So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ
前の10件 | -

大阪の百貨店のバレンタイン [イベント]

2月9日(金)   2月14日のバレンタインデーまで一週間を切り、各百貨店は最後の追い込みを掛けています。年々、このイベントは派手になっているように感じます。

◎大阪の百貨店のバレンタイン・イベント
https://eonet.jp/gourmet/event/valentine.html?page=5&p=&d=

・あべのハルカス近鉄本店:「ショコラ コレクション2018」、1月19日~2月14日
https://eonet.jp/gourmet/event/_4101513.html
有名店の日替りパフェをはじめ会場で楽しめるスイーツがいっぱい
 在阪百貨店でトップバッターとなる1月19日(金)からスタートするバレンタインフェア「ショコラ コレクション2018」。開始から5日間限定の初企画として「有名店の日替りパフェコーナー」が登場するほか、ココでしか食べられない会場限定のスイーツを前年の約2倍に充実させる。国内外の人気ブランドはもちろん義理チョコや友チョコ向けの商品など、初登場を含め約130ブランドが集結!

・阪急うめだ本店:「バレンタイン チョコレート博物館2018」、1月24日~2月14日
https://eonet.jp/gourmet/event/_4101525.html
5つのパビリオンで毎日通いたくなるチョコエキスポ!
 9階の全フロアを使って「バレンタインチョコレート博覧会」を開催する。5つの会場をパビリオンに見立て、国内外総勢300ブランド以上、約3,000種類という阪急史上最大のスケールで楽しみ、学び、発見のあるチョコレートワールドを堪能できる。

・阪神梅田本店:「バレンタイン スタジアム2018」、2月1日~2月14日
https://eonet.jp/gourmet/event/_4101516.html
情熱の国”スペイン”のチョコやオフィスでつまめるチョコに注目!
 “フォトジェニック”と“オフィスチョコレート”をキーワードに、会場でしか食べられないフォトジェニックなスイーツや、仕事の合間に自分で楽しむお手頃価格のチョコレートをピックアップ。スペイン発のチョコレート特集や、毎年人気の“タイガースショコラ”、お酒とコラボした進化系など、約90ブランドが所狭しと会場を埋め尽くす。

・大丸心斎橋店:「Chocolate Promenade2018」、1月31日~2月14日
https://eonet.jp/gourmet/event/_4101641.html
国内外の有名ショコラから初登場ブランド、話題のスイーツまでが勢揃い
 国内外のトップショコラティエ&パティシエによるショコラから、話題のスイーツまで約95ブランドが集結する「ショコラプロムナード」。人や素材、色、技などさまざまな視点でセレクトされた、“華麗なるショコラ”の世界を堪能できる。心斎橋店では、「大阪ええやん・おいしいやん」コーナーの特設や「大阪ええやん・おもろいやん」として「よしもと×大丸心斎橋」スペシャルステージも行う。

・高島屋大阪店:「アムール・デュ・ショコラ2018」、1月24日~2月14日
,https://eonet.jp/gourmet/event/_4101655.html
世界のショコラをはじめ、写真映えする”チョコジェニック”なショコラも登場!
 年に一度のショコラの祭典として親しまれる髙島屋の「アムール・デュ・ショコラ」。大阪店では、海外のこだわりショコラをはじめ写真に映える“チョコジェニック”なチョコなど、自慢したくなるようなチョコレートが勢揃い。100以上のブランドが集まる。


これらのうち、阪急、阪神、大丸の3つの百貨店を巡り、バレンタイン・ブック(図録)を収集してきましたので紹介します。

★大丸心斎橋店
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/valentine/

↓会場の入口
バレンタイン1・大丸.JPG

バレンタイン2・大丸.JPG

↓55頁のブックから抜粋
バレンタイン3・大丸.jpg

バレンタイン4・大丸.jpg

バレンタイン5・大丸.jpg

バレンタイン6.大丸.jpg

バレンタイン7・大丸.jpg


★阪急うめだ本店
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/valentine2018/index.html?banner

↓会場風景
バレンタイン13・阪急.JPG

バレンタイン14.阪急.JPG

バレンタイン15・阪急.JPG

↓25頁のブックより抜粋
バレンタイン16・阪急.jpg

バレンタイン17・阪急.jpg

バレンタイン18・阪急.jpg

バレンタイン19・阪急.jpg

バレンタイン20・阪急.jpg


★阪神梅田本店
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/valentine/index.html/?from=9

↓会場風景
バレンタイン23・阪神.JPG

↓52頁のブックより抜粋
バレンタイン8・阪神.jpg

バレンタイン9・阪神.jpg

バレンタイン10・阪神.jpg

バレンタイン11・阪神.jpg

バレンタイン12・阪神.jpg

↓今回購入したチョコです(阪神百貨店にて)
バレンタイン22・スペイン.jpg

バレンタイン21・スペイン.JPG
↑スパークリングワインの入った美味しいトリュフチョコレートです。

※この3つの百貨店のバレンタイン・イベントの特徴を一言でいえば、大丸はゴージャス、阪急は学べて楽しい、阪神は庶民的ですね。いずれの百貨店も、自分用チョコに対応して、バラエティー豊かな、ちょっと贅沢なチョコが揃えられていました。

【昨年の大阪の百貨店のバレンタインのブログ記事】
2017年1月30日掲載

【関連ニュースサイト】
・2018年大阪百貨店&ショッピングモールなどのバレンタインイベントまとめ
http://chuo-osaka.mypl.net/article/valentine_chuo-osaka/8046
・遊び心を見て食べて バレンタイン商戦本格化
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/180129/20180129026.html
・バレンタイン商戦 切り札は来店楽しく「写真映え」やセミナー開催 在阪百貨店
https://mainichi.jp/articles/20180119/ddn/008/020/023000c
・いち早くバレンタイン商戦に挑む近鉄
https://www.lmaga.jp/news/2018/01/33994/

=====================================
nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:ニュース

ラーメンEXPO 2017 in 万博公園、サッカー天皇杯準決勝、宮原4連覇 [イベント]

12月24日(日)   イルミナイト万博Xmasの大きな柱は、太陽の塔のビームペインティングと、イルミストリートと、ラーメンEXPOです。

◎第5回ラーメンEXPO 2017 in 万博公園
期間:第1幕は12月1日(金)~12月3日(日)、第2幕は12月8日(金)~12月10日(日)、
   第3幕は12月15日(金)~12月17日(日)、第4幕は12月22日(金)~12月25日(月)
会場:万博記念公園 お祭り広場
出店数:40店(各幕10店)
入場無料、全店共通ラーメン券800円
開店時間:11:00~21:00
http://2017.ramen-expo.com/

2013年から開催したラーメンEXPOは、それぞれ11万人以上の来場がある日本最大級のラーメンイベントです。日本の国民食の一つとして認知されてきたラーメンで「地域の活性化」と「食を通じての人のつながり」、さらにご当地ラーメンを通じ「地域文化」と「観光資源」の発掘などを目的に、ラーメンEXPOが開催されています。
万博公園で開催される冬の風物詩である「イルミナイト万博Xmas」イベントとコラボレートする形で、日本全国から選りすぐりのラーメン店を一堂に集め、西日本最大級のラーメンイベントとして開催されています。イベントの監修は、ラーメンデータバンク社(代表・大崎裕史)です。

↓チラシ(表)
イルミナイト1・ラーメン.jpg

↓チラシ(裏)
イルミナイト2.jpg

↓会場入口には出店の掲示板
イルミナイト3.JPG

↓ラーメン全店共通券(800円)を発売するチケット売り場
イルミナイト4・チケット売場.JPG

↓ラーメン店のブースが並ぶ遠景
イルミナイト5.JPG

↓私は、「東京スタイル みそらーめん ど・みそ」の前に並びました
イルミナイト6.JPG

↓ブースの作業場風景
イルミナイト7.JPG

↓チケットを渡し、食べた味噌ラーメン
イルミナイト9.JPG

↓トッピングでプラス500円払うと、このような味噌ラーメンになります
イルミナイト8.JPG
↑日本一に4年連続輝いた、味噌ラーメンを更にブラッシュアップさせた2017年バージョン!!
豊潤な香り漂う味噌にタピオカ粉をブレンドしたモチモチの太麺を合わせた味噌らーめん!!


★ギョウザEXPO
http://gyoza.ramen-expo.com/
同時開催。ラーメンと相性ピッタリの餃子。今回はギョウザEXPOとして初開催。
全国から選りすぐりの14店が出店。全店共通券は500円です。

イルミナイト10・餃子.JPG
※私は今回、餃子は食べませんでした。

【過去のラーメンEXPOのブログ記事】
2016年12月21日掲載

========================================

◎天皇杯決勝はC大阪×横浜Mに ともに延長制し元日決戦へ
http://www.sankei.com/sports/news/171223/spo1712230021-n1.html
↓(産経ニュース)
サッカーの第97回天皇杯全日本選手権第8日は23日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで準決勝2試合が行われ、YBCルヴァン・カップ覇者のC大阪と4大会ぶりの日本一を狙う横浜Mが来年元日に埼玉スタジアムで行われる決勝に駒を進めた。
 C大阪は延長の末に神戸を3-1で退け、14大会ぶりに決勝進出。1-1の延長前半8分に柿谷が勝ち越し点を奪い、同後半9分にソウザが加点した。
 横浜Mも柏と延長まで戦い、2-1で競り勝った。0-1の後半に伊藤が決めて延長に持ち込み、終盤にビエイラが決勝点を奪った。

======================================

◎宮原知子V4、五輪決定 2位は坂本 フィギュア全日本
https://www.asahi.com/articles/ASKDR52VNKDRUTQP01P.html?iref=comtop_8_02
↓(朝日新聞デジタルより)
 来年2月の平昌五輪の最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーがあった。ショートプログラム(SP)2位の宮原知子(関大)がノーミスの演技で合計220・39点で4連覇を達成し、初の五輪代表に決まった。SP首位の坂本花織(シスメックス)が合計213・51点で2位。同5位の紀平梨花(関大ク)がトリプルアクセル(3回転半)―3回転トーループの連続ジャンプを成功させ、合計208・03点で3位。15歳の紀平は年齢制限のため、五輪に出場できない。

 同4位の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が合計206・96点で4位。昨季の四大陸選手権優勝の三原舞依(シスメックス)が合計204・67点で5位。
 宮原はフリーの前半の3回転ルッツ―3回転トーループの2連続ジャンプなどを次々と着氷。ステップ、スピンでも観衆を魅了し、演技を終えると両拳を突き上げ、ガッツポーズをした。演技構成点で5項目全てで9点台を並べ、147・16点。「今までで一番うれしい優勝。この試合に合わせて頑張ることが目標だった。しっかり絶対やるという気持ちを実現できた」と喜んだ。
 坂本は冒頭の3回転フリップ―3回転トーループの2本目のトーループで回転不足になった。演技後半でも軽度の踏み切り違反があり、フリーは139・62点で4位だった。「SPは1位だったけど、追いかける立場だと思っていた。ここまで来られるとは思わなかった。すごい自信になった」と語った。
 樋口はフリーの演技後半の3回転サルコーが2回転になった以外は、大きなミスなくまとめた。「サルコー以外は良かった。もっとできる所が見つかった」と語った。三原はほぼミスなく演技し、フリーは140・40点を出したが、SPの出遅れが痛かった。
 平昌五輪で日本女子の出場枠は2。残り1枠は、全日本2位の坂本と、グランプリファイナルに出場した樋口の争いになりそうだ。
フィギュア3・宮原.JPG
フィギュア4・宮原.JPG

#########################################
nice!(18)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

イルミストリート・ロハスフェスタ蚤の市(イルミナイト万博)、宇野首位発進 [イベント]

12月23日(土)   冬の万博公園の恒例のイルミネーションを紹介します。

◎イルミストリート・ロハスフェスタ蚤の市
期間:2017年12月1日~12月25日の金土日曜日
会場:万博記念公園の東大路・上の広場・下の広場
http://winter.lohasfesta.jp/

今年も東大路の桜並木をLED(40万球)で装飾したイルミネーションが楽しめます。東大路の両サイドには昨年に引き続き、今年も手作り雑貨のブースが大集合するロハスフェスタ蚤の市も同時開催されます。

↓それでは、東大路のイルミネーションと蚤の市のブースの情景を紹介します
イルミストリート1.JPG

イルミストリート2.JPG

イルミストリート3.JPG

イルミストリート4.JPG

イルミストリート5.JPG

イルミストリート6.JPG

イルミストリート7.JPG

イルミストリート8・ロハス.JPG

★キラめく虹の回廊
会場:上の広場
MBSラジオのレギュラー番組「ザ・ヒット スタジオ(木)」の中で出演者の伊東紗冶子と杉浦みずきがデザインを考えた、イルミネーション「虹の回廊」が期間を通じて同時開催。上の広場に広がる光のじゅうたんやカワイイ動物のオブジェを光のトンネル内に設けられたビューポイントから楽しめます。

イルミストリート9.JPG

イルミストリート10.JPG

イルミストリート11.JPG

イルミストリート12.JPG

イルミストリート13.JPG

イルミストリート14.JPG

イルミストリート15.JPG

========================================

◎男子SPは宇野が首位、2位に田中 全日本フィギュア
https://www.asahi.com/articles/ASKDQ7D4CKDQUTQP02D.html
↓(朝日新聞デジタルより)
フィギュアスケートの平昌五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第2日は22日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで三つの代表枠を争う男子ショートプログラム(SP)があり、連覇を目指す宇野昌磨(トヨタ自動車)が96・83点で首位発進した。2位は昨年2位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)で91・34点、3位は85・53点の無良崇人(洋菓子のヒロタ)。
宇野は冒頭の4回転フリップをきれいに決めたが、4回転―3回転の2連続ジャンプの2本目が1回転になるミス。演技を終えると苦笑いを浮かべた。それでも2位以下に5点以上の差をつけ、地力の高さを見せた。「自分の良い演技からは遠いものだった。気合を入れようとしたが、それが良い方に向いたか悪い方に向いたか分からない。フリーに向けて、気持ちを新たに、強い気持ちで臨みたい」と話した。
フィギュア2・宇野.JPG

########################################
nice!(21)  コメント(6) 
共通テーマ:ニュース

イルミナイト万博Xmas、好きな夫婦・嫌いな夫婦ランキング、フィギュア全日本開幕 [イベント]

12月22日(金)    今年で7年目を迎える太陽の塔をスクリーンにビームペインティングによる迫力の3D映像を見てきました。

万博17.jpg

◎イルミナイト万博Xmas(ビームペインティング)
期間:2017年12月1日~12月24日の金土日曜日と12月25日
時間:17時30分頃~21時頃、約10分間隔で上演
会場:万博記念公園 太陽の広場
http://www.expo70-park.jp/event/9340/

来年3月の太陽の塔内部一般公開とリンクして、今年のテーマは「夢-Dream-」。少年と太陽の塔にまつわる過去の作品の名シーンをビームペインティングで披露しています。巨大な太陽の塔をスクリーンに、最先端3Dプロジェックションマッピング技術とサウンドエフェクト(効果音)を駆使した映像と音楽のコラボレーション(約8分間)です。今年度作品と過去の作品(2014年)の作品を交互に上映しています。

↓本年のテーマである「夢-Dream-」


↓以下の写真はアンコール上映=2014年の「ミラクル!妖精 エルソンの時空旅行」
万博1.JPG 万博2.JPG

万博3.JPG 万博4.JPG

万博5.JPG 万博6.JPG

万博7.JPG 万博8.JPG

万博9.JPG 万博10.JPG

万博11.JPG 万博12.JPG

万博13.JPG 万博14.JPG

万博15.JPG

万博16.JPG

【過去のイルミナイト万博のブログ記事】
2012年12月16日掲載
2014年12月23日掲載
2014年12月24日掲載
2016年12月21日掲載

========================================

◎「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」ランキング週間文春

https://matome.naver.jp/odai/2135408767332625101
今回で3回目を迎える「週刊文春」恒例アンケート企画「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」のランキングが決定した。アンケートは11月10日から12月8日まで小誌メルマガ会員を対象に募集し、15歳から81歳の男女から約2500の回答が寄せられた。

「好きな夫婦」部門
1位:三浦友和(65)・山口百恵(58)明治安田生命の理想の夫婦でも1位
2位:佐々木健介(51)・北斗晶(50)
3位:堺雅人(44)・菅野美穂(40)
4位 市川海老蔵 小林麻央
5位 ヒロミ 松本伊代
6位 DAIGO 北川景子
7位 唐沢寿明 山口智子
8位 東出昌大 杏
9位 田中将大 里田まい  
10位 桑田佳祐 原由子 

「嫌いな夫婦」部門では
1位:木村拓哉(45)・工藤静香(47)
2位:片岡愛之助(45)・藤原紀香(46)
3位:石田純一(63)・東尾理子(42)
4位:安倍晋三 安倍昭恵   
5位:佐々木健介 北斗晶   
6位:藤本敏史 木下優樹菜  
7位:船越英一郎 松居一代  
8位:杉浦太陽 辻希美    
9位:ヒロミ 松本伊代    
10位:福山雅治 吹石一恵  
10位:渡辺謙 南果歩  
嫌いな夫婦.jpg   

======================================

◎女子SPは坂本が首位、宮原2位 全日本フィギュア
https://www.asahi.com/articles/ASKDP5HT6KDPUTQP01M.html?iref=comtop_latestnews_02
↓(朝日新聞デジタルより)
フィギュアスケートの平昌五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は21日、東京都調布市で開幕。二つの代表枠を争う女子ショートプログラム(SP)は今季シニアデビューした17歳の坂本花織(シスメックス)が73・59点を出し、首位発進。2位は4連覇を狙うエースの宮原知子(関大)で73・23点、3位は昨季世界選手権代表の本郷理華(邦和スポーツランド)で70・48点。
昨年の全日本2位で16歳の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は、68・93点で4位。年齢制限で平昌五輪に出場できない15歳の紀平梨花(関大ク)はトリプルアクセル(3回転半)を決めて66・74点で5位。本田真凜(大阪・関大高)は3回転ループでミスがあり、66・65点で6位。昨季の世界選手権5位の三原舞依(シスメックス)はジャンプの転倒があり、64・27点で7位と出遅れた。
 坂本は、三つあるジャンプ全てを基礎点が1・1倍になる演技後半に集め、出来栄えで加点を得る美しいジャンプをそろえた。演技を終えると、右拳を握りしめてガッツポーズ。「死にそうなくらい緊張していたけど、試合の時は落ち着いてできた」と語った。
 宮原はジャンプの加点が少なかったものの、左股関節の骨折で長期離脱をしていた間に磨いてきたステップや表現面で高い得点を得た。「内容は良かったが、ちょっと緊張も入ったと思う。今まで以上に緊張した全日本だという感じがした。フリーはもっと思い切ってできるよう、頑張りたい」と振り返った。
 本郷は冒頭の3回転フリップ―3回転トーループの2連続ジャンプを決め、波に乗った。「すごく緊張したけど、最初のジャンプも練習してきたことを出せ、最後まで思い切って滑ることができた。観客の皆さんがすごい声援を送って下さって、うれしかった。このままフリーも集中して、練習したことを出し切りたい」と語った。
フィギュア1.JPG

#######################################
nice!(24)  コメント(8) 
共通テーマ:ニュース

EXPOCITY CHRISTMAS MARKET、二つのプロスポーツ大賞 [イベント]

12月21日(木)    先日、恒例の「イルミナイト万博」を見学するため、大阪モノレールで万博記念公園駅まで行きました。

↓万博記念公園駅のクリスマスツリー
エクスポシティ1・駅.JPG

日没前で、まだ空が薄明るかったので、先に EXPOCITY へ立ち寄りました。

↓ EXPOCITY の入口
エクスポシティ2・イルミ.JPG
↑エキスポシティの冬は毎年のイルミネーションも人気で、今年も約4万球の電球によって鮮やかに彩られます。毎日17:00~23:00の間に明かりが点けられ、実施期間は2018年3月14日まで。

◎EXPOCITY CHRISTMAS MARKET
期間:2017年11月18日~12月25日
会場:EXPOCITY 空の広場
http://osaka1shop2channel.jp/blog-entry-661.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000214.000002198.html
クリスマスマーケットはドイツを中心にヨーロッパの各都市の広場で開かられるクリスマスのショッピングを楽しむイベントです。今回、EXPOCITYでは初めて、本場ドイツの「クリスマスマーケット」を開催中です。
EXPOCITY 空の広場にヒュッテ(木の小屋)を6棟並べ、ドイツ直輸入のソーセージやグリューワイン、シュトーレン、ホットココアにクラムチャウダー等のスープまで幅広いフードを販売いたします。また、ドリンク関連では本場ドイツの地ビール、ビアカクテルに加えEXPOCITY限定のオリジナルラベルビールも登場。ドイツのクリスマス伝統工芸品「くるみ割り人形」やフォトジェニックウォールの設置などSNSにあげたくなるクリスマス感あふれたブースも設置いたします。(プレスリリース)

↓クリスマス マーケットの風景
エクスポシティ3・マーケット.JPG

エクスポシティ4..JPG

エクスポシティ5.JPG

エクスポシティ6.JPG

エクスポシティ7.JPG

エクスポシティ8.JPG

エクスポシティ9.JPG

↓ららぽーとEXPOCITYのツリー
エクスポシティ10・ららぽーと.JPG

↓帰宅時に見た大観覧車
エクスポシティ11・大観覧車.JPG

※イルミナイト万博については、次回アップします。

=========================================

日本のプロスポーツ表彰には、公益財団法人の「日本プロスポーツ大賞」と、スポーツ報知の「報知プロスポーツ大賞」があります。

◎2017報知プロスポーツ大賞
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20171212-OHT1T50061.html

プロスポーツ大賞
・野球:菅野智之(読売ジャイアンツ)
・野球:D・サファテ(福岡ソフトバンクホークス)
・ゴルフ:松山英樹
・ゴルフ:鈴木愛
・ボクシング:村田諒太(帝拳ジム)

【フレッシュ賞】
・体操:村上茉愛(日本体育大学)
【特別賞】
・陸上:桐生祥秀(東洋大学)
【特別功労賞】
・ボクシング:内山高志

報知新聞社制定「2017報知プロスポーツ大賞」の授賞式が12日、都内のホテルで行われ、巨人・菅野智之投手(28)やゴルフ・松山英樹(25)ら、各競技で今年活躍した選手が勢ぞろいした。
 菅野は、今季17勝5敗、防御率1・59で沢村賞などを受賞しており、今回の大賞で「8冠」となる。また、陸上で日本初の100メートル9秒台を出した桐生祥秀(21)=東洋大=に特別賞、7月に引退を表明した元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏(38)に特別功労賞が贈られた。
報知.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎第50回 日本プロスポーツ大賞
http://www.jpsa.jp/topics.html

大賞
福岡ソフトバンクホークス(プロ野球)

<殊勲賞>
村田 諒太(プロボクシング)
デニス・サファテ(プロ野球・ソフトバンク)
佐藤 琢磨(日本レースプロモーション)
<最高新人賞>
京田 陽太(プロ野球)

<功労賞>
坂井 初敏(男子プロゴルフ)
表 純子(女子プロゴルフ)
武田 信平(Jリーグ)
内山 高志(プロボクシング)
白石 雅俊(プロボウリング)
梅原 和之・服部 美穂子(競技ダンス)
石浦 宏明(インディーカー・シリーズ)
クリストフ・ルメール(中央競馬)
岡部 誠(地方競馬)
新田 祐大(JKA 競輪)
鈴木 圭一郎(JKAオートレース)
峰 竜太(ボートレース)
平川 斗吾(キックボクシング)
<新人賞>
京田 陽太(プロ野球)
石徳 俊樹(男子プロゴルフ)
畑岡 奈紗(女子プロゴルフ)
中山 雄太(Jリーグ)
拳四朗(プロボクシング)
久保田 彩花(ボウリング)
柴田 悠貴・松原 麻美(競技ダンス)
ピエール・ガスリー(スーパーフォーミュラ)
荻野 極(中央競馬)
鈴木 祐(地方競馬)
太田 竜馬(JKA 競輪)
中村 杏亮(JKAオートレース)
羽野 直也(ボートレース)
石原 將伍(キックボクシング)
<スポーツ功労者  文部科学大臣顕彰>
菅原 義正(公益社団法人 日本プロスポーツ協会)
中嶋 常幸(公益社団法人 日本プロゴルフ協会)

今季2年ぶり8度目の日本一に輝いたプロ野球・福岡ソフトバンクホークスが「2017年第50回内閣総理大臣杯 日本プロスポーツ大賞」の大賞に選出され20日、都内で行われた受賞式典にチームを代表して主将の内川聖一外野手が出席した。また、今季プロ野球新記録の54セーブを挙げ、日本一に大きく貢献したソフトバンクのデニス・サファテ投手が殊勲賞。なお、殊勲賞はデニス・サファテ投手のほか、ボクシングの村田諒太、レーシングドライバーの佐藤琢磨が受賞。最高新人賞は、中日ドラゴンズの京田陽太内野手が選出された。
内川.jpg

########################################


nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

御堂筋イルミネーション2017、阪神タイガース情報、大谷はエンゼルスへ [イベント]

12月11日(月)   先日、帰宅途中に、御堂筋を心斎橋から梅田まで歩きました。
大阪・光の饗宴2017は、「御堂筋イルミネーション2017」と、水都大阪のシンボル中之島で繰り広げるアートフェスティバルとして15周年を迎える「OSAKA光のルネサンス2017」をコアプログラム、大阪各所で地域活性に取り組む団体等が実施する光のプログラムを「エリアプログラム」として、“大阪の夜を彩る光のミュージアム”をテーマに開催しています。

↓「大阪光の饗宴2017」の公式ガイドブック
御堂筋2.jpg
御堂筋3.JPG
御堂筋4.jpg

 今回は、「御堂筋イルミネーション」を紹介します。

御堂筋5.JPG

◎御堂筋イルミネーション2017
期間:2017年11月12日~12月31日
開催時間:17:00頃~23:00
開催場所:御堂筋(阪神前交差点~難波西口交差点)
http://www.hikari-kyoen.com/midosuji/

2014年度に世界記録に認定された全長4kmの圧倒的スケールを誇る光の道。淀屋橋から新橋までの区間では、沿道のビルや施設に世界で活躍するアーティストによる光のコンテンツやさまざまな光の演出によるオンリーワンの圧倒的な光空間が新たに登場。
「星屑」「列柱」など御堂筋ならではのイルミネーションが8つのエリアカラーできらめきます。今年は、御堂筋完成80周年を祝う「五色の星屑」が梅田エリアに新登場。

↓「シャイニーピンク」(御堂筋清水町~難波千日前)
御堂筋6・シャイニーピンク.JPG
御堂筋7・シャイニーピンク.JPG

↓「御堂筋コーラル」(博労町3~御堂筋清水町)
御堂筋8・御堂筋コーラル.JPG

↓難波神社の「竹琳」
御堂筋9・難波神社.JPG
↑照明デザイナーの内原智史が選りすぐりの12mを超える京都西山の孟宗竹を使って境内を演出

↓「ホワイト」(久太郎待~博労町3)
御堂筋10・ホワイト.JPG

↓大阪市交通局イルミネーションバス(料金:大人210円)
御堂筋11・イルミネーションバス.JPG

↓「シャンパンゴールドミックス」(瓦町3~船場中央3)
御堂筋12・シャンパンゴールドミックス.JPG

↓「水都ブルー」(淀屋橋~瓦町3)
御堂筋13・水都ブルー.JPG
御堂筋14・水都ブルー.JPG

↓「御堂筋イエローミックス」(梅田新道~大江橋北詰)
御堂筋15・御堂筋イエローミックス.JPG

↓北新地のネオン
御堂筋16・北新地.JPG

↓「5色ミックス・水都ブルー」(阪神交差点~梅田新道)
御堂筋17・5色ミックス・水都ブルー.JPG

※イルミネーションを見ながら、良い運動になりました。

【過去の御堂筋イルミネーションのブログ記事】
2009年12月21日掲載
2012年12月26日掲載

========================================

◎阪神タイガース情報
★DeNA尾仲をFA移籍・大和の人的補償
https://www.daily.co.jp/tigers/2017/12/10/0010805685.shtml
阪神は10日、DeNAにFA移籍した大和内野手(30)の人的補償で、尾仲祐哉投手(22)を獲得したと発表した。9日までにDeNAからプロテクトの28人を除いた獲得可能リストが到着。すぐに金本監督らで協議が行われていた。獲得期限は、大和とDeNAの選手契約締結公示日となった1日から40日以内だったが、早期の決断、発表となった。
 尾仲は2017年度のドラフト6位で、広島経済大から入団した。ルーキーイヤーの今季は5月9日の中日戦でプロ初登板。8月22日の広島戦で救援登板し、プロ初勝利を挙げている。中継ぎで11試合に登板して1勝1敗、防御率6・52。まだプロ1年目の22歳で、将来有望な選手の獲得となった。
 阪神の谷本修副社長(53)は、獲得理由について「金本監督とも相談の上、総合的に判断した結果、全員の意見が一致し、尾仲選手を獲得する旨を横浜球団に伝えさせていただきました。年齢も若く、能力も非常に高い選手という評価で、将来性も十分ですし、来シーズンからも勝負できる素材だと思っております。タイガースのユニホームを着て是非、頑張ってもらいたいと思います」とコメントした。
 尾仲はDeNAの公式サイトにコメントを寄せた。「一年という短い間ではありましたが、ファンの皆さんの応援はとても心強く、温かかったです。横浜スタジアムで初勝利を挙げられたことは一番の思い出です」とファンに感謝し、「チームは変わりますが、皆さんにひとまわり、ふたまわりも成長した姿を見せられるよう、新天地でも頑張りたいと思います」と誓った。
 阪神では過去、人的補償として2013年に平野恵一(現打撃コーチ)のオリックス移籍で高宮和也投手を、久保康友のDeNA移籍で鶴岡一成捕手獲得している。

★虎のロザリオ 週明けにも正式契約
https://www.daily.co.jp/tigers/2017/12/09/0010802058.shtml
↓(デイリースポーツより)
阪神は獲得を目指している前韓国・ハンファのウィリン・ロザリオ内野手(28)と2年総額750万ドル(約8億4750万円)で大筋合意に達し、メディカルチェックを経て、週明けにも正式契約を結ぶ予定であることが8日、分かった。ロザリオは検診のためウインターリーグが開催されているドミニカ共和国から米ニューヨークへと移動し、球団もスタッフを現地へ派遣。交渉は最終局面を迎えており、虎のロザリオ誕生へついにカウントダウンに入った。
 待ちに待った主砲獲得へ、交渉は最終局面へと入った。球団幹部は「ロザリオはニューヨークへ向かっている。検診を受けるために。そこで問題がなければ、週明けに発表できる見通しだ」と明かした。
 ロザリオは1日(日本時間2日)から母国・ドミニカ共和国で開催されているウインターリーグに参戦していた。条件面が大筋でまとまったことにより、交渉の最終段階となるメディカルチェックを受けるためにニューヨークへと移動した。
 この日、谷本球団本部長が「身分照会も完了しまして、(球団の)後発隊もアメリカの方に到着しております」と明かしたように、球団担当者が同席する中で検診を受け、問題がなければ正式契約を結ぶ見通し。クリスマス前の決着を目指していたが、ハンファの保有権が消失しておよそ1週間、電光石火のスピードで契約をまとめ上げた。
 ドミニカの地元ニュースサイトによると、1年目は年俸350万ドル(約3億9550万円)の単年契約となり、2年目は一定の成績を残した場合、自動更新される変則2年契約でまとまったとみられる。更新した場合の年俸は400万ドル(約4億5200万円)となり、2年総額750万ドル超の大型契約となる見通しだ。
 阪神では96年にグリーンウェルと単年3億5000万円で契約を結んだのが史上最高額。ロザリオはそれを更新することになり、来季、金本体制3年目で18年ぶりのリーグ優勝を目指す上で、フロントも熱意を示した形となる。
 シーズン終了後のオーナー報告では、4番を任せられる外国人打者の獲得が議題に上がっていた。複数の候補者をリストアップする中でメジャー通算71発、韓国で2年連続3割、30本、100打点をマークしたロザリオに照準を定めてきた。
 米国でも複数のメディアが「ロザリオは阪神タイガースと契約を結ぶ方向」と報道しており、獲得は決定的。最終チェックを経て、待ちに待った「虎のロザリオ」が誕生する。

========================================

◎大谷翔平、エンゼルスに移籍決定 背番号は「17」
http://www.asahi.com/articles/ASKD84J3MKD8UTQP01Q.html?iref=pc_extlink
↓(朝日新聞デジタルより)
ポスティングシステムを利用して大リーグ挑戦を表明していた日本ハムの大谷翔平(23)が、エンゼルスに移籍することが決まった。8日(日本時間9日早朝)、代理人を務めるネズ・バレロ氏が発表した。背番号は「17」に決まった。日本時間の10日に入団会見。

#########################################
nice!(24)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

第3回 時をかける「あん」(阪急うめだ本店)、スピードスケートW杯開幕戦 [イベント]

11月13日(月)   甘党には見逃せない、「あん」のフェアに行ってきましたので、紹介します。

◎第3回 時をかける「あん」
期間:2017年11月9日~11月16日
会場:阪急うめだ本店9階 祝祭広場
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/tokiokakeruan2017/index.html?banner?20171108wagashi
日本全国から約150種類が集結。伝統を守りながら新しいアイデアを取り入れて、ますます進化を続ける“あんの文化”。その楽しい世界を、あれこれと味わいながら堪能できます。

↓会場の風景
あん1.JPG
あん2.JPG
あん3.JPG

↓会場の配置図
あん4.jpg

※今回は、「あんぱん」にこだわり、下記の5種類を購入しました。
あん5.JPG

島根県・彩雲堂「胡桃と朝汐あんぱん」 230円+税
あん6・朝汐あんぱん.JPG
あん7.JPG

愛媛県・いろは屋「伊予洋風あんパン」 198円+税
あん8・伊予あんぱん.JPG
あん9.JPG

東京都・喜福堂「あんぱん(こしあん)」 200円+税
あん10・喜福堂.JPG
あん11.JPG

静岡県・松田商店(真茶園)「静岡あんパン(お茶)」 200円+税
あん12・静岡あんぱん.JPG
あん13.JPG

静岡県・富士製パン「くるみ入り、白いようかんぱん」 220円+税
あん14・白いようかん.JPG
あん15.JPG

※全国の変わった「あんぱん」を賞味できて、堪能しました。

【過去の時をかける「あん」ブログ記事】
第1回:2015年12月1日掲載(銀座木村屋のあんぱん)
第1回:2015年12月2日掲載(まんじゅう)
第2回:2016年11月21日掲載(どらやき)
・第3会:2017年11月13日掲載(あんぱん)

=======================================

◎スピードスケート・ワールドカップ第1戦、日本メダルダッシュ
(オランダ・ヘレンベーン大会)

ISUスピードスケート・ワールドカップ(ISU World Cup Speed Skating)は、国際スケート連盟(ISU)が主催するスピードスケートの大会の総称である。毎年9-12月から翌年3月にかけて、世界各国(6回)を転戦する。各々のレースは単独大会として行われ、なおかつ各距離各レースの順位点(W杯ポイント)の合計をもって、各距離ごとにシーズン総合チャンピオンが決められる。
【実施種目】
男子(短距離)500m・1000m(中長距離)1500m・5000m・10000m・チームパシュート
女子(短距離)500m・1000m(中長距離)1500m・3000m・5000m・チームパシュート

女子500メートルに出場した小平奈緒選手(31)。この種目17連勝中のエースは、この日も圧倒的な強さを見せ優勝。ワールドカップ通算11勝目をあげ、連勝を18に伸ばしました。

 女子1500メートルでは中距離のエース・高木美帆選手(23)が圧巻の滑り。スピードスケート王国のオランダ勢に大差をつけ、この種目2度目の優勝です。

 平昌オリンピックから正式種目となるマススタート。集団で滑るため、駆け引きが重要となるこの種目で輝きを放ったのが佐藤綾乃選手(20)。最後の直線までもつれ込んだレースを0秒04差で制し、初めて表彰台の中央に立ちました。

団体追い抜き(チームパシュート)、先頭を交代しながら、3人が一列に並んで滑るこの種目は、選手が受ける空気抵抗をいかに減らし、ラストスパートまで足のスタミナを残せるかが勝負になる。個の力に勝るソチ五輪金メダルのオランダ勢を抑えての世界記録更新は、作戦の妙と高木菜那、美帆姉妹、佐藤綾乃の一体感から生まれた。

########################################

nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

第28回 IKEDA 文化 DAY(文化探訪ラリー)、ヒマラヤ山脈の未踏峰「ラジョダダ」に登頂成功 [イベント]

11月9日(木)   毎年、文化の日を中心に、「IKEDA 文化 DAY」が池田市で開催されています。この中のメインイベントが13施設を巡る「文化探訪ラリー」です。
今回は、11月3日に、4施設だけ回って来ましたので、紹介します。

◎第28回 IKEDA文化DAY
開催日:2017年11月3日・4日・5日
主催:いけだ市民文化振興財団。後援:池田市、池田商工会議所ほか
http://www.azaleanet.or.jp/28th-ikedabunkaday.html

↓パンフレットの一部
池田4.jpg

↓文化探訪ラリー・イラストマップ
池田5.jpg

★市立ギャラリーいけだ
http://www.azaleanet.or.jp/gallery.html

池田1.JPG

出口 彰 水彩画展
池田10・出口.jpg
池田11・出口.jpg


★財団ギャラリー ギャルリVEGA
http://www.azaleanet.or.jp/gvega.html

池田2.JPG

江原和足展”いけだの今昔”
池田8・江原.jpg
池田9・江原.jpg


★池田市中央公民館
http://www.city.ikeda.osaka.jp/shisetsu/kyoiku/1418438845719.html

いけだ観光スポット 写真コンクール」 私も投票しました。

五水会展」(絵画くらぶ)


★逸翁美術館
http://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/

池田3.JPG

開館60周年記念展:第四幕 ”ひねもす蕪村 絵と俳句”」
↓パンフレット(表)
池田6.jpg

↓パンフレット(裏)
池田7.jpg


※2年前の第26回IKEDA文化DAYでは、13施設全部制覇しました。その時のブログ記事は下記の通りです。(クリックするとリンクしてます)
第26回IKEDA文化DAY:2015年11月4日掲載

=======================================

◎情報も写真も無し、ヒマラヤ未踏峰に世界初登頂 早大隊
http://www.asahi.com/articles/ASKC64VHBKC6UTQP023.html
↓(朝日新聞デジタルより)
早稲田大学山岳部が、ネパール中央部の北側、中国国境にほど近いヒマラヤ山脈の未踏峰「ラジョダダ(6426メートル)」の登頂に世界で初めて成功した。20代の同部OB2人、現役部員1人の3人で編成された早大隊は先月17日、頂上を征服。部員減少に悩む大学山岳部の地力を改めて示した快挙だ。
ラジョダダはネパール政府が3年前に登山を解禁した104座の一つ。解禁間もない未踏峰だけに情報は皆無で、山をはっきりとらえた写真もない。隊員は公開された山の緯度と経度を地図上に丹念に落とし込んでいく過程で、この未踏峰を特定して挑んだ。
 氷河上に設けた最終キャンプ(5730メートル)を出発したのは、10月17日午前3時20分。無風、快晴、気温マイナス6度。好条件下でのアタック開始だった。
尾根を一つ越えたところで現れた、傾斜の緩い雪原が誤算だった。腰まで埋まるほどの深い雪でペースが鈍り、時間を大幅ロス。夕方までに最終キャンプへ戻る予定は完全に狂った。ただ、萩原鼓十郎隊長(24)は「天候が安定していたから、大丈夫だという確信があった」。ビバーク覚悟で前進を続けた。
 頂上への最後の雪稜(せつりょう)は斜度70度。直下に到着したのは正午過ぎ。右手の崖は、2千メートル下まですっぱり切れ落ちていた。ロープを使って慎重に高度を上げ、午後5時半、頂上に到達した。
 日没間近で紫色になった空の下、鈴木雄大副隊長(23)は「世界初という興奮はありながら、終わってしまった寂しさもあって、どこか現実でないような感じだった」。唯一の現役部員、福田倫史隊員(21)は涙が止まらなかったという。
 夜通し下山を続け、再び太陽が昇るころに最終キャンプに帰還。下山を含めて、プレッシャーの中で過ごした26時間に及ぶ頂上アタックを3人は「人生で一番疲れた」と振り返った。

###########################################
nice!(23)  コメント(9) 
共通テーマ:地域

イタリアフェア2017(阪急うめだ本店)、虎補強第1弾!台湾代表左腕・呂彦青 [イベント]

11月7日(火)   先日、阪急百貨店の人気イベントの一つである「イタリアフェア」へ行って来ました。

↓パンフレットより
イタリア1.jpg

◎イタリアフェア2017
期間:2017年11月1日~11月7日
会場:阪急うめだ本店9階 催場・祝祭広場
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/italia2017/index.html
今回はイタリア各地から、あらゆる分野で活躍する女性の職人・クリエーター・デザイナーなどの“技”に纏わるモノをご紹介。ピエモンテを代表する卵麺のパスタや伝統的な技法で作る繊細なアクセサリー・雑貨など。また、現地で愛され続けるスイーツなど食も合わせてご紹介します。
■4層吹抜けの祝祭広場は、イタリアの有名な花のお祭り“インフィオラータ”をイメージした設えに!
イタリア各地で行われるイベントで、道路・広場・建物の床などに花びらをカーペットのように敷き詰める“インフィオラータ”を再現!祝祭広場の中央に、レオナルド・ダ・ヴィンチの“モナリザ“を象った花を敷き詰めます。
また、オペラなどの音楽ライブやトークショーを連日開催し、祝祭広場は毎日お祭り気分!

↓祝祭広場の様子
イタリア14.JPG
イタリア5.JPG

↓催場の入口
イタリア4.JPG

今回は、下記の2店からフードを購入しました。

★アンティカ ドルチェリア ボナイユート(シチリア洲)
イタリアはシチリア島東南の町、バロック調の街並みが残る美しい町モディカに『アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート』はあります。1880年にフランテェスコ・ボナイユートによって創業された老舗のドルチェリア。”チョコレートの町”とも形容されるモディカには35以上ものチョコレートショップがありますが、その中でもボナイユートは一番の老舗として地元の人々に愛され続けています。

カンノーロ」シチリア伝統スイーツ
イタリアのカンノーロは小麦粉ベースの生地を薄くのばし、正方形に切ってから金属製の円筒に巻き付けて低温の植物油かラードで筒状に揚げた皮の中に、甘みをつけたリコッタ・チーズにバニラ、チョコレート、ピスタチオ、マルサラ酒(シチリア地方のワイン)、ローズウォーターやそのほかの風味のうちいくつかをまぜ合わせたクリームを詰めたものである。シチリア地方では羊乳製リコッタが使用されるが、そのほかの地方では牛乳製も使用される。カンノーロがもともと季節菓子だったのも、冬の間羊乳の脂肪分などが増え、コクと旨味が増すからである。菓子職人によっては小さく切った果物の砂糖漬け(シトロン、オレンジの皮やマラスキーノ・チェリー)やズッカータ(Zuccata、瓜の一種の砂糖漬け)を、クリームに混ぜたり両端に飾ったりする。シチリア地方以外では、リコッタではなくカスタードクリームを使用する菓子職人もいる。皮の生地には砂糖、塩、重曹、シナモン、卵黄、マルサラ酒、ラードが入り、ココアを混ぜてチョコレート味にすることもある。カンノーロの大きさはさまざまで、指よりも細い「カンヌーリッキ」 (cannulicchi) から、シチリア島パレルモの南にあるピアーナ・デッリ・アルバネージ特産の拳サイズのものまでが見受けられる。クリームを詰めると皮が水分を吸って湿ってしまうため、大きさに関係なく、食べる直前まで待ってから皮にクリームを詰めた方が、クリームの柔らかさと皮のパリパリ感の対比を最大限に楽しむことができる。注文を受けてからクリームを詰めたカンノーロを特に「カンノーロ・エスプレッソ」 (cannolo espresso) と呼ぶ。(Wikiより)
イタリア2.jpg
イタリア3.JPG

カンノーロ・チョコレート 501円
イタリア10・チョコレート.JPG
イタリア11.JPG

カンノーロ・ヘーゼルナッツ 501円
イタリア12・ヘーゼンナッツ.JPG
イタリア13.JPG

※美味しいスイーツですが、コストパフォーマンスが高いですね。


★バール・デルソーレ(日本国内から出品)
http://www.delsole.st/
前回も購入した店です。ティラミスがお目当てでしたが売り切れのため、別のものを買いました。

生ハムとモッツァレチーズのピザ 463円+税
イタリア6.JPG
イタリア7.JPG

↓前回も購入したピアディーナ 325円+税
イタリア8.JPG
イタリア9.JPG

【過去のイタリアフェアのブログ記事】
・イタリアフェア2016:2016年11月7日掲載

=========================================

◎虎補強第1弾!台湾代表左腕・呂彦青と契約 最速148キロ 多彩な変化球も武器

↓(デイリースポーツ)
阪神が6日、台湾代表左腕・呂彦青投手(21)=ル・イェンチン、国立台湾体育運動大=と、来季の選手契約を締結したと発表した。7日の午後、西宮市内で入団会見を開く予定。
 細身の左腕から繰り出す最速148キロの直球に、落差が大きくキレのあるスライダー、チェンジアップと球種も多彩。阪神は10月に台湾で行われたBFAアジア選手権も視察していた。
 今季、先発の駒不足にも悩まされ、投手の補強に動いていた。呂は21歳と年齢も若く、即戦力としてだけでなく、将来性も獲得の決め手となった。
 オリックスなど、国内複数球団も獲得調査を進めてきたが、阪神が台湾No.1左腕を射止めた。ドラフト以外での今オフ補強第1弾となった。

※4番打者の長距離砲として、誰を獲得するか、興味ありますね。

#########################################

nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

第48回花と彫刻展(大阪市靭公園)、中国杯樋口2位発進 [イベント]

11月4日(土)   昨日、靭公園で開催の恒例の「花と彫刻展」を見に行ってきました。

◎第48回 花と彫刻展
期間:2017年10月10日~11月3日
会場:大阪市靭公園(東園)
主催:大阪彫刻家会議。後援:大阪市西区役所

花と彫刻1.jpg

↓東みどり「ココカラの空~たから~」     ↓東みどり「ココカラの空~いのり~」
花と彫刻1・東.JPG花と彫刻2・東.JPG

↓加藤勝久「這い上がる男」          ↓岩谷誠久「晩夏」
花と彫刻3・加藤.JPG花と彫刻4・岩谷.JPG

↓高砂晴光「木洩れ日の刻」          ↓酢谷 宏「WORK XVⅡ」
花と彫刻5・高砂.JPG花と彫刻6・酢谷.JPG

↓杉村 仁「使徒」
花と彫刻7・杉村.JPG

↓生島豊昭「みんなまあるく」         ↓堀 信二「TOWER 61」
花と彫刻8・生島.JPG花と彫刻9・堀.JPG

↓恵村正大「里山からのおくりもの」      ↓北田洋子「うつぼ公園の鳥たち」
花と彫刻10・恵村.JPG花と彫刻12・北田.JPG

↓うらはら まさひこ「green & life (マチノチイサナ杜カラ)」
花と彫刻11・うらはま.JPG

↓福島 知「月の中から再生する」       ↓中本岩雄「遠い街」
花と彫刻13・福島.JPG花と彫刻14・中本.JPG

↓梶原英俊「タゲッター」
花と彫刻15・梶原.JPG

↓生田謙一郎「ココロのキモチ」        ↓山田実「EHO-恵方(2017北北西-白)」
花と彫刻16・生田.JPG花と彫刻17・山田.JPG

↓播間公次「夢待時」
花と彫刻19・播間.JPG

↓峯山 聡「空に向かって」          ↓大津ヒロヨシ「WORK 2017」
花と彫刻20・峯山.JPG花と彫刻21・大津.JPG

隣接しているバラ園に入ります。祝日のポカポカ陽気でしたので、家族連れが多かったですね。
↓バラ園の入口からの遠景
花と彫刻22・.JPG

↓バラ園の奥からの遠景
花と彫刻23.JPG

↓淀川和男「絆ー風にのって」          ↓田村晴江「そよ風」
花と彫刻24.淀川.JPG花と彫刻25・田村.JPG

↓大家 勝「赤の記憶」             ↓佐野祥久「増殖」
花と彫刻26・大家.JPG花と彫刻27・佐野.JPG

↓佐藤浩二郎「恋する乙女♪ 情熱スマッシュ!!」
花と彫刻28・佐藤.JPG

↓ヒロ忠之「火水月(ひくらげ)」
花と彫刻29・ヒロ.JPG

↓吉行敏和「WIND TRIP 2017-L」        ↓岡村三郎「スワッテチョー」
花と彫刻30・吉行.JPG花と彫刻31・岡村.JPG

【過去の花と彫刻展の記事一覧】
第38回:2007年10月23日
第40回:2009年10月15日(1)
第40回:2009年10月17日(2)
第41回:2010年10月28日
第42回:2011年10月26日
第43回:2012年11月10日
第44回:2013年10月29日
・第45回:2014年11月3日掲載と11月4日掲載
・第46回:2015年10月20日掲載と10月21日掲載
・第47回:2016年11月2日掲載
・第48回:2017年11月4日掲載

==========================================

◎樋口新葉、70点超えで2位 本田6位 フィギュアSP
http://www.asahi.com/articles/ASKC33FCNKC3UTQP002.html?iref=comtop_8_07
↓(朝日新聞デジタルより)
フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦の中国杯は3日、女子のショートプログラム(SP)があり、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が70・53点で2位と好発進した。本田真凜(大阪・関大高)は66・90点で6位。三原舞依(シスメックス)は66・90点で7位。本田と三原は同じ点数で並んだが、技術点が高い本田が上になった。
首位はガブリエル・デールマン(カナダ)で70・65点。エレーナ・ラジオノワ(ロシア)が70・48点で3位に続いた。
 男子SPは田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が87・19点で4位発進。ミハイル・コリャダ(ロシア)が103・13点で首位に立ち、金博洋(中)が93・89点で2位、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)は90・57点で3位だった。

#####################################
nice!(25)  コメント(8) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - イベント ブログトップ