So-net無料ブログ作成
検索選択
美術画廊 ブログトップ
前の10件 | -

村上征生 絵画展、河井創太 陶展(阪急うめだ本店) [美術画廊]

6月20日(火)   先日、阪急うめだ本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎村上征生 絵画展伝統美との調和
期間:2017年6月14日~6月20日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://www.hankyu-dept.co.jp/lsnews/06/a01/00546251/?catCode=601006&subCode=602011
観る人を包むような、ぬくもりに満ちた村上征生の世界。新たなテーマに選んだのは、からくり人形の世界。「文楽のような華やかな伝統美を、独自の世界に置き換えた作品を作りたかった」と語る作家の新境地に触れてください。

会場の展示方法が良かったですね。色絵とセピア絵を区別して展示、また各作品に付けられた「詩」も良かったです。
【略歴】
村上9・略歴.jpg

↓パンフレット(表)
村上6・パンフ.jpg

↓パンフレット(裏)より
村上7.jpg
村上8.jpg
「以上の絵の発端は、子供の誕生日に与えたオルゴールにある。音楽に合わせ静かに動く人形に渡の方が魅せられた。以来、30余年人形と音楽をテーマに描き続けてきた。ここにきて日本の伝統芸能にいっそう思いが募り、その美との調和に心が躍り始めた。」

↓「枯葉のタンバリン」
村上1.jpg

↓「人の心の実となれば」
村上2.jpg

↓「月夜に輝く小鳥」
村上3.jpg

↓「絶品です」
村上4.jpg

↓「浮き立つ舞台」
村上5.jpg

【過去の村上征生展のブログ記事】
2015年11月7日掲載

========================================

◎河井創太 陶展
期間:2017年6月14日~6月20日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊

近現代陶芸の巨匠・河井寛次郎を曽祖父に持ち、陶の世界に親しんできた河井創太。偉大なる先達に倣いながらも、信楽の地で独自の美を求める日々。大胆な造形が強い存在感を放ちます。

↓案内状
河井3・あいさつ.jpg

河井1.jpg

河井2.jpg

呉須(ごす)とは:焼物の染付に用いる,コバルト化合物を含む鉱物の名。また呉須焼の略称。名称の由来は不明。原石は黒ずんだ青緑色。粉末にし,水に溶いて磁器に文様を描き,上に釉 (うわぐすり) をかけて焼くと藍色に発色する。近年は人造呉須も用いる。陶磁器顔料のなかで最も多く使用される。

=======================================

◎全米オープンゴルフ・松山2位

↓(朝日新聞デジタル)
男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン選手権は18日、米ウィスコンシン州のエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドがあり、首位と6打差の14位から出た松山英樹(25)は66をマークして通算12アンダーの2位タイと健闘した。松山は日本勢初のメジャー制覇はならなかったが、青木功が1980年の同大会でマークした2位と並ぶ日本勢最高成績を残した。
 2位から出たブルックス・ケプカ(米)が通算16アンダーでメジャー初制覇した。

########################################
nice!(22)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

山口真功 油彩画展、オスタペンコ史上初の快挙、上地単複2冠制覇 [美術画廊]

6月12日(月)   先日、阪神梅田本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎山口真功 油彩画展色彩が奏でる光の劇場
期間:2017年6月7日~6月13日
会場:阪神梅田本店9階 美術画廊
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00542447/?catCode=601006&subCode=602012
透明感あふれる色彩と、優美なタッチ。色彩のネオクラシックと謳われ、多くの人々に愛される山口真功の油彩画。今展では、コートダジュールの風と香り、光が降り注ぐ森の表情など、部屋に飾りやすい小品サイズを中心に展観。14回目の個展です。
山口6.jpg
【略歴】
1960年 熊本に生まれる
1984年 大阪芸術大学卒業
1988年 渡仏
1989年 大阪現代画廊にて初個展
1991年 '91国際美術大賞展入選 第1回花の美術大賞展入選
1992年 東京池袋にて新鋭作家5人展出品、大阪ギャラリーアルバで個展 以後毎年開催
1994年 東京、大阪、名古屋、神戸等 各地で個展開催
2002年 渋谷・東急本店にて個展 以後毎年開催
2003年 松屋銀座にて個展 以後毎年開催
現在:無所属。大阪府在住

↓「海の見える坂道」
山口1・.jpg

↓「木もれ日の午後」
山口2.jpg

↓「花束」
山口3.jpg

↓「ニースのカフェレストラン」
山口4.jpg

↓「初夏の森」
山口5.jpg

※作家さんが在廊されていましたので、ご挨拶させていただきました。

【過去の山口真功展のブログ記事】
第11回:2014年6月17日掲載
第12回:2015年6月12日掲載
第13回:2016年6月12日掲載
・第14回:2017年6月12日掲載

======================================

◎全仏・オスタペンコが史上初の快挙

↓(AFPBBニュースより)
【6月11日 AFP】全仏オープンテニス(French Open 2017)は10日、女子シングルス決勝が行われ、エレナ・オスタペンコ(Jelena Ostapenko、ラトビア)が4-6、6-4、6-3で第3シードのシモナ・ハレプ(Simona Halep、ルーマニア)を下し、自身初となる四大大会(グランドスラム)優勝を飾った。ノーシード選手の全仏制覇は、史上初めて。
 世界ランク47位のオスタペンコは、全仏史上最も低いランキングでタイトルを手にし、ラトビア人選手として初のメジャー大会制覇を遂げている。
 また20歳のオスタペンコは、1997年女子シングルスを制したイバ・マヨリ(Iva Majoli、クロアチア)氏以降では最年少の全仏覇者となり、さらにツアーレベルでの初タイトルがグランドスラムというのは、同年の男子シングルスを制したグスタボ・クエルテン(Gustavo Kuerten、ブラジル)氏以来の快挙となっている。
 世界ランクが一挙に12位にまで上昇するオスタペンコは、「本当に幸せです。言葉もありません。優勝は夢でした」と語った。
 オスタペンコは第1セットを奪われ、さらに第2セットではゲームカウントを0-3とされたが、そこから恐れを知らないショットを決める見事なパフォーマンスを披露し、記憶に残る逆転劇を開始した。
「とにかく積極的で居続けようとしました。いくつかのゲームはすべてが自分の方へ傾いてくれました。0-3とされても、すべてのポイントで戦いました」
「まだ信じられません。ずっと夢でした。子供のころ見ていたところでプレーするなんて凄いことです。とっても楽しんでいます」
 一方のハレプはメジャー制覇を遂げて、同胞のイリ・ナスターゼ(Ilie Nastase)氏とバージニア・ルジッチ(Virginia Ruzici)氏の仲間入りを果たそうとしていたが、全仏では2014年大会に続き決勝で苦杯をなめた。
 25歳のハレプは優勝を飾れば世界ランク1位の座をアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber、ドイツ)から奪うことができたが、ウイナーの数はオスタペンコが決めた54本に対し、わずか8本にとどまった。
 ハレプは「精神的な胃の痛みを感じています。いつか、このタイトルを勝ち取りたいです。エレナのことを祝福したいですね。あなたの成し遂げたことを称賛します」とオスタペンコをたたえた。
全仏1.JPG
全仏2.JPG
全仏3.JPG
※両選手が同じユニフォームとは、大変珍しい現象でした。それにしてもオスタペンコが終始攻撃をしかける、素晴らしい試合でした。ウイナーが54本対8本がその凄まじさを物語っていますね。

★全仏・上地は単複制覇
↓(朝日新聞デジタルより)
テニスの全仏オープン車いすの部は10日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス決勝で1月の全豪オープン女王の第2シード、上地結衣(エイベックス)がサビーネ・エラーブロック(ドイツ)に7―5、6―4で勝ち、2014年大会以来3年ぶり2度目の優勝を果たした。23歳の上地は四大大会2連勝で通算4勝目。7月のウィンブルドン選手権で四大大会全制覇が懸かる。

女子ダブルス決勝で23歳の上地結衣(エイベックス)がマリヨレン・バウス(オランダ)とのコンビでオランダのペアに6―3、7―5で勝ち、同日のシングルスと合わせて2冠を達成した。
 四大大会で2種目制覇はダブルスで英国選手と組んだ2014年の全仏と全米オープンに続いて3度目となった。

========================================

◎昨日の阪神タイガース(交流戦)

回  数:123・456・789・・・・計・・・・(安打)ヤフオクD、13:00、38,585人
阪  神:000・010・100・・・・2・・・・(8)
ソフトバンク:201・000・02× ・・・・5・・・・(8)

【本塁打】梅野2号ソロ(5回、山田)
【マルチ安打】大和2、梅野2
【打点】糸原1、梅野1
【投手】
●小野 5回3分の2、27人:4安打、4三振、6四球、3失点(2敗)
・岩﨑  3分の1、1人:無安打、無三振、無四球、無失点
・藤川   1回、6人:1安打、3三振、2四球、無失点
高橋   1回、6人:3安打、2三振、無四球、2失点
○山田    5回、20人:4安打、2三振、2四球、1失点(1勝)
Sサファテ  1回、4人:1安打、2三振、無四球、無失点(19S)

※小野の初回は、4四球と自滅でした。一軍で投げるには、話にならない。

#######################################

nice!(22)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

第31回 黒木国昭 展、全仏決勝はナダルとワウリンカ [美術画廊]

6月11日(日)   先日、阪急うめだ本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎第31回 黒木国昭 展西洋の美と和の融合ガラス工芸作家国の「現代の名工」
期間:2017年6月7日~6月13日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00543949/?catCode=601006&subCode=602012
西洋のガラスで日本の美を表現して半世紀。さらに思いは深く、琳派の世界に心を置き、その神髄を求めて創作を続けています。昨年、ガラス発祥の地である中東アラブで展覧会を初開催し、国内はもとより海外でも活躍の場を広げています。今展では約200点を展観。

【略歴】
1945年、宮崎県に生まれる
1989年、グラスアート宮崎綾工房創設
1991年、国の卓越技能者「現代の名工」受賞
1994年、国際芸術文化賞受賞
1995年、フランス・パリ平和芸術祭大賞受賞
1996年、イタリア・ローマ国際美術博覧会ローマ大賞受賞
1998年、ギリシャ・アテネエキスポ’98グランプリ政府大賞受賞
     ロシア・日露現代芸術祭(トレチャコフ美術館)モスクワ市長賞受賞
2006年、黄綬褒章受章
2006年~09年、NHKグループ主催「琳派と広重東海道五拾三次の展開」展開催
2013年、台湾国立歴史博物館にて「日本台湾国際芸術文化交流展」開催
2013年~ガラス創作50年展、古希記念展を全国で開催
2016年、ドバイにて「日本ガラス芸術文化交流展」開催

↓リーフレットより
黒木1.jpg

黒木2.jpg

黒木3.jpg

黒木4.jpg

黒木5.jpg

黒木6.jpg

黒木7.jpg

黒木8.jpg

【過去の黒木国昭展のブログ記事】
第28回:2014年6月14日掲載
第29回:2015年5月12日掲載
第30回:2016年6月25日掲載
・第31回:2017年6月11日掲載

=======================================

◎全仏オープンテニス(準決勝)

【女子】
エレナ・オスタペンコ(LAT)7-6、3-6、6-3 ㉚ティメア・バジンスキー(SUI)

シモナ・ハレプ(ROU) 6-4、3-6、6-3 ②カロリーナ・プリスコバ(CZE)

【男子】
ラファエル・ナダル(ESP)6-3、6-4、6-0 ⑤ドミニク・ティーム(AUT)

スタン・ワウリンカ(SUI)6-7、6-3、5-7、7-6、6-1 ①アンディ・マレー(GBR)

6月10日 AFP】全仏オープンテニス(French Open 2017)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、大会第3シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka、スイス)は、第1シードのアンディ・マレー(Andy Murray、英国)との6-7(6-8)、6-3、5-7、7-6(7-3)、6-1という長丁場の一戦を制し、ここ44年間では最年長の決勝進出者となった。
 2年前の大会を制覇しているワウリンカは決勝で、9度の優勝を誇る第4シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)と対戦する。
 32歳のワウリンカは正確なショットと持久力の勝負となった4時間34分の熱戦を制し、11日の決勝で自身4度目となる四大大会(グランドスラム)制覇に挑む。

========================================

◎昨日の阪神タイガース(交流戦)

回  数:123・456・789・・・・計・・・・(安打)ヤフオクD、14:00、38,585人
阪  神:040・000・010・・・・5・・・・(5)
ソフトバンク:000・010・000・・・・1・・・・(6)

【マルチ安打】糸原2
【打点】糸原2、上本2
【盗塁】鳥谷(3回)
【失策】糸原(9回)
【投手】
○青柳   5回、20人:4安打、5三振、1四球、1失点(3勝2敗)
H高橋   1回、4人:1安打、2三振、無四球、無失点
H桑原   1回、3人:無安打、2三振、無四球、無失点
・岩崎   1回、5人:1安打、3三振、1四球、無失点
・マテオ  1回、4人:無安打、1三振、無四球、無失点
●松本   5回、23人:4安打、5三振、3四球、4失点(1勝1敗)

※糸井選手は太ももの肉離れのようで、この日からベンチ入りしませんでした。
※青柳は、いつになく制球がよく、1四球だけで、3勝目をあげました。
※阪神は5安打と相手より少なく、幸運にも勝利しました。打線の奮起を期待します。
※ヒーローは、先制打を含むマルチ安打のルーキー糸原選手です。
阪神4・糸原.JPG

=====================================

◎陸上界に新星出現
http://www.asahi.com/articles/ASK6B6G1LK6BPTQP00Q.html?iref=comtop_8_08
↓(サンケイスポーツより)
陸上・日本学生個人選手権 第2日(10日、ShonanBMWスタジアム平塚ほか)男子100メートル準決勝で、多田修平(20)=関学大=が追い風4・5メートルの参考記録ながら国内初の9秒台となる9秒94をマークした。
 先月21日のセイコーゴールデングランプリ川崎で3着となった“新星”はスタートから飛び出すと、持ち前の加速力で中盤からギアチェンジ。一気に駆け抜けた。自己ベストが10秒22の20歳は「びっくりしました。10秒1か0台くらいだと思いました」と興奮を隠せなかった。
 2015年3月には桐生祥秀(21)=東洋大=が米国の大会で追い風3・3メートルの参考記録で9秒87を、今年4月にはケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=が、5・1メートルの追い風参考記録で9秒98をマークしていた。

#######################################
nice!(23)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

竹久夢二 作品展、渡辺宏パステルアート展(阪神梅田本店) [美術画廊]

6月6日(火)   先日、阪急梅田本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎竹久夢二 作品展大正浪漫・叙情の天才画家
期間:2017年5月31日~6月6日
会場:阪神梅田本店9階 美術画廊
http://www.hankyu-dept.co.jp/lsnews/06/a01/00207142/?catCode=601006&subCode=602011
明治・大正・昭和(初期)を通じ、その愛と芸術に生涯を捧げた人気画家・竹久夢二。51歳の若さで波乱の生涯を閉じ、没後80余年を経た今もなお根強い人気を誇っています。今展では本人監修による初版木版など、夢二作品を幅広く展観。

↓(Wikiより)
数多くの美人画を残しており、その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれ、大正ロマンを代表する画家で、「大正の浮世絵師」などと呼ばれたこともある。また、児童雑誌や詩文の挿絵も描いた。文筆の分野でも、詩、歌謡、童話など創作しており、なかでも、詩『宵待草』には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的な愛唱曲となった。また、多くの書籍の装幀、広告宣伝物、日用雑貨のほか、浴衣などのデザインも手がけており、日本の近代グラフィック・デザインの草分けのひとりともいえる。
彼自身の独特な美意識による「夢二式美人画」と呼ばれる作品の多くは、日本画の技法で描かれ(軸物や屏風仕立てで遺る)、また、洋画(キャンバスに油彩)技法による女性像や風景画ものこされている。好んでさまざまな表現形式を試みたが、むしろ、それらは後世になってから評価されたもので、当時の時点においては、印刷された書籍の表紙や広告美術などが多くの目に触れ、大衆人気というかたちで脚光を浴びたのであった。一時は中央画壇への憧れもあったようだが受け入れられず、終生、野にあって新しい美術のあり方を模索した。
世の動きとしてみた場合、当時の画壇ではさまざまな芸術思潮が交錯し、ある意味で胎動期の不定のさなかである。都市における大衆文化の開花による消費生活の拡大を背景とした、新しい応用美術としてのデザインというものの黎明の時代であり、夢二もこれに着目した。生涯の後期にいたっては、彼の図案家としての才能の実績において、生活と結びついた美術を目指し、あるいは産業と融合すべきとの理念を持ち、むしろ積極的に、商業美術(のちにいわれるグラフィック・デザイン)の概念を描いていたようである。榛名山産業美術研究所の構想や、先進欧米視察への野望がこのことを裏付けている。
画集・詩文集・童話は21世紀に入ってもさまざまな装丁で刊行されている。
竹久夢二.jpg
【略歴】
1884年、9月16日岡山県に酒造業の次男として生まれる。長男が早逝したので事実上長男
    として育てられる。本名は竹久茂次郎。
1900年、父が酒屋を廃業し、八幡製鉄所に勤めたので一家で福岡県へ転居。
    茂次郎も一時製鉄所で働く。
1901年、家出して単身上京
1902年、早稲田実業学校専攻科入学
1905年、「直言」「平民新聞」「中学世界」等に絵を掲載。初めて夢二と名乗る。早稲田中退
1907年、岸たまきと結婚。(1909年離婚、1910年再び同棲、1915年離別)読売新聞社入社
1912年、「宵待草」原詩発表。京都府立図書館で「第1回夢二作品展覧会」
1917年、彦乃と同棲。「宵待草」に曲をつけて音楽会で発表、1918年大ヒットする。
1920年、彦乃25才で病死。「長崎十二景」「女十題」制作
1921年、お葉と結婚、6年後離別
1931年、渡米、米国に1年3か月滞在後、渡欧約1年間
1933年、結核を患い病床につく
1934年、1月19日、49才11か月で逝去

↓案内状
竹久1.jpg

↓「舞姫」復刻木版画
竹久2.jpg

↓「蘭燈」復刻木版画
竹久3.jpg

【過去の竹久夢二展のブログ記事】
2016年5月10日掲載:阪神梅田本店
2017年2月28日掲載:大丸心斎橋店

=========================================

◎渡辺 宏パステルアート展
期間:2017年5月31日~6月16日
会場:阪神梅田本店9階 グラフィックステーション
http://hiroshiwatanabe.jp/works/index.html
目にすれば誰もが、思わずにっこり。海外でも人気の高い、渡辺 宏のハートフルなパステル画。愛らしい動物をモチーフにした心温まる原画・版画を取り揃え展観。

【略歴】
1961年、大阪生まれ
1984年、大阪芸術大学デザイン学科卒業
「イラストレーション」誌ザ・チョイス年度賞大賞、IBM・ABC&PI展優秀賞、
ニューヨークADC賞、日経広告賞 、ほか受賞多数。
美しく優しい確かな表現力のパステル画で、国内のみならず海外でも高い評価を得ている。
長年イラストレーターとして企業の広告を数多く手がけ、
活動範囲は郵便切手、パッケージ、TVCF、グッズなど多岐にわたる。
作家活動としては、国内外アートショップ、百貨店などで作品展を展開。
また、定期的に独自の個展を開催し新しいイメージを広げている。

渡辺2.jpg

※本日は、飛騨高山を観光してから、夜帰宅予定です。

#######################################
nice!(17)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

中村太樹男展、honokaのエメラルド、民藝の同人と松本民芸家具展(阪急うめだ本店) [美術画廊]

6月5日(月)   先日、阪急うめだ本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎中村太樹男 展絵画が紡ぎだす物語の世界
期間:2017年5月31日~6月6日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://black.ap.teacup.com/nakamura-takio/
まるで白昼夢を見ているような、不可思議な世界。新たなキャラクターも登場する新作絵画に、紙を幾重にも重ねた作品、流木を使ったオブジェなど新たな取り組みも加え、30余点を展観。

【略歴】
1964年4月、盛岡市に生まれる
1992年6月、香港、タイなどアジアにスケッチ取材旅行。この年より百貨店等で個展開催
1994年7月、イタリアにスケッチ取材旅行
1996年~97年、パリにアトリエを構え制作。グラン・ショ・ミエル等にて研鑽
        この間、ヨーロッパ各地及びモロッコ等をスケッチ取材旅行
1999年7月、北海道取材旅行
2008年4月、初めて阪急百貨店で個展開催(以降、隔年に開催)
曽野綾子、島田雅彦、内田康夫氏などの小説の挿画も制作

↓案内状
中村1.jpg

↓「HOSHI MEGURI」
中村2.jpg

↓「ものがたり組」
中村3.jpg

↓「花言葉」                 ↓「涙が花びらにかわる頃」水彩+紙加工
中村4.jpg     中村5.jpg

※作家が在廊中でしたので、挨拶し、菜園等の話をしました。

【過去の中村太樹男展のブログ記事】
2015年4月28日掲載

========================================

◎honokaのエメラルドas it is あるがままに
期間:2017年5月31日~6月6日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00541848/?catCode=601006&subCode=602012
作家自らコロンビアなどの鉱山に赴き、採掘してきたエメラルド原石を、”原石の個性を引き出したい”とジュエリーに。テレビ番組の密着取材などで注目が高まる川添微の世界。

【川添微の略歴】
1971年、兵庫県で生まれ。香川県瀬戸内海の沿岸で育ったhonokaさん。
1991年から東南アジアを中心に旅し、インドネシア・バリ島でオニキス、ラピスラズリ、水晶の加工を学び、オーストラリアでオパールの採掘、研磨に携わります。
1992年に、エメラルド原石輸入会社に就職し、女性では珍しいバイヤーとして南米・コロンビアの山で採掘や研磨、加工を経験。
1998年からアメリカ・ニューヨークを拠点に制作をスタート。宝石学の教育機関GIA(Gemological Institute of America)ニューヨーク校で学び、宝石鑑定士の資格を取得。
2002年 初の個展を出身地の高松のギャラリーenで開催(以降隔年)
2003年 大阪・阪急うめだ本店美術画廊(以降毎年)
2005年からはインドネシア・バリ島のウブド郊外にもアトリエを構え、世界的な活動を続けられています。

↓パンフレット(表)
エメラルド1.jpg

↓パンフレット(裏)
エメラルド2.jpg

【過去のhonokaのエメラルドのブログ記事】
2015年11月14日掲載
2016年12月19日掲載

=======================================

◎民藝の同人と松本民芸家具展
期間:2017年5月31日~6月5日
会場:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー
入場無料

↓リーフレットより
民芸1.jpg

民芸2.jpg

民芸3.jpg

民芸4.jpg

★民藝と暮らす2017
期間:2017年5月31日~6月5日
会場:阪急うめだ本店9階 祝祭広場
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a01/00542766/?catCode=601006&subCode=602011

※今日は下呂温泉に宿泊予定です。

##########################################

nice!(15)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

山田幸見 油彩展(阪神梅田本店)、レイデオロが日本ダービー制覇、阪神首位陥落 [美術画廊]

5月29日(月)   先日、阪神梅田本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎山田幸見 油彩展清く
期間:2017年5月24日~5月30日
会場:阪神梅田本店9階 美術画廊

緑深く、初夏の訪れを告げる鳥の声・・・。四季折々の風景が創作意欲の源であると語る、山田幸見。爽やかな季節にふさわしい軽やかなタッチが魅力です。花鳥風月など自然界の多様なモチーフに、日々の制作から生まれた様々な思いをのせて表現しています。

↓案内状
山田1.jpg

↓リーフレット
山田2.jpg

山田8.jpg
【略歴】やまだ ゆきみ
1958年  三重県に生まれる
1976年~ 現代芸術展、ギャラリー企画展出品
1981年  名古屋芸術大学 絵画科洋画専攻卒業。アパレル企業テキスタイルデザイン(神戸)
1984年~ 広告企画デザイン(大阪)。 二科展、国際美術大賞展、
     日本の風景展(上野、尾道、松江、境港等)、 LE SOLVAN SALON DE PRINTEMPS等
      国内外コンクール多数出品・受賞
1994年  現代洋画精鋭選抜展 銀賞受賞
著書「幸見画集55/1700」。個展30回
現在、 無所属 名古屋在住

山田4.jpg

山田5.jpg

山田3.jpg

山田6.jpg

山田7.jpg

※作家さんが在廊されていましたので、挨拶させていただきました。

【過去の山田幸見展のブログ記事】
2015年7月21日掲載

=========================================

◎レイデオロが優勝 競馬G1・日本ダービー
動画:https://sports.yahoo.co.jp/video/player/385590
↓(朝日新聞デジタルより)
競馬GⅠの第84回日本ダービーは28日、東京競馬場の芝左2400メートルに3歳牡馬(ぼば)18頭が出走して行われ、単勝2番人気のレイデオロが2分26秒9のタイムで優勝し、2014年生まれのサラブレッド7015頭の頂点に立った。2着はスワーヴリチャード、3着はアドミラブルだった。
 レイデオロのクリストフ・ルメール騎手、藤沢和雄調教師はともにダービー初制覇。ルメール騎手はヴィクトリアマイル、オークスに続く史上2人目の3週連続GⅠレース優勝の記録を達成した。レイデオロは父キングカメハメハの血統で父子2代のダービー制覇となった。
日本ダービー.jpg

=========================================

◎全仏テニス開幕

↓(朝日新聞デジタルより)
テニスの四大大会第2戦の全仏オープンは28日、パリのローランギャロスで開幕する。クレーコートを舞台に6月11日まで争われ、シングルスで日本勢は男子で第8シードの錦織圭(日清食品)ら3人、女子で昨年3回戦に進んだ大坂なおみ(日清食品)ら6人が出場する。錦織は27日、会場で約1時間、初練習してストロークやサーブを確認した。
 1回戦で世界ランク外のタナシ・コッキナキス(オーストラリア)と初対戦。錦織は3月の右手首故障からの復帰後2大会で計4試合しか戦えなかったため、実戦感覚を磨く目的で急きょジュネーブ・オープンに臨み、26日の準決勝で格下相手に敗退した。

【日本人選手】
(男子)錦織圭、杉田祐一、ダニエル太郎
(女子)日比野菜緒、尾崎里紗、大坂なおみ、土居美咲、奈良くるみ、加藤未唯

=======================================

◎昨日の阪神タイガース

回 数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) 甲子園、14:00、
DeNA:006・000・000・・・・6・・・・(11)
阪 神:010・000・100・・・・2・・・・(4)

【本塁打】戸柱2号3ラン(3回、小野)
【マルチ安打】上本2
【打点】大和1、中谷1
【盗塁】糸井(1回)
【投手】
●小野   3回、18人:5安打、4三振、4四球、6失点(1敗)
・岩崎   1回、3人:1安打、1三振、無四球、無失点
・藤川   2回、9人:1安打、2三振、2四球、無失点
・高橋   1回、4人:1安打、2三振、無四球、無失点
・伊藤   1回、6人:1安打、2三振、2四球、無失点
・ドリス  1回、4人:2安打、無三振、無四球、無失点
○今永   5回、23人:3安打、3三振、5四球、1失点(2勝3敗)

※小野は不運な失点であったが、制球が悪く、四球が多過ぎ。
※若手クリーンアップ(高山・中谷・原口)で望んだが、1安打の貧打でした。荷が重過ぎ。
※阪神は首位陥落。貯金8で、広島に1ゲーム差の2位で交流戦に入ります。交流戦が勝負ですね。

######################################
nice!(21)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

櫻井幸雄 絵画展、馬場隆志展(阪急うめだ本店)、糸井・福留初アベック弾 [美術画廊]

5月28日(日)   先日、阪急うめだ本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎櫻井幸雄 絵画展愛しき子供たちの物語
期間:2017年5月24日~5月30日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://park18.wakwak.com/~art.yukio/
一度でよいから、試合に出たい。そんなこどもの夢から着想した作品「出番のないベンチ」シリーズ。身近なこども達を優しいまなざしで描き上げています。何気ないしぐさが自然の風景に溶け込み、懐かしい記憶を呼び起こします。油彩、パステル、手彩版画など30余点を展観。

【略歴】
1948年、新潟県湯之谷村に生まれる
1978年、新構造展(東京都美術館)努力賞受賞
1991年、渡仏、パリ・ムルロウ工房にてリトグラフ制作
2000年、川上四郎記念全国童画展 最優秀賞受賞
2003年、出番のないベンチシリーズが㈱エポック社よりジグソーパズルで発売
2007年、画業30周年記念 全国縦断展(札幌、東京、大阪、横浜、広島、博多)
2012年、第17回NHKハート展出品
2015年、「出番のないベンチ」25周年記念巡回展(東京、横浜、大阪、熊本、新潟)
現在、日本美術家連盟会員

↓パンフレット(表)
櫻井1.jpg

↓出番のないベンチ「奇跡の瞬間」手彩版画
櫻井2.jpg

↓ムニャムニャ語「接触の仕方」手彩版画
櫻井3.jpg

↓ムニャムニャ語「渚」手彩版画
櫻井4.jpg

↓出番のないベンチ「女子のつぶやき」油彩
櫻井5.jpg

↓遠いゴール「将来の話」油彩
櫻井6.jpg

↓出番のないベンチ「といかけ」手彩版画
櫻井7.jpg

※こども達の後ろ姿が、いい雰囲気を醸し出しています。絵を見るだけで、心がほっこりします。

【過去の櫻井幸雄展のブログ記事】
2015年5月31日掲載

======================================

◎備前 馬場隆志 展蒼い窯変
期間:2017年5月24日~5月30日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a01/00067912/?catCode=601006&subCode=602011
土と火の力強さがあふれる、備前焼。馬場隆志は、独自の焼成技術により蒼い窯変作品を創り出しました。その景色を楽しむ酒器、茶器、花入れ、オブジェなど70余点を展観。

【略歴】
1983年、備前焼・馬場祥輔の長男に生まれる
2006年、東京藝術大学彫刻科卒業
2007年、京都市産業技術研究所工業技術センターで1年学ぶ
2008年、岡山県美術展入選
2012年、備前陶心会展 岡山県知事賞受賞
2013年、阪急うめだ本店アートステージにて個展
2015年、日本伝統工芸中国支部展入選、イギリスで展示会
2016年、茶の湯の造形展入選、中国・北京「匠心傳承」にて招待出展と講演

↓パンフレット(表)
馬場1.jpg

↓パンフレット(裏)
馬場2.jpg

【過去の馬場隆志展のブログ記事】
2015年4月5日掲載

=========================================

◎昨日の阪神タイガース

回 数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) 甲子園、14:00、46,616人
DeNA:000・020・000・・・・2・・・・(9)
阪 神:005・102・01× ・・・・9・・・・(8)

【本塁打】糸井6号3ラン(3回、クライン)、福留6号2ラン(3回、クライン)、中谷6号ソロ(8回、平田)
【マルチ安打】糸井2
【打点】糸井4、福留2、中谷1
【失策】糸原(2回)、キャンベル(5回)
【投手】
○青柳   6回、30人:8安打、3三振、3四球、2失点(自責0)(1勝2敗)
・高橋   1回、4人:無安打、1三振、1四球、無失点
・伊藤   1回、3人:無安打、1三振、無四球、無失点
桑原   1回、4人:1安打、1三振、無四球、無失点
●クライン 4回、20人:6安打、2三振、2四球、6失点(自責3)(2勝2敗)

※糸井、福留の初のアベック本塁打で快勝。糸井は完全に復活しましたね。
※前日乱調であった藤浪は登録抹消され、二軍で調整することになりました。藤浪の復活なくして優勝はないと、私は思います。
※貯金を9にして、首位を守りました。本日も勝って、貯金10にして交流戦に弾みをつけて欲しいです。
阪神9・糸井、福留.JPG
阪神10・糸井、福留.JPG
↑27日・28日は「TORACO DAY」で女性限定のプレゼントやイベントがあります。ヒーロー選手と女性入場者との握手もこの一貫でしょう。

=======================================

◎日本、決勝Tに進出 U20W杯

↓(朝日新聞デジタルより)
サッカーのユース世代の世界一を決めるU20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)は27日、韓国の天安などで1次リーグがあり、D組の日本は、イタリアに2―2で引き分け、16強による決勝トーナメント進出を決めた。1勝1敗1分けの日本はイタリアと勝ち点4で並び、得失点差でD組3位になったが、各組3位のうち成績上位4チームに入ることが確定した。
 日本は前半7分までに2失点したが、前半22分と後半5分にMF堂安(ガ大阪)が得点し、追いついた。

#######################################
nice!(19)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

武内祐人展、安食ひろ・潤茶陶展(阪急うめだ本店)、サラリーマン川柳(第一生命) [美術画廊]

5月23日(火)   本日は甲子園球場の巨人・阪神戦を見に行く予定です。先週は苦戦しましたので、今週は頑張るよう応援してきます。   

 さて先日、阪急うめだ本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎武内祐人 展
期間:2017年5月17日~5月23日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://www.ivory1.com/
会場にあふれる、動物たちの笑顔、笑顔。"頑張った先に笑顔がある"と語る武内祐人が、頑張る人へのエールを込めて描いたアクリル画約60点。最新作のかるたは、直筆の読み札とともにご紹介。

武内3.jpg

↓パンフレット(表)
武内1.jpg

↓パンフレット(裏)
武内2.jpg

【過去の武内祐人展のブログ記事】
2014年5月13日掲載
2015年5月17日掲載
2016年5月14日掲載

========================================

◎安食ひろ・潤 茶陶展
期間:2017年5月17日~5月23日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://www.kakiden.com/gallery/archives/15426/
古希を迎えてもなお、あふれる自由と想像力を感じさせる父、ひろの茶道具、茶掛軸。伝統をふまえながら、若々しい視点で制作した息子、潤の茶道具。親子それぞれ50余点を出品、個性の競演。

【安食ひろ略歴】
1948年:島根県平田市に生れる
1987年:田部美術館茶の湯造形展大賞
1996年:田部美術館茶の湯造形展奨励賞(03年同賞)
    淡交ビエンナーレ特別賞(98年同展奨励賞)
1999年:ブータンで野点2席をし深呼吸
    NHK BS2 やきもの探訪にて放映
2000年:田部美術館茶の湯造形展優秀賞
2002年:岐阜県現代陶芸美術館「現代陶芸100年展」
2005年:インドにて茶会・個展開催
    メトロポリタン美術館に作品収蔵
2006年:ぎゃらりい栗本にて個展(09,11,14)
2007年:東京にて求美図夢茶会 2008年 隠居宣言
2014年:ぎゃらりい栗本にて個展  全国各地にて個展・グループ展開

【安食 潤略歴】
1982年:島根県出雲市に生まれる
2001年:岡山県吉備高原学園紅等学校陶芸コース卒業
2003年:志野に魅せられ、岐阜県の古老熊谷忠雄氏に師事
2004年:父 安食ひろのもとで修行
2006年:田部美術館茶の湯の造形展 初出品初入選
2007年:田部美術館茶の湯の造形展 入選
2009年:田部美術館茶の湯の造形展 入選
2010年:田部美術館茶の湯の造形展 入選 全国各地にて個展・グループ展開催

↓安食潤「瑠璃塩釉切子碗」
安食1.jpg

【過去の安食ひろ・潤展のブログ記事】
2015年5月25日掲載

=======================================

◎サラリーマン川柳
http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/

↓(朝日新聞デジタルより)
 第一生命保険は22日、恒例のサラリーマン川柳コンクールで、一般投票で得票が多かった上位30作品を発表した。1位は、愛知県の女性(30)の「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」(5822票)。他の作品では、ヒットしたアニメ映画「君の名は。」や、人気タレントのピコ太郎さんを採り入れながら、職場での世代間ギャップや親子関係が描かれた。
 昨秋に応募があった約5万5千作品から、2月にまず第一生命の社員が100作を選び、さらに一般からの投票で上位作品を選んだ。総投票数は11万4820票。従来は上位10作品を選ぶが、今回は30回を記念して30作品を選んだ。

■サラリーマン川柳の上位10作品
①ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?
②久しぶり! 聞くに聞けない 君の名は
③ありのまま スッピンみせたら 君の名は?
④同窓会 みんなニコニコ 名前出ず
⑤「パパお風呂」 入れじゃなくて 掃除しろ
⑥君の名は ゆとり世代の 名が読めず
⑦病院で サミットしている 爺(じい)7
⑧ばあちゃんが オシャレにキメる 通院日
⑨オレのボス ヤフーでググれと 無理を言う
⑩職場でも 家でもおれは ペコ太郎

11位:「アモーレも 今や我が家の 新ゴジラ」小小市民
12位:「ものわすれ ふせぐサプリを 飲み忘れ」望忘仙人
13位:「「後でやる!」 妻の顔見て すぐにやる」後回し男子
14位:「シン・ゴジラ 俺の会社も 踏んでくれ」秋風
15位:「書きたいな 扶養控除に 猫と犬」よみ人知らず
16位:「新人は ペンを取らずに 写メを撮る」実在主婦
17位:「ノー残業 居なくなるのは 上司だけ」仕事人間
18位:「使途不明 共働きの 妻の金」借金背負った金次郎
19位:「守ろうと 誓った嫁から 身を守る」恐妻家
20位:「「言ったよね?」 初めて聞いた でも言えず」ゆとり世代
21位:「孫が来た ポケモンいない 孫帰る」りゅうちゃん
22位:「記憶力 ないから楽し 再放送」鳰にほの里
23位:「ちゃんとやれ それじゃ分らん ちゃんと言え」妻が頼り
24位:「備忘録 書いたノートの 場所忘れ」メモ魔
25位:「二刀流 仕事も家事も 全部俺」嫁さん欲しい
26位:「SMAPが まさかのSTOP 悲しいな」散る花ひとつ
27位:「「あれとって」 ママ口動く パパ動く」かかあ天下
28位:「先を読め、 先を読むより 空気読め」上司指導
29位:「やせ我慢 いつもしてるが 痩せられず」ダイエット
30位:「「誰の指示?」 数分前の 貴方です」こはく

##########################################
nice!(18)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

武豊展、葉加瀬太郎絵画展(阪急うめだ本店)、阪神連敗3でストップ [美術画廊]

5月22日(月)    「第78回優駿牝馬(オークス)」(G1、芝2400メートル)は21日、東京競馬場11Rで行われ、C・ルメール騎手騎乗の1番人気・ソウルスターリング(牝3=藤沢和厩舎、父フランケル、母スタセリタ)が人気に応えて勝利した。
武豊騎乗のリスグラシューは5着に終わりました。その武豊騎手の展覧会があったので、先日観てきました。

◎デビュー30周年記念 武豊展名馬と共に歩んだ30年
期間:2017年5月17日~5月22日
会場:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー
入場料:一般800円
http://www.yutaka-take.com/special/debut30th/
デビュー以来、数々の記録を打ち立て、日本競馬界を牽引してきた武豊騎手。
デビュー30周年を記念して、これまでの輝かしい軌跡と武豊騎手の素顔に迫る展覧会を開催。
会場では国内外での名レース場面をとらえた写真パネルや優勝カップ、愛用の馬具、騎乗服などの展示をはじめ、感動のレースシーンの映像や貴重なプライベート写真を公開。

↓(大阪日日新聞より)
会場の9階・阪急うめだギャラリーには、第155回天皇賞・春(4月)の優勝記念メダルのほか、無数の優勝カップ、むち・くらといった馬具などが展示され、武騎手の輝かしい軌跡を紹介。レース映像やプライベート写真も公開され注目を集めている。
 この日は武騎手が来店し、競馬好きで知られるお笑いコンビのシャンプーハットとトークショーを展開。「皆さんそれぞれの30年の思い出と重ね合わせて見ていただきたい」と呼び掛け、終始ウイットに富んだトークでファンを沸かせた。
 同展では展示中の写真パネル62点に直筆サインを入れてチャリティー販売(1枚5万円)する特別企画があり、さっそく申し込むファンの姿が見られた。希望多数の写真パネルは抽選となり、売り上げの25%を熊本地震の支援に充てる。

【略歴】
1969年3月15日、 父・邦彦、母・洋子の3男として、京都府に生まれる。
1979年、栗東トレーニングセンター・乗馬苑で、乗馬を始める。
1984年、JRA競馬学校へ入学。
1987年3月1日、1回阪神2日 4R アグネスディクターに騎乗し、騎手としてデビュー。
    3月7日、1回阪神3日 3R ダイナビショップに騎乗し、初勝利。
1988年、スーパークリークに騎乗して菊花賞を制しJRAのG1初勝利。
1989年、アメリカ・アーリントン競馬場でグランマジーに騎乗してアローワンスを制し、
     海外初勝利を上げる。同年、初めてJRAリーディングジョッキーを獲得。
1990年、フランス・ドーヴィル競馬場でレジデントに騎乗してモン・カニシー賞を制し、
     ヨーロッパ初勝利を上げる。オグリキャップに騎乗し、有馬記念を制覇。同馬の
     ラストランを飾った。
1991年、アメリカ・サラトガ競馬場でエルセニョールに騎乗してセネカH(G3)を制し、
     海外初重賞勝利。
1994年、フランス・ロンシャン競馬場でスキーパラダイスに騎乗してムーラン・ド・ロンシャン
     賞(G1)を制し、JRAの日本人騎手として初めての海外G1ジョッキーとなる。
1995年、史上最速・最年少で(26歳4ヶ月)で通算1000勝達成。
1997年、年間最多勝利騎手・年間最多重賞勝利騎手に輝く。
1998年、フランス・ドーヴィル競馬場でシーキングザパールに騎乗してモーリス・ド・ギース賞
     を制覇。日本調教馬初の海外G1制覇を飾る。サイレンススズカに騎乗し、秋の天皇賞
     に挑むがレース中の故障により無念の競走中止。
1999年、フランス・ロンシャン競馬場でアグネスワールドに騎乗してアベイユ・ド・ロンシャン
     賞(G1)を制覇。
2000年、騎乗の拠点を米国西海岸に移しながらも、帰国の際には国内でも精力的に騎乗し
     JRAリーディングジョッキーを獲得。
2001年、フランスの名門ジョン・ハモンド厩舎の主戦騎手として招かれ、活動の拠点をヨーロッパ
     に移す。
2002年、2月に骨盤骨折の大怪我を負うも約8週間で復帰。騎乗の拠点の半分をフランスに移し
     ながら、JRAリーディングジョッキーの座を獲得。例年より少ない騎乗機会の中で、
     タニノギムレットによる史上初の日本ダービー3勝目、史上最速・最年少での通算
     2000勝、JRA新記録(世界タイ記録)となる1日8勝を達成した。
2003年、前年以上に地方競馬にも参戦し、交流GI全レースで騎乗。東京大賞典(連覇)を含む
     交流GI・3勝を挙げる。12月27日には前人未到の年間200勝を達成。最終的には年間
     204勝の大記録を打ち立てた。
2004年、JRA所属騎手として初の地方競馬通算100勝を達成。また、日本中央競馬会創立50周年
     記念式典において、競馬功労者として農林水産大臣感謝状を授与される。11月には
     エリザベス女王杯4連覇を達成したほか、年間勝利数では211勝をマーク。前年に自らが
     樹立した大記録を更新した。
2005年、ディープインパクトとのコンビで皐月賞、日本ダービー、菊花賞を制し、史上2例目と
     なる無敗での牡馬3冠を達成。日本ダービーの勝利と同時に年間100勝に到達し、
     自らの持つ最速記録を1カ月更新した。9月には騎乗機会6連勝、1節12勝、1開催
     26勝(複数競馬場)のJRA新記録を樹立。12月には前人未到の3年連続年間200勝を
     成し遂げた。また、4月からは騎手による初のレギュラー番組「武豊TV」が放送開始。
     各方面で大きな話題を呼ぶ。
2006年、フェブラリーSを幸先良く制して19年連続GI勝利を達成。3月のドバイ遠征では
     ユートピアとのコンビでゴドルフィンマイルを逃げ切り、02年のモートリー賞
    (クリスタルキャッスル)以来となる海外重賞制覇を果たす。ターフを離れては
    「デビュー20周年記念 武豊展」を東京(新宿)、京都、小倉の3都市で開催。
     写真パネルやトロフィー、愛用の馬具を公開展示し、これまでの足跡を振り返った。
2007年、アドマイヤムーンとのコンビでドバイデューティーフリーを快勝。前年のゴドルフィン
     マイル(ユートピア)に続き、ドバイ国際競走で勝利を収める。海外GI制覇は2001年
     香港ヴァーズ以来となった。7月には通算2944勝に到達し、岡部幸雄元騎手が保持して
     いた最多勝記録を更新。11月に入ると前人未到の3000勝まで記録を伸ばす。
2008年、ヴァーミリアンとのコンビでフェブラリーSを制覇。連続GI勝利記録を21年に更新す
     る。6月にはJRA通算3100勝に到達。その間、5月には京都競馬場のみによる通算
     1000勝も達成している。夏恒例の海外遠征では、12人の世界のトップジョッキーに
     よって行われるチーム対抗戦「シャーガーカップ」に、世界選抜チームのキャプテン
     として出場。2勝を挙げる活躍で、チーム戦2位の原動力となると共に、最多ポイント
     獲得騎手部門でも2位の好成績を収める。11月には落馬により右手首骨折の重傷を負
     うも、驚異の回復力で1か月後に戦列復帰を果たした。
2009年、4月に通算勝利記録を3200勝に更新。5月にはウオッカとのコンビでヴィクトリア
     マイルを制し、連続GI勝利記録を22年に延ばした。同馬とは安田記念の連覇も果たす。
     また、前年の京都競馬場に続き、阪神競馬場のみによる通算1000勝も達成(6月)。
     秋は地方交流重賞で顕著な活躍を見せ、エーデルワイス賞(門別)を勝って牝馬限定
     重賞の完全制覇、名古屋で開催されたJBCクラシックでは、ヴァーミリアンと共に
     3連覇を成し遂げた。12月には通算3300勝に到達している。
2010年、ヴァーミリアンと共に臨んだ川崎記念(1月)をレコード勝ち。同馬の国内GI最多勝利数
     を「9」に更新し、幸先の良いスタートを切った。しかし、3月に落馬負傷して自身
     最長の4か月に及ぶ戦線離脱を余儀なくされる。夏の小倉開催で復帰、9月には関西
     所属騎手として初の日本騎手クラブ会長に就任。秋はスマートファルコンに騎乗した
     JBCクラシックで4連覇を達成。ジャパンCをローズキングダムで制し、23年連続GI
     勝利を果たす。年末の東京大賞典で再びスマートファルコンに騎乗。ダート2000mでは
     従来の記録を0秒6短縮し、2分0秒4の日本レコードで圧勝を飾った。
2011年、6月に自身の持つ通算勝利記録を3400勝へと更新。8月には英国・アスコット競馬場で
     開催される「シャーガーカップ」に世界選抜チームの一員として2008年以来5度目の
     出場を果たし、第2戦ステイヤーズ(1着)での騎乗が当日の最も優れた騎乗を讃え
     る「Ride of the Day」に選出される。秋のJBCクラシックではスマートファルコン
     とのコンビで連覇を成し遂げると同時に、前人未踏の同レース5連覇を達成した。
     また、東日本大震災の復興支援を期し、騎手会長として被災地訪問、募金活動などを
     先導した。
2012年、2月にトレイルブレイザーとのコンビで京都記念を制覇。新人時代から続く重賞勝利を
     26年連続に更新する。8月には英国・アスコット競馬場で開催された騎手対抗戦
    「シャーガーカップ」に世界選抜チームのキャプテンとして出場。個人戦4位に奮闘する
     とともに、チーム対抗戦での優勝に貢献した。11月のマイルCSではサダムパテック
     を駆って2年ぶりのGI制覇を飾り、中央競馬におけるGIレース完全制覇へ朝日杯
     フューチュリティSを残すのみとしている。
2013年、1月にカレンケカリーナとのコンビで通算3500勝を達成。2月にはトーセンラーで京都
     記念を勝ち、新人時代から続く重賞勝利を27年連続に更新する。5月の日本ダービーを
     キズナにて制覇し、前人未到の同レース5勝目を挙げ、7月にトルコで開催された
    「トルコジョッキークラブ国際騎手招待競走」にJRA代表として参加し、外国招待騎手
     チーム団体戦の優勝に貢献する。さらに11月、トーセンラーでマイルCSを連覇すると
     同時に、GI100勝を達成した。
2014年、1月にメイショウインロウとのコンビでJRA通算3600勝を達成。2月にはトーセンス
     ターダムできさらぎ賞を勝ち、新人時代から続く重賞勝利を28年連続に更新する。
     10月には地元京都でピエナトップガンに騎乗し、JRA通算騎乗数を18,648回に更新。
     岡部幸雄元騎手が保持していたJRA最多騎乗記録を更新した。
2015年、1月にグァンチャーレとのコンビでシンザン記念を勝ち、重賞勝利を29年連続に更新。
     3月には中山競馬場でローズマンブリッジに騎乗し、JRA通算勝利数を3700勝に更新
     した。10月のシリウスステークスでは、アウォーディーに騎乗し、前代未聞のJRA
     重賞300賞を達成。12月にシャティン競馬場(香港)で行われた香港カップでは、
     エイシンヒカリとのコンビで海外レース勝利の偉業を成し遂げた。
2016年、1月に行われたアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)で初勝利を納め、新人時代
     から続く重賞勝利を30年連続に更新する。


↓会場の入口
武豊4.JPG

↓パンフレット(表)
武豊2.jpg

↓パンフレット(裏)
武豊3.jpg

武豊1.jpg

======================================

◎葉加瀬太郎 絵画展2017SUPER LOVE ART!
期間:2017年5月17日~5月23日
会場:阪急うめだ本店9階 アートステージ
http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00538181/?catCode=601006
バイオリニスト、作曲家、プロデューサーなど音楽家として世界的に活躍し、
明るくチャーミングな人柄と共に人気のある葉加瀬太郎。
彼のその芸術的才能と人柄はキャンバスの上でも表れています。
1995年から画家として活動し、普遍的なテーマとしている「LOVE」&「PEACE」と
共に「子供心」を自由に表現し続けています。
今展では、2015年にスペインを訪れて影響を受けた「Syncopation」シリーズや
彼が憧れ続けるヨハネス・ブラームスの肖像画「Brahms」などを含め、原画、版画など
最新作を含めた約40点を展示販売いたします。

葉加瀬3.jpg
【略歴】Wikiより
1968年、大阪府吹田市に生まれる。
京都市立堀川高等学校音楽科(現在の京都市立京都堀川音楽高等学校)卒業、東京芸術大学音楽学部器楽学科バイオリン専攻中途退学。
ヴァイオリンは、4歳で習い始める。本人曰く「1学年10クラスもあった千里ニュータウンの団地っ子」だったことや、当時その団地の同級生の多くが習い事を始めており、「習い事ブーム」だったこともあって、自身も毎週金曜日に近所の公民館で練習していた。10歳で本格的にヴァイオリン教室に通い始め技術を磨き、中学2年で西日本コンクールで2位となった。
その後、東京藝術大学に入学した後、学生で結成された『クライズラー&カンパニー』の中心人物として音楽界に登場。クラシックやポップスといったジャンルの垣根を越えて人気を博すが、1996年に解散。アート・リンゼイ・プロデュースによる『watashi』(1997年)でソロデビューを果たす。
1996年にはセリーヌ・ディオンのワールドツアーに参加。1999年、タレントの髙田万由子と結婚(婿養子)。現在二児の父。2004年、中島美嘉の楽曲「朧月夜〜祈り」(および同名のミニアルバム)をプロデュースし、『第55回NHK紅白歌合戦』に中島の伴奏で出演した。2006年4月には、関西テレビの報道番組『FNNスーパーニュースアンカー』のテーマ曲「Beyond the Sunset」を石坂慶彦と共に手がける。2006年、志方あきこの2ndアルバム「RAKA」に1曲参加。2007年3月、ゆずとコラボで「春風 meets 葉加瀬太郎」発売。
2010年9月から放送のNHKの連続テレビ小説『てっぱん』のテーマ曲と劇中音楽を手がけた。テーマ曲「ひまわり」は、子供の頃、父親が岡山県出身のため何度も訪れて遊んだ瀬戸内海をイメージして制作したものだという。
はか扇子という名前をもじった扇子があり、はか扇子を使ったダンスをコンサートに取り入れている。 はか煎餅、靴下履かせたろうなどのアイテムもある。
サッカー好きでFAプレミアリーグの中ではアーセナルFCのファンである。

↓以下の写真は、「アートのある暮らし」サイトより借用
葉加瀬1.jpg
葉加瀬2.jpg

葉加瀬4.jpg

葉加瀬5.jpg

葉加瀬6.jpg

========================================

◎内村航平が9連覇、個人総合連勝も40に 体操NHK杯

↓(朝日新聞デジタルより)
個人総合で争われる体操の第56回NHK杯最終日が21日、10月にある世界選手権の代表選考会を兼ねて東京体育館で男子が行われた。内村航平(リンガーハット)が9連覇を達成。2008年から続く個人総合の連勝を40とした。

========================================

◎昨日の阪神タイガース

回数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) 神宮、18:00、
阪神:002・000・300・・・・5・・・・(6)
ヤクルト:021・010・000・・・・4・・・・(9)

【本塁打】高山3号ソロ(3回、星)、上本2号ソロ(3回、星)、バレンティン7号2ラン(2回、小野)
     坂口1号ソロ(3回、小野)
【マルチ安打】高山3、上本2
【打点】高山2、上本2
【失策】岡崎(4回)、ドリス(9回)
【投手】
・小野 4回3分の1、22人:8安打、5三振、1四球、4失点
○桑原 1回3分の2、5人:無安打、3三振、無四球、無失点(3勝)
H岩崎    1回、4人:無安打、1三振、1四球、無失点
Hマテオ   1回、3人:無安打、1三振、無四球、無失点
Sドリス   1回、6人:1安打、2三振、1四球、無失点(2敗17S
・星  6回3分の1、27人:4安打、5三振、4四球、4失点
●ルーキ  3分の2、5人:2安打、無三振、1四球、1失点(1勝4敗)

※阪神はラッキーな勝ち方で、貯金を10に戻しました。(決勝点は敬遠球の暴投)
※ルーキー小野のプロデビュー戦は、ほろ苦い内容でした。
※2点負けている場面で、桑原を投入する奇策が成功しましたね。
※糸井は、20打席無安打と絶不調です。一度休憩させる方がいいと思います。
阪神3・高山.JPG

###################################

nice!(17)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

備前焼・荻野雅也 作陶展、沖縄 味と技展(阪神梅田本店)、阪神連敗、錦織完敗 [美術画廊]

5月20日(土)   先日、阪神梅田本店の美術画廊に立ち寄りましたので、紹介します。

◎第6回備前焼 荻野雅也 作陶展
期間:2017年5月17日~5月23日
会場:阪神梅田本店9階 美術画廊
http://kumamotokougeikan.otemo-yan.net/e959614.html
土味にこだわる、荻野雅也の備前焼。手捻りすることで生まれた、ひとつとして同じものがない形や模様。焼成を幾度m繰り返すことでできる色の深みに魅せられます。食器や花器、茶器、酒器など日常使いの作品を一堂に取り揃え展観。
荻野1.jpg
【略歴】
1972年、兵庫県姫路市に生まれる。
1992年、備前陶芸センターを卒業。備前焼作家・太田富夫氏に師事。
2003年、牛窓町寒風にて初窯。
2007年、牛窓町寒風にて独立。
2005~2012年、日本伝統工芸中国支部展入選(6回)。

↓備前広口花器
荻野3.jpg

荻野2.jpg

========================================
9階の美術画廊に立ち寄てから、8階の催場にも立ち寄りました。

◎阪神のめんそーれ 沖縄 味と技展
期間:2017年5月17日~5月23日
会場:阪急梅田本店8階 催場
http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/okinawa/index.html/?from=5
沖縄から人気のお店約65店舗が阪神百貨店に集結!
今回は“からあげグランプリ(R)”金賞受賞の「島唐」が百貨店初出店。
ジェラートやマンゴープリンなど沖縄スイーツにも注目。
Tシャツ、アクセサリー、雑貨も充実!

↓デジタルチラシ
沖縄1.jpg

↓会場案内図
沖縄7.jpg

今回は「さわのや」の商品を購入。「さわのや」は沖縄そばの店とのこと。
沖縄2.JPG
沖縄3.JPG

↓1番人気の「もずくのかき揚げ」 220円
沖縄4.JPG

↓「ゴーヤとスパムのはさみ揚げ」 220円
沖縄5.JPG

↓2番人気の「グルクンの天ぷら」 220円
沖縄6.JPG
↑「グルクン」は県魚。タカサゴ は、スズキ目・タカサゴ科に属する魚の一種。インド洋・西太平洋の熱帯域に分布する海水魚で、重要な食用魚でもある。 標準和名「タカサゴ」は東京・神奈川周辺での呼称に因むが、沖縄方言での呼称グルクンも別名としてよく知られ、「沖縄県の魚」にも指定されている。(Wikiより)

=========================================

◎錦織のイタリア国際は、デルボトロに完敗し、3回戦敗退

↓Yahooニュースより)
テニスのイタリア国際は18日、男子シングルス3回戦が行われ、世界ランキング9位で第7シードの錦織圭(27=日清食品)が、同34位のフアンマルティン・デルポトロ(28=アルゼンチン)と対戦。6―7、3―6のストレート負けでベスト8進出はならなかった。
 初戦で右手首の不安を感じさせない戦いを見せていた錦織だが、第1セット第1ゲームでいきなりブレークを許す。第8ゲームでブレークバックに成功して流れに乗るかと思われたが、第11ゲームでデルポトロがまたもブレーク。第12ゲームで再び錦織がブレークバックしてタイブレークへ突入したが、デルポトロの強力なフォアハンドに押し込まれ、4―7でタイブレークを落とした。
 第2セットも流れはデルポトロ。錦織は第3ゲームであっさりとブレークを奪われて劣勢に。時折、鋭いリターンで会場を沸かせたものの、デルポトロにサービスゲームをきっちりとキープされて苦しい展開となった。
 結局、第2セットは1度もブレークを奪えず3―6で完敗。デルポトロに12年ロンドン五輪準々決勝以来となる敗戦を喫し、3回戦で姿を消した。

錦織圭は、21日からのバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)に急遽出場することを決断した。

※錦織の完敗ですね。世界ランクのトップ10外になるのも時間の問題でしょうね。

=========================================

◎昨日の阪神タイガース

回数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) 神宮、18:00、28,264人
阪神:000・001・010・・・・2・・・・(6)
ヤクルト:201・000・01× ・・・・4・・・・(7)

【本塁打】伊藤隼1号ソロ(6回、原)、高山2号ソロ(8回、石山)、バレンティン6号ソロ(8回、藤川)
【マルチ安打】高山2
【打点】伊藤1、高山1
【投手】
●岩貞   5回、23人:4安打、2三振、4四球、3失点(2勝3敗)
・松田   2回、8人:1安打、1三振、1四球、無失点
藤川   1回、5人:2安打、1三振、無四球、1失点
○ 原    6回、23人:4安打、6三振、1四球、1失点(1勝1敗)
S秋吉   1回、4人:1安打、1三振、無四球、無失点(4勝2敗7S)

※阪神はチャンスに主軸が打てず連敗。連敗はいけませんね。
6回無死1・2塁で、糸井・福留・中谷の主軸が凡退。特に糸井はちょっと危ないですね。4打数無安打2三振と連日のブレーキです。
※大型連敗をしないことを祈っています。

#####################################


nice!(21)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 美術画廊 ブログトップ