唱

20時35分閉演。BOROのライブを初めて見ましたが、トークが大変面白かったですね。
ムッシュかまやつの父・ティーブ・かまやつの最初の弟子がペギー葉山で、最後の弟子がBOROとのこと。
ペギー葉山は御年82歳になったせいか、舞台袖から中央までは距離があるので、バックステージより出てきて、中央に椅子を置いて、座ったり、手を置いたりして熱唱していました。足腰が弱ってきたのでしょうね。しかし歌声はしっかりしていました。

↓帰りにはスポンサーより御土産品が配られた
DSCF4037.jpg

【過去のメモリーズ・オブ・ユー公開録音の記事一覧】
2007年3月5日公演(3月6日掲載)
2008年3月4日公演(3月4日掲載)
2009年3月11日公演(3月14日掲載)
2011年2月25日公演(3月6日掲載)
2013年3月6日公演(3月8日掲載)
2014年3月7日掲載
・2016年3月11日掲載


=============================

◎昨日の阪神タイガース(オープン戦)

回 数:123・456・789・・・・・・・計・・・・・・・(安打)  甲子園
DeNA:001・001・000・・・・・・・2・・・・・・・・(9)
阪 神:020・120・00×・・・・・・・5・・・・・・・(11)

【マルチ安打】横田2、岡崎2
【打点】今成1、横田3、岡崎1
【投手】
○岩田   5回:5安打、3三振、1四球、1失点
・島本   2回:2安打、1三振、無四球、1失点
・高橋   1回:1安打、1三振、無四球、無失点
S高宮   1回:1安打、1三振、無四球、無失点
●三嶋   5回、11安打、2三振、3四球、5失点

=================================

◎文楽人形遣い人間国宝・吉田文雀引退発表
吉田.png
↓(産経ニュースより)
文楽人形遣いの人間国宝、吉田文雀さん(87)=写真=が引退することを10日、文楽協会などが発表した。引退興行などは行わない。

 文雀さんは平成27年1月の大阪・国立文楽劇場での文楽公演を最後に舞台に出演していなかった。

 文雀さんは昭和3年、東京都生まれ。20年に文楽座に入座し、吉田和夫と名乗る。25年、吉田文雀と改名し、女方を中心に活躍。平成6年、人間国宝に認定されたほか、紫綬褒章、勲四等旭日小綬章、芸術選奨文部大臣賞などを受けている。

 文雀さんは同日、引退について高齢と病気を理由にあげ、「何より好きなただ一つの道だけを70年に渡って勤められましたことは幸福以外の何物でもございません」とするコメントを発表した。

 文雀さんの引退で、現役の人形遣いの人間国宝は吉田簑助さん(82)一人になる。

################################












コイノニア福音教会「クリスマス・セレブレーション」2014、 阪神補強全滅 [音楽]

12月25日(木)       恒例のクリスマス・セレブレーションに行ってきました。今年からは会場が芦屋市民センター・ルナホールに変わりました。
私のドイツ駐在の弟が、開催日の当日の朝、一時帰国しましたので、今回は聖歌隊に入らず、受付等の裏方に徹していました。
という事で、今回は手抜きして様子をお伝えいたします。昨年のクリスマス・セレブレーションは、詳述していますので、参照願います。

◎KOINONIA GOSPEL CHURCH 「CHRISTMAS CELEBRATION」2014
  コイノニア福音教会「クリスマス・セレブレーション」2014
開催日:2014年12月21日(日)
会場:芦屋市民センター・ルナホール(兵庫県芦屋市業平町8-24)
主催:コイノニア福音教会 http://www.koinonia.jp

↓招待状(葉書)
コイノニア1.jpg
コイノニア2.jpg

↓開幕までに映像で、教会の活動状況を報告
コイノニア3.jpg

↓オープニング
コイノニア4.jpg

↓クリスマス・ソングのメドレー
コイノニア5.jpg
コイノニア6.jpg

↓緞帳が上がり、聖歌隊の熱唱(去年までは、弟もここに参加)
コイノニア7.jpg
コイノニア8.jpg

↓プロ顔負けのシンガーたち
コイノニア9.jpg

↓松本牧師からのメッセージ
コイノニア10.jpg
★神と人の架け橋~クリスマスの理由~
1.あなたの創造主(神)は、あなたを愛している!
2.しかし、人は皆、罪(SIN)びと
3.その結果は、永遠の死
4.神の解決策:救い主
5.イエス・キリストが神と人の架け橋

↓お楽しみ抽選会
コイノニア12.jpg

↓抽選の間、「ダメよ、ダメダメ!」と笑いを誘う
コイノニア11.jpg

↓子供たちも可愛い
コイノニア13.jpg
コイノニア14.jpg

↓ダンサーもみな信者さん
コイノニア15.jpg

↓会場にゴムボールが行き来する
コイノニア16.jpg

↓緞帳が下り、17時7分終演。
コイノニア17.jpg

【過去のコイノニア福音教会クリスマス・セレブレーション記事】
2009年:12月21日掲載
2011年:12月27日掲載
2012年:12月27日掲載
2013年:12月26日掲載

====================

◎阪神補強全滅・金子オリックスに残留

阪神タイガースは、中島や金子などの大型補強に失敗し、補強は全滅した。鳥谷もメジャー行きが確実なため、戦力ダウンは避けられない。既存選手の奮起を待つしかない。(采配に期待はできない)

######################

第56回グラミー賞2014 [音楽]

1月28日(火)       日本ではWOWOWで昨日午前9時より生中継がありましたが、私は仕事の都合で見れませんでしたので、昨夜10時からの再放送(字幕付き)を楽しみました。

◎第56回グラミー賞
ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス(NARAS)が主催する音楽業界のアカデミー賞とも称えられる、世界最高峰の音楽賞。音楽業界で目覚しい業績を挙げたクリエイターやアーティストに贈られる栄えある賞で、中でも「年間最優秀レコード」「年間最優秀アルバム」「年間最優秀楽曲」「最優秀新人賞」の4部門は、もっとも注目を集める賞である。
 そしてグラミー賞授賞式のみどころは、なんといっても授賞式を華やかに彩るビッグアーティストたちによる数々のライブパフォーマンス。グラミー賞授賞式だからこそ実現できる、超有名アーティストによる一夜限りのコラボレーション・パフォーマンスが楽しめます。
 毎年2月に授賞式が行われますが、今年はソチ五輪中継に配慮して、4年ぶりに1月開催となりました。司会はLL・クール・Jで3年連続です。



★年間最優秀レコード賞
"Get Lucky" – ダフト・パンク ft. ファレル・ウィリアムス
"Radioactive" – イマジン・ドラゴンズ
"Royals" – ロード
"Locked Out of Heaven" – ブルーノ・マーズ
"ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪" – ロビン・シック ft. T.I. and ファレル・ウィリアムス

★年間最優秀アルバム賞
Random Access Memories – ダフト・パンク
The Blessed Unrest – サラ・バレリス
Good Kid, M.A.A.D City – ケンドリック・ラマー
The Heist – マックルモア & ライアン・ルイス
Red – テイラー・スウィフト

★年間最優秀楽曲賞
"Royals"(ロード)
"Just Give Me a Reason"(Pink)
"Locked Out of Heaven"(ブルーノ・マーズ)
"ロアー ~最強ガール宣言!"(ケイティ・ペリー)
"Same Love"(マックルモア&ライアン・ルイス ft. マリー・ランバート

★最優秀新人賞
マックルモア&ライアン・ルイス
ジェイムス・ブレイク
ケンドリック・ラマー
ケイシー・マスグレイヴス
エド・シーラン

【以下、毎日新聞1月27日夕刊より】
バイオリニストの五嶋みどりさん(42)が参加したアルバム「パウル・ヒンデミッド作品集」が最優秀クラシック・コンペンディアム賞を受賞した。五嶋さんは受賞アルバム収録の「バイオリン協奏曲」でソリストを努めた。同賞はクラシック8部門のうちの一つ。
今年はシンセサイザー奏者の喜多郎さんが「ファイナル・コール」で最優秀ニューエージアルバム賞にノミネートされていたが受賞を逃した。喜多郎さんは2001年に同賞を受賞しています。
最優秀レゲエアルバム賞ではジャマイカ在住の阿曽沼和彦さんがプロデュースした「レゲエ・コネクション」が候補だったが受賞はならなかった。

グラミー1.jpg
グラミー2.jpg
グラミー3.jpg
グラミー4.jpg
グラミー5.jpg
グラミー6.jpg
グラミー7.jpg
グラミー8.jpg



第55回グラミー賞、 第66回英国アカデミー賞 [音楽]

2月12日(火)     世界で最も権威ある音楽賞と云われるグラミー賞の授賞式が昨日WOWOWで生中継されました。私は阪神タイガースのキャンプ生中継と二画面でテレビを観て堪能しました。

グラミー賞1・二画面.jpg

◎第55回グラミー賞

日本時間2月11日(月・祝)、ロサンゼルスのステープルズ・センターで世界最高峰の音楽の祭典『第55回グラミー賞授賞式』が開催された。歴代9組目となる主要4部門全ノミネートの快挙を達成して大きな話題を集めていたアメリカ出身の男性3人組バンド、FUN.が2部門を受賞した他、年間最優秀レコードにはゴティエ feat.キンブラの「Somebody That I Used To Know (feat. Kimbra)」、年間最優秀アルバムには、マムフォード&サンズの「バベル」が輝いた。

■『第55回グラミー賞』主要4部門ノミネーション赤字は受賞)

【年間最優秀レコード】
「ロンリー・ボーイ」ザ・ブラック・キーズ
「ストロンガー(ホワット・ダズント・キル・ユー)」ケリー・クラークソン  
「ウィー・アー・ヤング」ファン. feat.ジャネール・モネイ
「サムバディ・ザット・アイ・ユーズド・トゥ・ノウ」ゴティエ feat.キンブラ
「シンキン・バウト・ユー」フランク・オーシャン 
「ウィー・アー・ネヴァー・エヴァー・ゲッティング・バック・ トゥギャザー」テイラー・スウィフト


【年間最優秀楽曲】
「Aチーム」エド・シーラン
「アドーン」ミゲル
「コール・ミー・メイビー」カーリー・レイ・ジェプセン
「ストロンガー (ホワット・ダズント・キル・ユー)」 ケリー・クラークソン
「ウィー・アー・ヤング」ファン. feat.ジャネール・モネイ


【年間最優秀アルバム】
『エル・カミーノ』ザ・ブラック・キーズ
『サム・ナイツ ~蒼い夜~』ファン.
『バベル』マムフォード&サンズ
『チャンネル・オレンジ』フランク・オーシャン
『ブランダーバス』ジャック・ホワイト
グラミー賞バベル.jpg

【最優秀新人賞】
ハンター・ヘイズ
フランク・オーシャン
アラバマ・シェイクス
ザ・ルミニアーズ
ファン.
グラミー賞2・新人.jpgグラミー賞3.jpg


========================

◎阪神タイガース情報
昨日は、韓国プロチームLGと練習試合が行われました。先発はドラフト1位の4年目の二神でした。1回に2四球を含め5失点と乱調でした。試合は1回裏を終わって降雨中止になりました。
二神投手は、このままでは一軍残留は難しいでしょうね。

=========================

◎英国アカデミー賞

第66回英国アカデミー賞の授賞式があり、作品賞と監督賞の主要部門2冠を「アルゴ」が獲得しました。
米国アカデミー賞でも「アルゴ」は有力候補ですが、主要部門のノミネートは、作品賞と助演男優賞だけですので、私の予想は「リンカーン」ですね。

主要部門の受賞結果は以下のとおり(が受賞)。

<作品賞>
★ 『アルゴ』
- 『レ・ミゼラブル(Les Miserables)』
- 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(Life of Pi)』
- 『リンカーン(Lincoln)』
- 『ゼロ・ダーク・サーティ(Zero Dark Thirty)』

<主演男優賞>
- ベン・アフレック--『アルゴ』
- ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)--『世界にひとつのプレイブック(Silver Linings Playbook)』
★ ダニエル・デイ・ルイス(Daniel Day-Lewis)--『リンカーン』
- ヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)--『レ・ミゼラブル』
- ホアキン・フェニックス(Joaquin Phoenix)--『ザ・マスター(The Master)』

<主演女優賞>
★ エマニュエル・リヴァ(Emmanuelle Riva)--『愛、アムール(Amour)』
- ヘレン・ミレン(Helen Mirren)--『ヒッチコック(Hitchcock)』
- ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)--『世界にひとつのプレイブック』
- ジェシカ・チャステイン(Jessica Chastain)--『ゼロ・ダーク・サーティ』
- マリオン・コティヤール(Marianne Cotillard)--『君と歩く世界(Rust and Bone)』

<助演男優賞>
- アラン・アーキン(Alan Arkin)--『アルゴ』
★ クリストフ・ヴァルツ(Christoph Waltz)--『ジャンゴ 繋がれざる者(Django Unchained)』
- ハビエル・バルデム(Javier Bardem)--『007 スカイフォール(Skyfall)』
- フィリップ・シーモア・ホフマン(Philip Seymour Hoffman)--『ザ・マスター』
- トミー・リー・ジョーンズ(Tommy Lee Jones)--『リンカーン』

<助演女優賞>
- エイミー・アダムス(Amy Adams)--『ザ・マスター』
★ アン・ハサウェイ(Anne Hathaway)--『レ・ミゼラブル』
- ヘレン・ハント(Helen Hunt)--『セッション(原題、The Sessions)』
- ジュディ・デンチ(Judi Dench)--『007 スカイフォール』
- サリー・フィールド(Sally Field)--『リンカーン』

<監督賞>
- ミヒャエル・ハネケ(Michael Haneke)--『愛、アムール』
★ ベン・アフレック--『アルゴ』
- クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)--『ジャンゴ 繋がれざる者』
- アン・リー(Ang Lee)--『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
- キャスリン・ビグロー(Kathryn Bigelow)--『ゼロ・ダーク・サーティ』

<英国作品賞>
- 『アンナ・カレーニナ(Anna Karenina)』
- 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう(The Best Exotic Marigold Hotel)』
- 『レ・ミゼラブル』
- 『Seven Psychopaths』
★ 『007 スカイフォール』

===========================================

◎ソチ五輪一番乗りは、女子アイスホッケー

女子アイスホッケーは、長野五輪では開催国枠で出場したが、自力で予選を突破して五輪出場を決めたのは今回が初めてです。女子アイスホッケーには実業団がなく、困難な条件のもとでの五輪出場に感動を覚えますね。

#######################