So-net無料ブログ作成
検索選択

第40回日本アカデミー賞 [映画]

3月5日(日)   昨日、日本アカデミー賞授賞式の再放送を見ました。

◎第40回日本アカデミー賞授賞式
http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/40.html
第40回日本アカデミー賞授賞式が3日、港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、映画『シン・ゴジラ』が最優秀作品賞と最優秀監督賞を含む最多7冠に輝いた。そのほか音楽賞以外の技術部門を総なめにして、他を寄せ付けぬ圧勝となった。
 『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明が総監督・脚本、『進撃の巨人』シリーズの樋口真嗣が監督・特技監督を務め、『ゴジラ』国内シリーズとしては約12年ぶりに製作された本作。現代日本に出現したゴジラが、戦車などからの攻撃をものともせずに暴れる姿を活写し、邦画実写作品としては『永遠の0』(2013)以来に興行収入80億円を突破する大ヒットを記録した。
 日本アカデミー賞協会・岡田裕介会長は「どこかの国と同じように間違えないようにしたいと思います」と先日行われた米アカデミー賞授賞式で作品賞が誤ってアナウンスされたハプニングを引き合いに笑いを誘いつつ、最優秀作品賞を発表すると、主演の長谷川博己ら『シン・ゴジラ』のキャスト・スタッフは互いに顔を見合わせ、握手をして喜びを分かち合ってから壇上へ。
 庵野監督はスケジュールの都合で欠席したため、最優秀監督賞に続けてスピーチすることになった樋口監督は「みんな怒ってませんか? 大丈夫ですか?」と戸惑いつつ、「毎日、過酷な状況で映画を作っているスタッフのみんなにもいつかこういう時が来るよって声を大にして言いたいと思います。みんな頑張ろう!」とエールを送り、感謝。
 内閣官房副長官の主人公・矢口蘭堂を演じた長谷川も「皆さんちょっと引いている気がしたんですけど、大丈夫ですか?」と心配しながら、「特撮映画とか、こういう怪獣映画で作品賞って今までなかなかなかったんじゃないかと思います」と感慨深げ。岡田会長は発表の際に「頑張って日本映画を支えていきましょう」と呼び掛けていたが、「この映画の一つのテーマでもあるみんなで力を合わせて何かを倒すというのは、先ほど岡田会長が言っていたことにつながるんじゃないかと思います」と喜んだ。(以上は、シネマツデイより)

↓レッドカーペットの上を入場
日本アカデ13.JPG


優秀作品賞
怒り
家族はつらいよ
★シン・ゴジラ
湯を沸かすほどの熱い愛
64-ロクヨン-前編
日本アカデ1・作品賞.JPG



優秀アニメーション作品賞
君の名は。
映画『聲の形』
★この世界の片隅に
ルドルフとイッパイアッテナ
ONE PIECE FILM GOLD
日本アカデ2・アニメ.JPG


【優秀監督賞】
★庵野秀明/樋口真嗣:「シン・ゴジラ」
新海 誠:「君の名は。」
瀬々敬久:「64-ロクヨン-前編」
中野量太:「湯を沸かすほどの熱い愛」
李 相日:「怒り」
日本アカデ5・監督.JPG
↑樋口監督は「本来ならば庵野総監督がいるべきですが、次の仕事の都合で来られないそうです。思えばこの映画が始まったときから、全てのスタッフ・キャストにものすごい無理難題をふっかけ、みんな苦しんで今日があるわけです。今日ここで私がしゃべらなくてはならない無茶振りに、困惑しています」と恨み節。それでもスタッフを代表し「嬉しいです」と話し、「こういう映画を支持していただいた皆さんに、感謝しています」と謝辞を述べた。


【優秀脚本賞】
★新海 誠:「君の名は。」
中野量太:「湯を沸かすほどの熱い愛」
久松真一/瀬々敬久:「64-ロクヨン-前編」
山田洋次/平松恵美子:「家族はつらいよ」
李 相日:「怒り」

【優秀主演男優賞】
綾野 剛:「日本で一番悪い奴ら」
岡田准一:「海賊とよばれた男」
★佐藤浩市:「64-ロクヨン-前編」
長谷川博己:「シン・ゴジラ」
松山ケンイチ:「聖の青春」
日本アカデ3・男優.JPG
日本アカデ4・男優.JPG


【優秀主演女優賞】
大竹しのぶ:「後妻業の女」
黒木 華:「リップヴァンウィンクルの花嫁」
広瀬すず:「ちはやふる -上の句- 」
宮﨑あおい:「怒り」
★宮沢りえ:「湯を沸かすほどの熱い愛」
日本アカデ6・女優.JPG
日本アカデ7・女優.JPG


【優秀助演男優賞】
竹原ピストル:「永い言い訳」
★妻夫木 聡:「怒り」
東出昌大:「聖の青春」
森山未來:「怒り」
リリー・フランキー:「SCOOP!」
日本アカデ10・助演男優.JPG
日本アカデ9・助演男優.JPG


【優秀助演女優賞】
石原さとみ:「シン・ゴジラ」
市川実日子:「シン・ゴジラ」
★杉咲 花:「湯を沸かすほどの熱い愛」
広瀬すず:「怒り」
宮﨑あおい:「バースデーカード」
日本アカデ12・助演女優.JPG
日本アカデ11・助演女優.JPG


【優秀新人俳優賞】
杉咲 花:「湯を沸かすほどの熱い愛」
高畑充希:「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
橋本環奈:「セーラー服と機関銃 -卒業-」
岩田剛典:「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
坂口健太郎:「64-ロクヨン-前編」「64-ロクヨン-後編」
佐久本 宝:「怒り」
千葉雄大:「殿、利息でござる!」
真剣佑:「ちはやふる -上の句- 」「ちはやふる -下の句- 」
日本アカデ8・新人.JPG

####################################
nice!(21)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第89回アカデミー賞ノミネーション、横綱「稀勢の里」誕生 [映画]

1月26日(木)   現地時間1月23日の朝、第89回アカデミー賞のノミネート作品が発表されました。授賞式は現地時間2月26日にロサンゼルスで開催されます。コメディアンのジミー・キンメルが初めて司会を務めます。渡辺謙がプレゼンターで出席するそうです。
wowowでは2月27日(月)午前10時から生中継、午後9時から字幕再放送されます。

◎第89回アカデミー賞ノミネーション
「ラ・ラ・ランド」が最多の13部門14ノミネート(歴代最多タイ)。次は8ノミネートの「メッセージ」と「ムーンライト」が続いています。

作品賞  (リンクしています)
メッセージ』(米パラマウント・ピクチャーズ)
Fences(原題)』(米パラマウント・ピクチャーズ)
Hacksaw Ridge(原題)』(ライオンズゲート)
最後の追跡』(CBSフィルムズ)
Hidden Figures(原題)』(米20世紀FOX)
ラ・ラ・ランド』(ライオンズゲート)
LION/ライオン ~25年目のただいま~』(ザ・ワインスタイン・カンパニー)
マンチェスター・バイ・ザ・シー』(米アマゾン・スタジオ/ロードサイド・アトラクションズ)
ムーンライト』(A24)

主演男優賞
ケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
アンドリュー・ガーフィールド(『Hacksaw Ridge(原題)』)
ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』)
ヴィゴ・モーテンセン(『はじまりへの旅』)
デンゼル・ワシントン(『Fences(原題)』)
アカデミー1.jpg


主演女優賞
イザベル・ユペール(『Elle(原題)』)
ルース・ネッガ(『ラビング 愛という名前のふたり』)
ナタリー・ポートマン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)
エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)
メリル・ストリープ(『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』)
アカデミー2.jpg


助演男優賞
マハーシャラ・アリ(『ムーンライト』)
ジェフ・ブリッジス(『最後の追跡』)
ルーカス・ヘッジズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
デヴ・パテル(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)
マイケル・シャノン(『Nocturnal Animals(原題)』)

助演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス(『Fences(原題)』)
ナオミ・ハリス(『ムーンライト』)
ニコール・キッドマン(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)
オクタヴィア・スペンサー(『Hidden Figures(原題)』)
ミシェル・ウィリアムズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)

監督賞
デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』)
メル・ギブソン(『Hidden Figures(原題)』)
バリー・ジェンキンズ(『ムーンライト』)
ケネス・ロナーガン(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ(『メッセージ』)

長編アニメ映画賞
『Kubo and the Two Strings(原題)』(ライカ/フォーカス・フィーチャーズ)
『モアナと伝説の海』(米ウォルト・ディズニー・スタジオ)
『My Life as a Zucchini(原題)』(GKIDS)
『レッドタートル ある島の物語』(ソニー・ピクチャーズ・クラシックス)
『ズートピア』(米ウォルト・ディズニー・スタジオ)

短編アニメ映画賞
『Blind Vaysha(原題)』(セオドア・ウシェフ)
『Borrowed Time(原題)』(アンドリュー・コーツ、ルー・ハムー・ラジ)
『Pear Cider and Cigarettes(原題)』(ロバート・ヴァレイ、カーラ・スペラー)
『Pearl(原題)』(パトリック・オズボーン)
『ひな鳥の冒険』(アラン・バリラーロ、マーク・ソンドハイム)

脚色賞
『メッセージ』(エリック・ハイセラー)
『Fences(原題)』(オーガスト・ウィルソン)
『Hidden Figures(原題)』(セオドア・メルフィ、アリソン・シュレーダー)
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(ルーク・デイヴィス)
『ムーンライト』(バリー・ジェンキンズ、タレル・マクレイニー)

脚本賞
『20センチュリー・ウーマン』(マイク・ミルズ)
『最後の追跡』(テイラー・シェリダン)
『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル)
『ロブスター』(エフティミス・フィリップ、ヨルゴス・ランティモス)
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(ケネス・ロナーガン)

撮影賞
『メッセージ』(ブラッドフォード・ヤング)
『ラ・ラ・ランド』(リヌス・サンドグレン)
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(グリーグ・フレイザー)
『ムーンライト』(ジェームズ・ラクストン)
『沈黙―サイレンス―』(ロドリゴ・プリエト)

長編ドキュメンタリー賞
『13th -憲法修正第13条-』(エヴァ・デュヴァネイ監督)
『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』(ジャンフランコ・ロージ監督)
『I Am Not Your Negro(原題)』(ラウル・ペック監督)
『Life, Animated(原題)』(ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督)
『O.J: Made in America(原題)』(エズラ・エデルマン監督)

短編ドキュメンタリー賞
『4.1 Miles(原題)』
『Extremist(原題)』
『Joe’s Violin(原題)』
『Watani My Homeland(原題)』
『The White Helmets(原題)』

短編実写映画賞
『Ennemis Interieurs(原題)』
『La Femme et le TGV(原題)』
『Silent Nights(原題)』
『Sing(原題)』
『Timecode(原題)』

外国語映画賞
『幸せなひとりぼっち』(スウェーデン/ハンネス・ホルム監督)
『ヒトラーの忘れもの』(デンマーク/マーチン・サントフリート監督)
『タンナ』(オーストラリア/マーティン・バトラー監督)
『セールスマン』(イラン/アスガル・ファルハーディー監督)
『Toni Erdmann(原題)』(ドイツ/マーレン・アーデ監督)

編集賞
『メッセージ』(ジョー・ウォーカー)
『Hacksaw Ridge(原題)』(ジョン・ギルバート)
『最後の追跡』(ジェイク・ロバーツ)
『ラ・ラ・ランド』(トム・クロス)
『ムーンライト』(ジョイ・マクミロン、ナット・サンダース)

音響編集賞
『メッセージ』
『バーニング・オーシャン』
『Hacksaw Ridge(原題)』
『ラ・ラ・ランド』
『ハドソン川の奇跡』

録音賞
『メッセージ』
『Hacksaw Ridge(原題)』
『ラ・ラ・ランド』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
『13時間 ベンガジの秘密の兵士』

美術賞
『メッセージ』(パトリス・ヴァーメット、ポール・ホッテ)
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(スチュアート・クレイグ、ジェームス・ハンバッジ、アンナ・ピノック)
『ヘイル、シーザー!』(ジェス・ゴンコール、ナンシー・ハイ)
『ラ・ラ・ランド』(デヴィッド・ワスコ、サンディ・レイノルズ・ワスコ)
『パッセンジャー』(ガイ・ヘンドリックス・ディアス、ジーン・サーデナ)

作曲賞
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(ミカ・レヴィ)
『ラ・ラ・ランド』(ジャスティン・ハーウィッツ)
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(ハウシュカ、ダスティン・オハロラン)
『ムーンライト』(ニコラス・ブリテル)
『パッセンジャー』(トーマス・ニューマン)

歌曲賞
『Audition (The Fools Who Dream)』(『ラ・ラ・ランド』)
『Can’t Stop the Feeling!』(『Trolls(原題)』)
『City of Stars』(『ラ・ラ・ランド』)
『The Empty Chair』(『Jim: The James Foley Story(原題)』)
『How Far I’ll Go』(『モアナと伝説の海』)

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
『幸せなひとりぼっち』
『スター・トレック BEYOND』
『スーサイド・スクワッド』

衣装デザイン賞
『マリアンヌ』(ジョアンナ・ジョンストン)
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(コリーン・アトウッド)
『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(コンソラータ・ボイル)
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(マデリーン・フォンテーヌ)
『ラ・ラ・ランド』(メアリー・ゾフレス)

視覚効果賞
『バーニング・オーシャン』
『ドクター・ストレンジ』
『ジャングル・ブック』
『Kubo and the Two Strings(原題)』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

=======================================

◎72代横綱誕生「稀勢の里」

↓(朝日新聞デジタルより)
稀勢の里が25日、横綱に昇進した。猛稽古の末につかんだ綱。初土俵から15年、晴れの日を迎えた。
 1998年夏場所で昇進を決めた66代横綱若乃花以来、19年ぶりに生まれる日本出身の横綱。昇進伝達式の会場となった都内の高級ホテルには、大勢の報道陣が詰めかけた。午前9時半過ぎ、日本相撲協会からの伝達の使者が到着。両親や関係者らに見守られるなか、昇進を伝えられた。
 口上は「横綱の名に恥じぬよう、精進いたします」。緊張からか「ちょっとかんでしまった」とはにかみ、四字熟語などを交えずシンプルな内容にしたことについて「自分の今の気持ちをそのまま伝えました」。新横綱としての覚悟を問われると、「普段の生き方も見られる。人間的にも成長して、尊敬されるような横綱になりたい。もっともっと強くなって、皆さんに応援してもらえるように頑張ります」と誓った。
新横綱.jpg

========================================

◎全豪オープンテニス

【女子シングルス準々決勝】
ミルヤナ・ルチッチ バローニ(CRO)6-4、3-6、6-4⑤カロリーナ・プリスコバ

セレナ・ウイリアムズ(USA) 6-2、6-3  ⑨ジョハナ・コンタ(GBR)

【男子シングルス準々決勝】
グリゴール・ディミトロフ(BUL)6-3、6-2、6-4⑪ダビド・ゴファン(BEL)

ラファエル・ナダル(ESP) 6-4、7-6、6-4 ③ミロシュ・ラオニッチ(CAN)


※女子ダブルス準決勝に穂積絵莉/加藤未唯の日本人ペアが出場。第2シードのベサニー・マテック サンズ(アメリカ)/ルーシー・サファロバ(チェコ)組を相手にフルセットの激闘を繰り広げるも、惜しくも敗戦。決勝進出はならなかった。
 日本人ペアとしては15年ぶりにグランドスラムの準決勝に駒を進めた穂積・加藤組。決勝進出という史上初の快挙に向け、第2シードのペアに挑んだこの日は、第1セットこそ2-6で落とすも、第2セットを6-4で奪い返す。勝負の第3セット、一進一退の戦いを繰り広げるが、4-5で迎えた第10ゲームで痛恨のブレイクを許し、ゲームセット。わずかに力及ばず、準決勝で涙を飲んだ。

※34歳のルチッチ バローニは、ベスト4に進出した1999年のウィンブルドン以来、およそ18年ぶりにグランドスラムの4強入りを果たしている。
今大会は、ベテラン選手の活躍が目立ちますね。ルチッチ34歳、フェデラー35歳、セレナ35歳、ビーナス36歳と、ベスト4の半数が30代半ばです。

#####################################
nice!(21)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第40回日本アカデミー賞優秀賞発表、全豪オープン開幕、関西スポーツ賞 [映画]

1月17日(火)   昨日、日本アカデミー賞のノミネートが発表されました。

◎日本アカデミー賞『怒り』が最多12の優秀賞 『シン・ゴジラ』は11賞
↓(msnエンタメより)
16日、第40回日本アカデミー賞の優秀賞が発表され、映画『怒り』が優秀作品賞、優秀監督賞(李相日)、優秀主演女優賞(宮崎あおい)、優秀助演男優賞(妻夫木聡、森山未來)、優秀助演女優賞(広瀬すず)など最多12の優秀賞に輝いた。広瀬ふんする女子高生の同級生役に抜てきされた18歳の佐久本宝も新人俳優賞に選ばれた。
 同作は『悪人』の監督・李相日と原作者・吉田修一コンビが再びタッグを組んだ作品。現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描く。宮崎が役づくりで約7キロ増量したことや、妻夫木が綾野剛と同性カップルを演じたこと、広瀬がショッキングなシーンに挑んだことも話題になった。広瀬は『ちはやふる -上の句-』で優秀主演女優賞、宮崎は『バースデーカード』で優秀助演女優賞にも選ばれている。
 『シン・ゴジラ』が優秀作品賞、優秀監督賞(庵野秀明/樋口真嗣)、優秀主演男優賞(長谷川博己)、優秀助演女優賞(石原さとみ、市川実日子)など11賞、『64-ロクヨン-前編』が優秀作品賞、優秀監督賞(瀬々敬久)、優秀主演男優賞(佐藤浩市)など10賞を受賞し、『怒り』に続いた。各部門の最優秀賞は3月3日に行われる授賞式で発表される。
日本アカデミ1・怒り.jpg

キネマ旬報ベストテンでは、1位が「この世界の片隅に」、2位「シン・ゴジラ」、10位「怒り」であった。3月3日が楽しみですね。

■優秀作品賞
『怒り』
『家族はつらいよ』
『シン・ゴジラ』
『湯を沸かすほどの熱い愛』
『64-ロクヨン-前編』

■優秀アニメーション作品賞
『君の名は。』
『映画「聲の形」』
『この世界の片隅に』
『ルドルフとイッパイアッテナ』
『ONE PIECE FILM GOLD』

■優秀監督賞
庵野秀明/樋口真嗣『シン・ゴジラ』
新海誠『君の名は。』
瀬々敬久『64-ロクヨン-前編』
中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』
李相日『怒り』

■優秀主演男優賞
綾野剛『日本で一番悪い奴ら』
岡田准一『海賊とよばれた男』
佐藤浩市『64-ロクヨン-前編』
長谷川博己『シン・ゴジラ』
松山ケンイチ『聖の青春』

■優秀主演女優賞
大竹しのぶ『後妻業の女』
黒木華『リップヴァンウィンクルの花嫁』
広瀬すず『ちはやふる -上の句-』
宮崎あおい『怒り』
宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』

■優秀助演男優賞
竹原ピストル『永い言い訳』
妻夫木聡『怒り』
東出昌大『聖の青春』
森山未來『怒り』
リリー・フランキー『SCOOP!』

■優秀助演女優賞
石原さとみ『シン・ゴジラ』
市川実日子『シン・ゴジラ』
杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
広瀬すず『怒り』
宮崎あおい『バースデーカード』

■優秀脚本賞
新海誠『君の名は。』
中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』
久松真一/瀬々敬久『64-ロクヨン-前編』
山田洋次/平松恵美子『家族はつらいよ』
李相日『怒り』

■優秀外国作品賞
『オデッセイ』
『ズートピア』
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハドソン川の奇跡』
『レヴェナント:蘇えりし者』

■新人俳優賞
杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
高畑充希『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
橋本環奈『セーラー服と機関銃 -卒業-』
岩田剛典『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
坂口健太郎『64-ロクヨン-前編』『64-ロクヨン-後編』
佐久本宝『怒り』
千葉雄大『殿、利息でござる!』
真剣佑『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』

※最多受賞数に新人俳優賞は含まず

======================================

◎全豪オープン開幕、錦織は初戦フルセットの辛勝

私は、仕事のため、テレビ中継を見れませんでしたが、格下相手にフルセットの辛勝とは、先が思いやられますね。

↓(サンスポより)
 テニス・全豪オープン(16日、豪州メルボルン) 四大大会第1戦が開幕。男子単で初制覇に挑む第5シードで世界ランキング5位の錦織圭(27)=日清食品=は同45位のアンドレイ・クズネツォフ(25)=ロシア=に5-7、6-1、6-4、6-7、6-2でフルセット勝ちした。過去の対戦成績は錦織の2勝1敗で、昨年の全仏オープンとウィンブルドン選手権ではストレート勝ちしている。
 錦織は順当に勝ち進むと4回戦で第10シードのトマーシュ・ベルディハ(31)=チェコまたは元世界1位で第17シードのロジャー・フェデラー(35)=スイス=と当たり、準々決勝で第1シードのアンディ・マリー(29)=英国=と激突する厳しいゾーンに入った。

全豪オープンには、日本人選手は9名がシングルスに出場しています。
男子は、錦織圭、西岡良仁、添田豪の3名。女子は、奈良くるみ、穂積絵莉、土居美咲、日比野菜緒、尾崎里紗、大坂なおみの6名です。
【日本人選手の1回戦の結果】
錦織 圭 5-7、6-1、6-4、6-7、6-2 ●アンドレイ・クズネツォフ(RUS)
○マレク・ジャジリ(TUN) 6-3、6-4、6-3   ●添田 豪
○アナスタシア・セバストワ(LAT)  6-4、リタイア   ●日比野菜緒
○ポリーヌ・パルモンティエ(FRA) 7-5、7-5   ●土居美咲
○シュテファニー・フェーゲレ(SUI) 2-6、6-2、6-3 ●奈良くるみ
○カリナ・ビットヘフト(GER)  5-7、6-7   ●穂積絵莉

=======================================

◎第60回関西スポーツ賞

関西運動記者クラブが選ぶ第60回関西スポーツ賞の表彰式が16日、大阪市内であり、特別と功労を含む10氏2団体が表彰された。

【団体】シンクロナイズド・スイミング日本代表=乾友紀子、吉田胡桃、中村麻衣、丸茂圭衣、中牧佳南、林愛子(以上井村シンクロク)、井村雅代ヘッドコーチ▽卓球女子日本代表=伊藤美誠(スターツ、大阪・昇陽高)、村上恭和監督(日本生命)
【個人】大野将平(柔道、旭化成)▽荒賀龍太郎(空手、荒賀道場)▽亀代順哉(ゴルフ、大院大)▽本田真凜(フィギュアスケート、大阪・関大中)▽山本篤(障害者陸上、スズキ浜松AC)【特別】豪栄道(大相撲、境川部屋)▽高山俊(プロ野球、阪神)▽堂安律(Jリーグ、ガ大阪)【功労】故・平尾誠二(ラグビー)、長谷川穂積(ボクシング)

##################################
nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第90回キネマ旬報ベスト・テン、錦織全豪第5シード [映画]

1月13日(金)   去年を代表する映画を選ぶキネマ旬報ベスト・テンが10日、発表され、日本映画の1位には片渕須直監督のアニメーション映画「この世界の片隅に」が選ばれました。アニメーション作品が1位になるのは、昭和63年の「となりのトトロ」以来、28年ぶりです。
キネマ旬報ベスト・テンは、大正8年に創刊された映画専門誌「キネマ旬報」が主催して、1年を代表する映画を映画評論家などが投票によって選ぶもので、今回が90回目と日本で最も歴史がある映画賞です。

◎第90回キネマ旬報ベスト・テン(日本映画部門)
http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/

1位:この世界の片隅に

この世界の片隅に.jpg


2位:シン・ゴジラ

3位:淵に立つ

4位:ディストラクション・ベイビーズ

5位:永い言い訳


6位:リップヴァンウィンクルの花嫁


7位:湯を沸かすほどの熱い愛


8位:クリーピー 偽りの隣人


9位:オーバー・フェンス

10位:怒り



◎個人賞
★主演女優賞:宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」

★主演男優賞:柳楽優弥「ディストラクション・ベイビーズ」

★助演女優賞:杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」

★助演男優賞:竹原ピストル「永い言い訳」

★新人女優賞:小松菜奈
★新人男優賞:村上虹郎
★監督賞:片渕須直
★脚本賞:庵野秀明
★外国映画監督賞:クリント・イーストウッド

※日本における今後の主な映画賞
・2月8日:第59回ブルーリボン賞
・3月3日:第40回日本アカデミー賞

【第88回日本映画ベストテン】
1位:そこのみにて光輝く(呉美保監督)
2位:0.5ミリ(安藤桃子監督)
3位:紙の月(吉田大八監督)
4位:野のなななのか(大林宣彦監督)
5位:ぼくたちの家族(石井裕也監督)
6位:小さいおうち(山田洋次監督)
7位:私の男(熊切和嘉監督)
8位:百円の恋(武正晴監督)
9位:水の声を聞く(山本政志監督)
10位:ニシノユキヒコの恋と冒険(井口奈己監督)
    蜩ノ記(小泉堯史監督)

【第89回日本映画ベストテン】
1位:恋人たち(橋口亮輔監督)
2位:野火(塚本晋也監督)
3位:ハッピーアワー(濱口竜介監督)
4位:海街diary(是枝裕和監督)
5位:岸辺の旅(黒沢清監督)
6位:GONIN サーガ(石井隆監督)
7位:この国の空(荒井晴彦監督)
8位:ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判(成島出監督)
9位:母と暮せば(山田洋次監督)
10位:きみはいい子(呉美保監督)
    ローリング(冨永昌敬監督)

【過去のキネマ旬報ベストテン記事】
2008年第82回(2009.2.19)
2009年第83回(2010.1.16)
2010年第84回(2011.2.21)
2012年第86回(2013.1.13)
2013年第87回(2014年1月10日掲載)

===================================

◎錦織圭、全豪第5シード

↓(朝日新聞デジタルより)
テニスの全豪オープン(16日開幕・メルボルン)のシード選手が12日に発表され、男子シングルスで四大大会初制覇の期待がかかる世界ランキング5位の錦織圭は第5シードに入った。
 ラファエル・ナダル(スペイン)が第9シード、ロジャー・フェデラー(スイス)が第17シードとなり、元世界1位の2人と8強を決める4回戦までに当たる可能性があり「(早い段階で対戦するのは)ちょっと厳しい」と警戒した。
 世界ランク1位のアンディ・マリー(英国)が第1シード、2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シード、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が第3シードとなった。

###################################

nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第74回ゴールデン・グローブ賞授賞式、アカデミー賞前哨戦 [映画]

1月10日(火)   昨日は、AXNチャンネルでのゴールデングローブ賞授賞式をライブ中継で見ました。ドレスアップした女優達も見れて楽しかったです。この賞は、アカデミー賞の前哨戦の中でも最も影響力あるものです。

◎第74回ゴールデン・グローブ賞授賞式
http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_28.html
http://www.afpbb.com/articles/-/3113484
↓(日刊スポーツより)
アカデミー賞の前哨戦として知られる第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が8日、米ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで行われ、ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」が作品賞、監督賞などノミネートされた全7部門を制する快挙で、同賞史上最多受賞を達成した。主演の俳優ライアン・ゴズリングと女優エマ・ストーンもW受賞を果たし、24日に発表されるアカデミー賞ノミネートに大きな弾みとなった。また、映画のドラマ部門主演女優賞は、有力候補と言われた「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」のナタリー・ポートマンを押さえて、仏女優イザベル・ユペールが受賞。同部門主演男優賞には「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレックが輝いた。
 また、長年に渡って映画界に貢献した人物に贈られる特別賞セシル・B・デミル賞を受賞した女優メリル・ストリープは、20日に米大統領に就任するドナルド・トランプ次期大統領を批判するなど約3分半に渡ってハリウッドの環境や政治に対するメッセージを送り、会場は大きな拍手に包まれ総立ちとなった。ハリウッド外国人記者協会の会員投票で決まるゴールデン・グローブ賞は、アカデミー賞の行方を占う上で重要な賞として知られている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)
※「ラ・ラ・ランド」の7部門受賞は、新記録です。

◆作品賞 ドラマ部門
 ・『ムーンライト』(米) 監督:バリー・ジェンキンス
 ・“Manchester by the Sea”(米) 監督:ケネス・ロナーガン
 ・“Lion”(オーストラリア・英・米) 監督:Garth Davis
 ・“Hacksaw Ridge”(オーストラリア・米) 監督:メル・ギブソン
 ・『最後の追跡』“Hell or High Water”(米) 監督:デイヴィッド・マッケンジー
ゴールデン8・ムーンライト.JPG
ゴールデン9.JPG

◆作品賞 コメディー/ミュージカル部門
 ・『ラ・ラ・ランド』(米) 監督:デイミアン・チャゼル
 ・“20th Century Women”(米) 監督:マイク・ミルズ
 ・『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
 ・『シング・ストリート 未来へのうた』
 ・『デッドプール』
ゴールデン6・ララランド.JPG

◆監督賞
 ・デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』
 ・ケネス・ロナーガン “Manchester by the Sea”
 ・バリー・ジェンキンス 『ムーンライト』
 ・トム・フォード “Nocturnal Animals”
 ・メル・ギブソン “Hacksaw Ridge”
ゴールデン4・デイミアン.JPG

◆主演男優賞 ドラマ部門
 ・ケイシー・アフレック “Manchester by the Sea”
 ・デンゼル・ワシントン “Fences”(米)(監督:デンゼル・ワシントン)
 ・ジョエル・エドガートン 『ラビング 愛という名前のふたり』(英・米)(監督:ジェフ・ニコルズ)
 ・アンドリュー・ガーフィールド “Hacksaw Ridge”
 ・ヴィゴ・モーテンセン 『はじまりへの旅』
ゴールデン10・ケイシー.JPG

◆主演男優賞コメディー/ミュージカル部門
 ・ライアン・ゴズリング 『ラ・ラ・ランド』
 ・ヒュー・グラント 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
 ・コリン・ファレル 『ロブスター』
 ・ライアン・レイノルズ 『デッドプール』
 ・ジョナ・ヒル “War Dogs”(米)(監督:トッド・フィリップス)
ゴールデン3・ライアン.JPG

◆主演女優賞 ドラマ部門
 ・ナタリー・ポートマン 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(米・チリ・仏)(監督:パブロ・ラライン)
 ・エイミー・アダムス 『メッセージ』
 ・ジャシカ・チャステイン “Miss Sloane”(仏・米)(監督:ジョン・マッデン)
 ・ルース・ネッガ 『ラビング 愛という名前のふたり』
 ・イザベル・ユペール “Elle”(仏・独・ベルギー)(監督:ポール・ヴァーホーヴェン)
ゴールデン7・ユベール.JPG

◆主演女優賞 コメディー/ミュージカル部門
 ・エマ・ストーン 『ラ・ラ・ランド』
 ・アネット・ベニング “20th Century Woman”
 ・メリル・ストリープ 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
 ・ヘイリー・スタインフェルド “The Edge of Seventeen”(米)(監督:Kelly Fremon Craig)
 ・リリー・コリンズ  “Rules Don’t Apply”(米)(監督:ウォーレン・ベイティ)
ゴールデン5・エマ.JPG

◆助演男優賞
 ・マハーシャラ・アリ 『ムーンライト』
 ・デーヴ・パテル “Lion”
 ・ジェフ・ブリッジス 『最後の追跡』
 ・サイモン・ヘルバーグ 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
 ・アーロン・テイラー=ジョンソン “Nocturnal Animals”
ゴールデン1・ジョンソン.JPG

◆助演女優賞
 ・ヴィオラ・デイヴィス “Fences”
 ・ミシェル・ウィリアムズ “Manchester by the Sea”
 ・ナオミ・ハリス 『ムーンライト』
 ・ニコール・キッドマン “Lion”
 ・オクタヴィア・スペンサー “Hidden Figures”(米)(監督:セオドア・メルフィ)
ゴールデン2・ヴィオラ.JPG

◎第89回米国アカデミー賞前哨戦(主なスケジュール)
12月1日:第82回ニューヨーク映画批評家協会賞
12月4日:第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞 12月11日:サンフランシスコ映画批評家協会賞
12月16日:ラスベガス映画批評家協会賞
1月3日:第82回ニューヨーク映画批評家協会賞
1月7日:第51回全米映画批評家協会賞
1月8日:第74回ゴールデン・グローブ賞
1月24日:第89回米国アカデミー賞ノミネーション発表
1月27日:第67回米映画編集者賞(ACE)
1月28日:第28回米製作者組合賞(PGA)
1月29日:第23回米俳優組合賞(SAG)
2月4日:第69回米監督組合賞(DGA)
2月12日:第70回BAFTA英国アカデミー賞
2月19日:第69回米脚本家組合賞(WGA)
2月25日:第32回インディペンデント・スピリット・アワード
2月26日:第89回米国アカデミー賞 授賞式

【私のアカデミー賞予想】
・作品賞は、「ラ・ラ・ランド」と「ムーンライト」の一騎打ちで、「ラ・ラ・ランド」に軍配。
・監督賞は、「ムーンライト」のバリー・ジェンキンスに軍配
・主演男優賞は、ケイシー・アフレックが大本命。
・主演女優賞は、イザベル・ユペールが大本命。
・助演男優賞は、『ムーンライト』のマハーシャラ・アリに軍配。 
・助演女優賞は、混戦状態、大穴のニコール・キッドマンを推薦。

==========================================

nice!(16)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第39回日本アカデミー賞、 巨人の野球賭博 [映画]

3月10日(木)     日本アカデミー賞の授賞式が3月4日に行われましたので、結果を掲載します。

【誕生の経緯】邦画のシェアが1975年に初めて洋画に逆転され44.4%にまで落ち込んでいました。そのような逆風の中、「日本映画界の復興のために何かをしなければ」という機運が高まりました。  「日本映画人による日本映画人のための日本映画の祭典を」  米国アカデミーAcademy of Motion Picture Arts and Scienceの正式許諾を得て(世界で許諾を得ているのは日本とイギリス・アカデミーのみ)、日本アカデミー賞協会Japan Academy Prize Associationが発足。こうして米国と同様に映画人が選ぶ映画賞・日本アカデミー賞Japan Academy Prizeが誕生したのです。

◎第39回日本アカデミー賞授賞式
開催日:2016年3月4日(金)
会場:グランドプリンスホテル新高輪
司会:西田敏行、宮沢りえ(前回の最優秀主演女優賞)
日本アカデミー1.jpg

↓授賞式の様子の映像は、下記のサイトをご覧ください。
http://mdpr.jp/cinema/detail/1569321

優秀作品賞】 ★は最優秀賞
海街diary
海難1890
日本のいちばん長い日
母と暮せば
百円の恋
※受賞スピーチ:“長女”綾瀬は「本当に嬉しいです。本当に多くの方に観ていただいたということが、何よりもありがたいです」とコメント。また、“次女”長澤は「本当にこの姉妹ができてよかったなと思います」と振り返った。

優秀アニメーション作品賞
心が叫びたがってるんだ。
百日紅~Miss HOKUSAI~
ドラゴンボールZ 復活の「F」
バケモノの子
ラブライブ!The School Idol Movie

優秀監督賞
・大根 仁 「バクマン。」
是枝裕和 「海街diary」
・武 正晴 「百円の恋」
・田中光敏 「海難1890」
・原田眞人 「日本のいちばん長い日」

優秀脚本賞
★足立 紳 「百円の恋」
・小松江里子 「海難1890」
・是枝裕和 「海街diary」
・原田眞人  「日本のいちばん長い日」
・山田洋次/平松恵美子  「母と暮せば」

優秀主演男優賞
・内野聖陽 「海難1890」
・大泉 洋 「駆込み女と駆出し男」
・佐藤浩市 「起終点駅 ターミナル」
二宮和也 「母と暮せば」
・役所広司 「日本のいちばん長い日」
※受賞スピーチ:「すごく嬉しくて、家で『いい酒だな』って思いながら飲みながら観させていただきました。でも、飲んでいくうちに悔しくて、『俺もほしいな』って思ってきて、岡田くんに会ったときに『次はお前だから』と言っていただきました。そのときはピントがあってなかったですし、ここに立つとは思ってなかったです」
「2年連続で先輩の次にいただくというのは、すごく嬉しいですし、嵐の人たちはこの姿を見てくれてると思うし、喜んでくれてると思います」と語りながら、関係者の名前を挙げ「迷惑をかけた人たちに少しでも恩返しをさせていただけると思うと、がんばっていけます」としみじみ。「今日はいい酒が飲めるなと思います」。

優秀主演女優賞
・綾瀬はるか 「海街diary」
・有村架純 「映画 ビリギャル」
安藤サクラ 「百円の恋」
・樹木希林 「あん」
・吉永小百合 「母と暮せば」
※受賞スピーチ:「びっくり…。本当に観てくださったみなさんのおかげです。じわじわとエネルギーが繋がって、こういう場所に来れた映画に出会えたことが嬉しいなと思います」

優秀助演男優賞
・浅野忠信 「母と暮せば」
・新井浩文 「百円の恋」
・伊藤淳史 「映画 ビリギャル」
・染谷将太 「バクマン。」
本木雅弘 「天空の蜂」 、 「日本のいちばん長い日」
※受賞スピーチ:「オファーをいただいて、そのささやかな入り口から、こんなにありがたいことが起こるとは、撮影中は思いもしなかったです。もがき苦しんだ作品だったので、爪が甘かったかなと思うところがありますが、なんとかやりきりました。力んでしまうタイプですが、50代を迎え、いい意味で肩の力が抜けていきそうな気がしています。」

優秀助演女優賞
・夏帆 「海街diary」
黒木 華 「母と暮せば」
・長澤まさみ 「海街diary」
・満島ひかり 「駆込み女と駆出し男」
・吉田 羊 「映画 ビリギャル」
※受賞スピーチ「2回もこの場に同じもので立てると思っていなかったので、山田洋次に感謝してもしきれないなと思いますし、映画館に観に来てくださったお客さんのおかけだなと思います。これからも地道に精進していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします」

新人俳優賞
・有村架純 「映画 ビリギャル」
・土屋太鳳 「orange ーオレンジー」
・広瀬すず 「海街diary」
・藤野涼子 「ソロモンの偽証 前篇・事件」「ソロモンの偽証 後篇・裁判」
・篠原 篤 「恋人たち」
・野田洋次郎 「トイレのピエタ」
・山﨑賢人 「orange ーオレンジー」「ヒロイン失格」
・山田涼介 「映画 暗殺教室」

優秀音楽賞
・大島ミチル「海難1890」
・菅野よう子「海街diary」
★サカナクション「バクマン。」
・富貴晴美「日本のいちばん長い日」
・安川午朗「ソロモンの偽証 前篇・事件」

優秀撮影賞
・柴主高秀「日本のいちばん長い日」
★瀧本幹也「海街diary」
・近森眞史「母と暮せば」
・永田鉄男「海難1890」
・藤澤順一「ソロモンの偽証 前篇・事件」

優秀照明賞
・宮西孝明「日本のいちばん長い日」
★藤井稔恭「海街diary」
・渡邊孝一「母と暮せば」
・安藤清人「海難1890」
・宮西孝明「日本のいちばん長い日」

優秀美術賞
・都築雄二「バクマン。」
・出川三男「母と暮せば」
★花谷秀文「海難1890」
・原田哲男「日本のいちばん長い日」
・三ツ松けいこ「海街diary」

優秀録音賞
・岸田和美「母と暮せば」
・弦巻裕「海街diary」
・照井康政(録音)/矢野正人(整音)「日本のいちばん長い日」
★松陰信彦「日本のいちばん長い日」
・渡辺真司「バクマン。」

優秀編集賞
・石井巌「母と暮せば」
★大関泰幸「バクマン。」
・川島章正「海難1890」
・是枝裕和「海街diary」
・原田遊人「日本のいちばん長い日」

優秀外国作品賞
★アメリカン・スナイパー
・キングスマン
・セッション
・マッドマックス 怒りのデス・ロード
・007 スペクター

協会特別賞
・松田和夫【衣装】
・株式会社ガル・エンタープライズ【予告編制作】

協会栄誉賞
・仲代達矢【俳優】

【過去の日本アカデミー賞記事】
・第30回:2007年2月16日開催(2/17)
・第31回:2008年2月15日開催(2/15)
第32回:2009年2月20日開催(2/20)
・第33回:2010年3月5日開催(3/6)
・第34回:2011年2月18日開催(2/19)
第35回:2012年3月2日開催(3/7)
・第36回:2013年3月8日開催(3/9)
・第37回:2014年3月9日掲載
・第38回:2015年3月1日掲載
・第39回:2016年3月10日掲載

================================

◎なでしこ、最終戦北朝鮮を下す

↓(朝日新聞デジタルより)
サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選の最終日は9日、キンチョウスタジアムなどで3試合があり、4大会連続の五輪出場を逃した世界ランク4位の日本は、同6位の北朝鮮との最終戦に臨んだ。

 日本は後半35分、岩渕のゴールで均衡を破り、1―0で勝利。日本の先発はGK山根、DF近賀、岩清水、熊谷、有吉、MF中島、宮間、阪口、鮫島、FW横山、大儀見。ベトナム戦から先発を8人入れ替えた。

 世界ランク18位の韓国は同29位のベトナムを4―0で下した。同9位のオーストラリアは同17位の中国と対戦。すでにオーストラリアと中国の五輪出場が決まっている。



===============================

◎巨人の野球賭博問題


##########################
nice!(23)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第88回アカデミー賞授賞式Ⅵ、シャラポワ・ドーピング違反 [映画]

3月9日(水)     いよいよアカデミー賞授賞式の模様の最終回です。

↓監督賞のプレゼンター:J・J・エイブラムス(脚本家、製作者、監督)
オスカー31・監督.jpg
オスカー32.jpg

↓監督賞:「レヴェナント:蘇えりし者」 アレハンドロ・G・イニャリトゥ
オスカー33.jpg
オスカー34・監督.jpg
オスカー35・監督.jpg
↑「アカデミーに感謝します。こんなことが起きるなんて、信じられません。今夜、この賞を受賞できたのは驚くべきことです。この映画を可能にしてくれた、才能豊かでクレイジーなキャストや同僚、クルーたちみんなと、この受賞を分かち合いたいと思っています。一人一人に心から感謝いたします。レオ、君こそが“蘇えりし者”だ。全力で魂、演技力、人生を(この作品に)注ぎ込んでくれてありがとう。
トム・ハーディ、アメリカ先住民族のキャストのみなさん、そして英国系アメリカ人キャストのみなさん、あなたがたの信頼と才能にとても感謝しています。チヴォ(撮影監督のエマニュエル・ルベツキ)にも感謝したい。ここまでの道のりに光を当ててくれてありがとう。
そしてアーノン・ミルチャン(プロデューサー)にも。あなたの無条件のサポートに感謝しています。そのほかのプロデューサー、メアリー・ペアレント、スティーヴ・ゴリンをはじめ、20世紀フォックス、リージェンシー・エンタープライズのみなさんにも感謝します。
今夜、この場にいられるわたしは、本当に幸せ者です。しかし残念なことに、大勢の人たちが同じような巡り合わせを経験していません。この映画の中に、あるセリフがあります。主人公グラスが、息子にこう言うのです。「肌の色で無視されることがあるんだ」と。そして、あらゆる偏見や部族的な考え方から自らを解放させるのに、わたしたちの世代はなんて絶好の機会なのでしょうか。肌の色はまったく意味がなく、髪の長さと同じくらい無意味なものなんだと。主に捧げます。どうもありがとうございました。」


↓オーケストラの指揮者:ハロルド・ウィーラー(エミー賞やトニー賞候補者)を紹介
オスカー36・指揮者.jpg

↓主演女優賞のプレゼンター:エディ・レッドメイン(昨年の主演男優賞、今年も候補者)
オスカー37・主演女優.jpg
オスカー38・主演女優.jpg

↓主演女優賞:「ルーム」 ブリー・ラーソン
オスカー39・主演女優.jpg
オスカー40・主演女優.jpg
オスカー41・主演女優.jpg
↑「ありがとうございます。まず、アカデミーに感謝します。映画作りでわたしが好きなことは、どれだけ多くの人々が関わったのかということです。なので、最初にこの作品を上映し、チャンスを与えてくれた、テルライド映画祭とトロント国際映画祭に感謝したいです。それからこの映画を配給し、世界に広めてくれた、映画配給会社のA24にも感謝しています。
われらが監督、レニー・アブラハムソンにも感謝します。彼は信じられないくらいすばらしいの。この世界を創り出した、(原作者の)エマ・ドナヒューにも感謝します。この作品でのわたしの唯一無二のパートナー、ジェイコブ・トレンブレイもありがとう。
わたしの実生活でのパートナー、アレックスにも感謝します。あなたの全てを愛しているわ。わたしの両親、所属事務所、マネージャーのクリス・フィオト、アン・ウッドワード、リンゼイ・ゲイリン、そしてチームのそのほかのみんな、友人、家族に。「ルーム」に携わったみなさんに感謝します。
映画ファンにも感謝します。劇場でわたしたちの映画を観てくれた人にも感謝します。本当に感謝しています。ありがとう。」


↓主演男優賞のプレゼンター:ジュリアン・ムーア(昨年の主演女優賞)
オスカー42・主演男優.jpg
オスカー43・主演男優.jpg
オスカー44・主演男優.jpg

↓主演男優賞:「レヴェナント:蘇えりし者」 レオナルド・ディカプリオ(6回目のノミネートで初受賞)
オスカー45・主演男優.jpg

↓ディカプリオの感動的な受賞スピーチ
オスカー46.jpgオスカー47.jpg
オスカー48.jpgオスカー49.jpg
オスカー50.jpgオスカー51・.jpg
オスカー52.jpgオスカー53.jpg
オスカー54.jpgオスカー55.jpg
オスカー56.jpgオスカー57.jpg
オスカー58.jpgオスカー59.jpg
↑「ありがとう。本当にありがとうございます。アカデミーの皆さんに感謝します。ここにいらっしゃる皆さまに感謝します。また、ほかのノミネートされた方たちのすばらしい演技を称賛しなければなりません。「レヴェナント:蘇えりし者」というのは信じがたいような不断の努力のキャスト、そしてスタッフの成果です。まずは、兄弟のようなトム・ハーディ。僕がトムのすさまじい才能を越えられるのは、仕事以外では友情だけです。(アレハンドロ・G・)イニャリトゥ監督、過去2年間において映画史に名を刻みました。すばらしい才能です。あなたとエマニュエル・ルベツキが卓越した映画体験を創り出してくれたことに感謝したいです。FOXとニューリージェンシーの皆さん、特にアーノン・ミルチャンに感謝します。チームの全員に感謝します。
わたしのキャリアの始まりからすべての人に感謝しなければなりません。マイケル・ケイトン=ジョーンズ、最初の映画でキャスティングしてくれた人。(マーティン・)スコセッシ監督、映画という芸術表現についていろいろと教えてくれました。リック・ヨーン、この業界について助けてくれました。そして両親に感謝します。あなた方がいなければ、何一つ起こり得なかったのです。友達の皆、愛しています。あなたのこと……ってわかりますよね?
そして最後にこれを言わせてください。「レヴェナント:蘇えりし者」というのは人間と自然界の関係を描いたものです。2015年、世界全体で歴史上気温が最も高くなりました。雪を見つけるために南極の方まで行かなければなりませんでした。気候変動というのは実際に起きています。これはすべての種族が直面している最も切迫した危機です。わたしたちは力を合わせて、先延ばしにすることなく共に行動を起こす必要があります。世界中の指導者たちをサポートしていかなければなりません。
大規模な公害汚染源や、大企業について話すのでなく、全人類のため、世界中の先住民のため、最も環境汚染の影響を受ける何十億という恵まれない人たち、子供たちの子供たち、強欲な政治家によって声をかき消された人たちのために働く政治家をサポートしなければなりません。今夜はこのようなすばらしい賞をありがとうございます。この地球を当たり前のものと考えるのはやめましょう。今夜の出来事を当たり前のことにはしません。本当にありがとうございました。」


↓作品賞のプレゼンター:モーガン・フリーマン
オスカー60・作品.jpg
オスカー61・作品.jpg

↓作品賞:「スポットライト 世紀のスクープ」
オスカー62.jpg
オスカー63.jpg
オスカー64.jpg
オスカー65.jpg

【受賞一覧】
作品賞は:「スポットライト 世紀のスクープ」!
主演男優賞は:レオナルド・ディカプリオ(「レヴェナント 蘇えりし者」)!
主演女優賞は:ブリー・ラーソン(「ルーム」)!
監督賞は:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「レヴェナント 蘇えりし者」)!
主題歌賞は:"WRITING'S ON THE WALL"(「007 スペクター」)!
作曲賞は:エンニオ・モリコーネ(「ヘイトフル・エイト」)!
外国語映画賞は:「サウルの息子(ハンガリー)」!
短編実写映画賞は:「Stutterer」!
長編ドキュメンタリー賞は:「AMY エイミー」!
短編ドキュメンタリー賞は:「A Girl in the River: The Price of Forgiveness」!
助演男優賞は:マーク・ライランス(「ブリッジ・オブ・スパイ」)!
長編アニメーション賞は:「インサイド・ヘッド」!
短編アニメーション賞は:「Historia De Un Oso(英題:Bear Story)」!
視覚効果賞は:「Ex Machina」!
録音賞は:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」!
音響編集賞は:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」!
編集賞は:マーガレット・シクセル(「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)!
撮影賞は:エマニュエル・ルベツキ(「レヴェナント 蘇えりし者」)!
メイクアップ&ヘアスタイリング賞は:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」!
美術賞は:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」!
衣装デザイン賞は:ジェニー・ビーバン(「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)!
助演女優賞は:アリシア・ビカンダー(「リリーのすべて」)!
脚色賞は:チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ(「マネー・ショート 華麗なる大逆転」)!
脚本賞は:ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー(「スポットライト 世紀のスクープ」)!

※「マッドマックス怒りのデス・ロード」は6冠、「レヴェナント蘇えりし者」は3冠、「スポットライト世紀のスクープ」は2冠でした。作品賞をとった「スポットライト世紀のスクープ」は作品賞以外に主要賞を受賞出来なかったのは寂しいですね。

【第88回アカデミー賞授賞式のブログ記事一覧】
・第88回アカデミー賞授賞式Ⅰ:2016年3月2日掲載
・第88回アカデミー賞授賞式Ⅱ:2016年3月4日掲載
・第88回アカデミー賞授賞式Ⅲ:2016年3月5日掲載
・第88回アカデミー賞授賞式Ⅳ:2016年3月6日掲載
・第88回アカデミー賞授賞式Ⅴ:2016年3月8日掲載
・第88回アカデミー賞授賞式Ⅵ:2016年3月9日掲載

==============================

◎昨日の阪神タイガース(オープン戦)
回数:123・456・789・・・・・・・計・・・・・・・(安打)  甲子園
西武:010・102・000・・・・・・・4・・・・・・・(10)
阪神:101・000・000・・・・・・・2・・・・・・・・(6)

【マルチ安打】梅野2
【打点】鳥谷1
【投手】
・藤浪   5回:6安打、6三振、2四球、2失点(三振も多いが6安打2四球は多過ぎる)
●安藤   1回:4安打、無三振、1四球、2失点(コメントする価値なし)
・マテオ  1回:無安打、1三振、無四球、無失点
・ドリス  1回:無安打、2三振、1四球、無失点
歳内   1回:無安打、無三振、無四球、無失点
○野上   5回:4安打、2三振、無四球、2失点

※逆転負けは悔しいですね。高山が甲子園連続試合安打を継続中。

===============================

◎シャラポワ、ドーピング違反

↓(朝日新聞デジタルより)
女子テニス界屈指のスター、マリア・シャラポワ(28)=ロシア=のドーピング違反が明らかになった。7日、本人が米ロサンゼルスで記者会見し、今年1月の全豪オープンの検査で、禁止薬物メルドニウムの陽性反応が出たことを公表した。
 会見でシャラポワは「全責任は私にある。大きな間違いを犯した」と謝り、「選手のキャリアをこのような形で終えたくない」と引退は否定した。世界反ドーピング機関(WADA)の規定では4年間の出場停止となる可能性がある。
 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)によると、メルドニウムは代謝を調整する薬で、心臓の治療薬として東欧を中心に流通している。多くのアスリートから検出されるため、WADAが2015年1月に監視プログラムに入れて観察。持久力向上、回復力アップなどの効果があると認定され、今年1月、禁止リストに加えられた。シャラポワは06年から「健康上の理由」で摂取したと説明し、禁止リストに入ったことを確認しなかったという。


#############################
nice!(18)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第88回アカデミー賞授賞式Ⅴ、日本はデ杯も女子サッカーも敗退決定 [映画]

3月8日(火)     アカデミー賞授賞式の記事に戻ります。

アカデミー会長、シェリル・ブーン・アイザックスの挨拶
オスカー10・会長あいさつ.jpg

↓「追悼」のプレゼンター:ルイス・ゴセット・ジュニア
オスカー11・プレゼンター.jpg

↓ディヴ・グロールのパフォーマンスとともに、映像で偲ぶ
オスカー12・グロールのパフォーマンス.jpg

↓追悼:モーリーン・オハラ
オスカー13・オハラ.jpg

↓追悼:オマー・シャリフ
オスカー14・シャリフ.jpg

↓追悼:デヴィッド・ボウイ
オスカー15・ボウイ.jpg

短編実写映画賞のプレゼンター:エイブラハム・アッター、ジェイコブ・トレンブレイ
オスカー16・短編実写映画.jpg

短編実写映画賞:「スタッタラー」 ベンジャミン・クリアリー、セレナ・アーミテイジ
オスカー17・短編実写.jpg

外国語映画賞のプレゼンター:ソフィア・ヴェルガラ、イ・ビョンホン
オスカー18・外国語映画.jpg

外国語映画賞:「サウルの息子」 ハンガリーのネメシュ・ラースロー監督
オスカー19・外国語.jpg
↑ 本命!  ハンガリー映画として、『サウルの息子』のノミネートは、『ハヌッセン』以来27年ぶり9回目のノミネートで、『メフィスト』以来34年ぶり2回目の受賞。

歌曲賞候補のプレゼンター:アメリカ合衆国副大統領のジョー・バイデン(スタンディング オーベーション)
オスカー20・歌曲賞候補.jpg
↑”立たないでください” ”拍手したいのは私の方です” ”今も大学で多くの女性と男性が性的暴行に苦しんでいます” ”自身もサバイバーであるレディー・ガガです”

歌曲賞候補:”TIL IT HAPPENS TO YOU” 映画「ザ・ハンティング・グラウンド」よりレディー・ガガ
オスカー21・ガガ.jpg
オスカー22・ガガ.jpg


作曲賞のプレゼンター:クレンシー・ジョーンズ、ファレル・ウィリアムス
オスカー23・作曲.jpg

作曲賞:「ヘイトフル・エイト」 エンニオ・モリコーネ
オスカー24・作曲.jpg
オスカー25.jpg

歌曲賞のプレゼンター:ジョン・レジェンド、コモン
オスカー26・歌曲賞.jpg

歌曲賞: "WRITING'S ON THE WALL" 「007/スペクター」作詞作曲:ジミー・ネイプス、サム・スミス
オスカー27・歌曲.jpg
↑やや意外! ゴールデン・グローブ賞と一致。ジミー・ネイプスとサム・スミスは初ノミネート初受賞。
「ジミー・ネイプス、ありがとう。他のノミネートされている候補者の皆さんも素晴らしいです。レディー・ガガも素晴らしいですよね。最近、一つの記事を読みました。オスカーの記事でしたが、いづれにしてもLGBTの世界中の皆さんに捧げたいと思っています。私はここに立っていますが、本当に同性愛者として誇りを持っています。そして、同姓愛者に対してこれからもっと対等になることを祈っています」

作品賞候補のプレゼンター:サシャ・バロン・コーエン、オリヴィア・ワイルド
オスカー28・作品賞候補.jpg


↓★「ルーム
オスカー29・ルーム.jpg

↓★「ブルックリン
オスカー30・ブルックリン.jpg

※いよいよ残るは、監督賞、主演女優賞、主演男優賞、作品賞の4部門だけです。これらは次回にアップします。

=================================

◎デ杯、錦織がマレーと激闘するが敗退

テニスの男子国別対抗戦デビスカップ(デ杯)ワールドグループ1回戦最終日が6日、英バーミンガムであり、日本は昨年の覇者、英国との対戦で1勝3敗で負け越しが決まり、準々決勝進出を逃した。前日まで1勝2敗だった日本はこの日、世界ランキング6位の錦織圭(日清食品)が同2位のアンディ・マリーとのエース対決に5―7、6―7、6―3、6―4、3―6とフルセットの末に敗れた。

※私は深夜、3セットまでライブ放送を見ていましたが、翌朝出勤するため、就寝しました。朝、フルセットの末、錦織が負けたと知り、残念に思いました。第2セットは、錦織がセットポイントを握りながら失い、2セットビハインドから猛反撃しました。3セント目の試合内容から見て、錦織が勝てた試合でしたね。

===============================

◎なでしこ、五輪出場逃す

↓(朝日新聞デジタルより)
大阪で開催されているサッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選で7日、日本女子代表(なでしこジャパン)は3位以下が確定し、上位2チームに与えられるリオ五輪出場権を逃した。

 日本はこの日、ベトナムを6―1で破った。だが、この試合前に中国が韓国に勝って勝ち点を10としたため、日本が9日の北朝鮮戦に勝っても勝ち点は7にとどまり、上回ることができなくなった。オーストラリアは4日に勝ち点を9としていた。

 日本が五輪に出場できないのは、2000年シドニー大会以来。04年アテネ以降、3大会連続で出場し、12年ロンドンでは銀メダルを獲得していた。

###################################


nice!(18)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第88回アカデミー賞授賞式Ⅳ、卓球団体女子決勝進出 [映画]

3月6日(日)     アカデミー賞授賞式の模様の続きです。

作品賞候補のプレゼンター:リース・ウィザースプーン、ケイト・ウィンスレット
アカデミー31・作品賞.jpg

↓★「ブリッジ・オブ・スパイ
アカデミー32・ブリッジ・オブ・スパイ.jpg

↓★「スポットライト 世紀のスクープ
アカデミー33・スポットライト.jpg

↓街のインタビュー映像
アカデミー34・街のインタビュー.jpg

助演男優賞のプレゼンター:パトリシア・アークエット(前年の助演女優賞受賞)
アカデミー35・助演男優.jpg
アカデミー36・助演男優.jpg

助演男優賞:「ブリッジ・オブ・スパイ」 マーク・ライランス
アカデミー37・助演男優.jpg
アカデミー38・助演男優.jpg
アカデミー39・助演男優.jpg

↑意外! 全米映画賞レースの前半戦をリードしていたマーク・ライランスが初ノミネート初受賞。
 俳優組合賞(SAG)と不一致、AACTAオーストラリア・アカデミー賞 インターナショナル・アワード、BAFTA英国アカデミー賞と一致。黒人票が、『クリード チャンプを継ぐ男』を通して、シルヴェスター・スタローンに流れることはなかったようです。
英俳優のマーク・ライランスが、スティーブン・スピルバーグ監督のサスペンスドラマ「ブリッジ・オブ・スパイ」で助演男優賞を受賞した。オスカー像を手にしたライランスは、「スティーブン・スピルバーグという素晴らしい物語を語る人と一緒に仕事ができて本当に光栄です。彼は愛情を持って指導力を発揮するので、すべての職人に愛されています。トム・ハンクスもそうです。トム・ハンクスと一緒に仕事をしたら(受賞の)助けになるかと聞かれるのですが、確かにイエスです」とスピーチした。

短編ドキュメンタリー賞のプレゼンター:ルイス・C・K
アカデミー40・短編ドキュメンタリー.jpg

短編ドキュメンタリー賞:「ア・ガール・イン・ザ・リヴァー」 シャーミーン・オベイド=チノイ
アカデミー41・短編ドキュメンタリー.jpg
アカデミー42・短編ドキュメンタリー.jpg
↑シャーミーン・オベイド=チノイは、『セイビング・フェイス 魂の救済』で米国アカデミー賞2012短編ドキュメンタリー賞を受賞し、初めて米国アカデミー賞を受賞したパキスタン人となり、今回、4年ぶり2回目の受賞。

長編ドキュメンタリー賞のプレゼンター:デヴ・パテル、デイジー・リドリー
アカデミー43・長編ドキュメンタリー.jpg

長編ドキュメンタリー賞:「AMYエイミー」 アシフ・カパディア、ジェームズ・ゲイ=リース
アカデミー44・長編ドキュメンタリー.jpg
↑ 初ノミネート初受賞。PGA、ACE、BAFTA英国アカデミー賞と一致、シネマ・アイ・オナーズ、DGA、WGAと不一致。


↓東洋系の子供三人
アカデミー45・東洋系子供.jpg


↓クッキーの売り上げ発表
アカデミー46・クッキー.jpg
アカデミー47.jpg

特別賞のプレゼンター:ウービー・ゴールドバーグ
アカデミー48・特別.jpg

↓特別賞の授賞式の映像
アカデミー49・.jpg
アカデミー50.jpg
アカデミー51・特別.jpg
↑アカデミーは2015年11月14日に第6回ガヴァナーズ賞(英語版)授賞式を行い、以下の3人に賞を授与した。(名前をクリックすると、リンクしています)
アカデミー名誉賞:スパイク・リージーナ・ローランズ
ジーン・ハーショルト友愛賞:デビー・レイノルズ

=============================

◎デ杯・日本対英国の初日は1勝1敗

男子テニスの国別対抗戦、デ杯ワールドグループ(WG)1回戦、日本―英国第1日は4日、英国のバーミンガムでシングルス2試合が行われ、日本は世界ランキング6位の錦織圭(日清食品)が世界157位のダニエル・エバンズを6―3、7―5、7―6で下し、1勝1敗とした。

 世界87位のダニエル太郎(エイブル)は2連覇を目指す英国のエースで世界2位のアンディ・マリーに1―6、3―6、1―6で完敗した。

 5日の第2日はダブルス1試合、6日の最終日はシングルス2試合で対戦相手が入れ替わる。先に3勝したチームが7月の準々決勝に進む。(共同)



================================

◎卓球・世界選手権団体女子は決勝進出

リオデジャネイロオリンピックの前哨戦となる卓球の団体戦の世界選手権で、日本の女子が準決勝で北朝鮮に競り勝ち、2大会連続で決勝に進みました。

団体戦で争う卓球の世界選手権は、マレーシアで行われていて、シングルス5試合のうち、先に3勝したチームの勝利となります。すでにメダル獲得を決めている世界ランキング2位の日本の女子は、予選リーグでも対戦して勝利を挙げている世界11位の北朝鮮と対戦しました。
日本は、1人目の15歳、伊藤美誠選手がカットマンの相手に対応できず、ストレートで敗れましたが、2人目の石川佳純選手がストレート勝ちし、3人目の福原愛選手もゲームカウント3対1で勝ちました。
4人目の伊藤選手は別のカットマンの選手との対戦となり、最終ゲームまでもつれましたが粘り強く戦って勝ち、日本は決勝進出を果たしました。
前回、銀メダルの日本の女子は、2大会連続の決勝進出で、6日の決勝で中国と台湾の勝者と対戦します。
また、世界ランキング3位の日本の男子は、準々決勝で世界5位の香港と対戦し、1人目のエース、水谷隼選手がゲームカウント3対1で勝ちました。2人目の吉村真晴選手は、相手のエースに先に2ゲームを取られてから3ゲームを奪い返して逆転勝ちしました。3人目の丹羽孝希選手はストレートで負けましたが、4人目の水谷選手がゲームカウント3対2で競り勝ち、日本が準決勝進出を決めました。
大会は3位決定戦が行われないため、日本は、女子に続き、銅メダル以上が確定しました。日本の男子は4大会連続で銅メダルを獲得していて、これで5大会連続のメダル獲得が決まりました。

###############################
nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第88回アカデミー賞授賞式Ⅲ、なでしこ中国にも敗れ敗退決定的 [映画]

3月5日(土)     アカデミー賞授賞式の模様の続きです。

音響編集賞と録音賞のプレゼンター:チャドウィック・ボーズマン、クリス・エヴァンス
アカデミー10・音響編集.jpg

音響編集賞:「マッド・マックス怒りのデス・ロード」 マーク・マンジーニ、デヴィッド・ホワイト
アカデミー11・音響編集.jpg
アカデミー12・音響編集.jpg

録音賞:「マッド・マックス怒りのデス・ロード」クリス・ジェンキンス、グレッグ・ルドロフ、ベン・オズモ
アカデミー13・録音.jpg
アカデミー14・録音.jpg

視覚効果賞のプレゼンター:アンディ・サーキス(モーションキャプチャーの先駆者)
アカデミー15・視覚.jpg

視覚効果賞:「Ex Machina」 A・ホワイトハースト、P・ノリス、M・アーディントン、S・ベネット
アカデミー16・視覚.jpg
アカデミー17・視覚.jpg

科学技術賞のプレゼンター:オリヴィア・マレ、ジェイソン・ミーゲル
アカデミー18・科学技術.jpg

科学技術賞受賞の皆さん。
アカデミー19・科学技術.jpg
↑数日前に、この部門の授賞式があったものの映像を紹介。

↓「スター・ウォーズ」のC-3PO、R2-D2、BB-8 のドロイドトリオが登場
アカデミー20・ドロイドトリオ.jpg
↑「スターウォーズ フォースの覚醒」は5部門ノミネート(結果は無冠)


↓黒人ガールスカウトによるクッキーの販売
アカデミー21・ガールスカウトでクッキー販売.jpg
アカデミー22・クッキー.jpg

短編アニメーション賞のプレゼンター:ミニオンズが映像で登場
アカデミー23・短編アニメ.jpg

短編アニメーション賞:「ベア・ストーリー」 ガブリエル・オソリオ、バト・エスカラ
アカデミー24・短編アニメ.jpg

長編アニメーションのプレゼンター:バズ・ライトイヤー、ウッディ(「トイ・ストーリー」20周年記念)
アカデミー25・長編アニメ.jpg

長編アニメーション賞:「インサイド・ヘッド」 ピート・ドクター、ジョナス・リヴェラ
アカデミー26・長編アニメ.jpg
アカデミー27・長編アニメ.jpg


歌曲賞候補のプレゼンター:ケヴィン・ハート(来年の司会としてジョークされて登場)
アカデミー28・歌曲賞.jpg

歌曲賞候補:映画「フィフティ・ジェイズ・オブ・グレイ」より”EARNED IT” ザ・ウィークエンド
アカデミー29・歌曲.jpg
アカデミー30・歌曲.jpg

================================

◎卓球・世界団体選手権、男女共メダル確定

↓(朝日新聞デジタルより)
卓球の世界団体選手権は4日、マレーシア・クアラルンプールで第6日があり、日本男子(世界ランキング3位)は準々決勝で香港(同5位)に3―1で勝ち、5大会連続の銅メダル以上が確定した。リオデジャネイロ五輪代表候補の水谷隼(ビーコン・ラボ)、吉村真晴(愛知工大)の活躍が光った。

 3日は女子の準々決勝があり、日本(同2位)が1次リーグで敗れたドイツ(同7位)を下して銅メダル以上を確定。4日は2大会連続の銀メダル以上を目指し、北朝鮮(同11位)と対戦する。

====================================

◎女子サッカーアジア最終予選・日本は中国に敗れ敗退決定的

上位2チームだけが五輪出場権のある最終予選は、6か国総当たりの第3戦が行われ、日本は中国に「2-1」で敗れ、敗退が決定的となりました。日本は3戦して未勝利の5位に落ちぶれています。

↓(朝日新聞デジタルより)
サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選第3日は4日、キンチョウスタジアムなどで3試合があり、世界ランク4位の日本は同17位の中国との第3戦に臨んだ。

 日本は前半14分、パスミスから中国に先取点を奪われ、後半12分過ぎには追加点を決められた。日本は同19分に横山が1点を返すにとどまり1―2で敗れ、勝ち点1で予選突破が絶望的となった。日本の先発はGK福元、DF近賀、熊谷、鮫島、田中、MF阪口、川村、宮間、中島、FW大儀見、横山。韓国戦から先発を3人入れ替えた。

 世界ランク6位の北朝鮮は同29位のベトナムを1―0で下し、勝ち点を5に伸ばした。2連勝中で同9位のオーストラリアは同18位の韓国に2―0で勝利し、勝ち点を9に伸ばした。

################################
nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画