So-net無料ブログ作成
検索選択

中島義行 油絵展、北陸4県食べ歩き飲み歩き(阪神梅田本店)、錦織の最新世界ランク4位 [美術画廊]

3月21日(火)   先日、阪神梅田本店の美術画廊に立ち寄りましたので、紹介します。

◎中島義行 油絵展
期間:2017年3月15日~3月21日
会場:阪神梅田本店9階 美術画廊
https://www.hankyu-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00312395/?catCode=601006&subCode=602012
http://www.d-sugi.jp/guide1.html
スペインの民族衣装で着飾った女性達や、大輪のひまわりの花。名門のスペイン王立サン・フェルナンド美術学校(現マドリード大学美術学部)を日本人として初めて正式入学、卒業されました。
マドリードにアトリエを構える中島義行の写実力溢れる作品20余点を展観。

【略歴】
1949年 愛知県一宮市に生まれる
1971年 スペイン王立サン・フェルナンド美術学校(現マドリード大学美術学部)に入学
1972年 同大学より名誉登録・優秀賞受賞
1975年 サン・フェルナンド美術館買い上げ
1976年 同美術大学・教職コース終了 プレミオ・アダッハ展出品
1977年 東京にて個展開催 以後現在に至るまで、東京・名古屋・大阪にて個展開催
現在、マドリード在住

↓「バレンシアの衣装」
中島1・バレンシアの衣装.jpg

↓「サモーラの三人」
中島2・サモーラの三人.jpg

↓「蕾のある向日葵」
中島3・蕾のある向日葵.jpg

======================================
9階の美術画廊を鑑賞後、8階の催場へ立ち寄りました。北陸4県の物産展をやっていました。

◎北陸4県食べ歩き飲み歩き(福井・石川・富山・新潟)

期間:2017年3月15日~3月21日
会場:阪神梅田本店8階 催場
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/hokuriku/index.html/?from=9
福井・石川・富山・新潟。地元で愛される食と酒、約60店が集合!
金沢の近江町市場から、ノドクロ、白えびなどボリュームたっぷりの海鮮丼「大名丼」が登場。そのほか、富山「麺家 いろは」、福井「越前そば 西村屋」などイートインも充実。
また、会場では、北陸4県の地酒やビールもご用意。県外にあまり出回らないお酒を中心に揃えた「新潟の地酒バー」や「北陸のお酒の飲めるとこ」で、飲み比べ!
新潟で愛されるソウルフード「イタリアン」も、阪神オリジナルメニュー投入でバージョンアップ。ぜひ地元で愛される食と酒を立ち食いスペース「スナックパーク北陸」でお楽しみ下さい!

↓チラシ
阪神の北陸4県食べ歩き.jpg

弁当を買って帰りました。

★近江町市場寿しのど黒入り海鮮チラシ」 1,490円
http://www.ichibazushi.co.jp/
近江町市場寿し1.JPG
近江町市場寿し2.JPG
※美味しかったですが、「のど黒」が一切れだけでしたので、物足りなさを感じました。

=====================================

◎昨日の阪神タイガース(オープン戦)

回 数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) ZOZOマリン、13:00、18,802人
阪 神:000・010・002・・・・3・・・・(8)
ロッテ:001・030・20×・・・・6・・・・(9)

【本塁打】新井良太1号2ラン(9回、高野)
【マルチ安打】上本2
【打点】高山1、新井2
【失策】中谷1、鳥谷1
【投手】
●岩田  5回、25人:5安打、2三振、3四球、4失点(自責3)(1勝1敗)
・桑原  1回、4人:1安打、2三振、無四球、1失点
岩﨑  2回、9人:3安打、3三振、1四球、1失点
○スタンリッジ 5回、21人:6安打、2三振、1四球、1失点(1勝)

=====================================

◎昨日のセンバツ高校野球(2日目、一回戦)

盛岡大付(岩手)10-9高岡商 (富山)

報徳学園(兵庫)21-0多治見 (岐阜)

前橋育英(群馬)5-1中村 (高知)

==================================================================

◎錦織は、過去最高の世界ランク4位に並ぶ

↓(朝日新聞デジタルより)
男子テニスの20日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)が5位から自己最高に並ぶ4位に浮上した。昨年10月31日付以来で、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と入れ替わった。
 BNPパリバ・オープンで4回戦に進んだ西岡良仁(ミキハウス)は70位から58位に浮上。杉田祐一(三菱電機)は97位、ダニエル太郎(エイブル)は100位に上がった。
 1位アンディ・マリー(英国)、2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、3位スタン・バブリンカ(スイス)は動かず、BNPパリバ・オープンを制したロジャー・フェデラー(スイス)が四つ上げて6位となった。
 ※22日から始まるマスターズ・マイアミOPには、マレーとジョコビッチが怪我のため不出場となったので、錦織はマスターズ初制覇のチャンスですね。

女子では、大坂なおみ(日清食品)が52位から日本勢最高の49位に浮上した。土居美咲(ミキハウス)は四つ下がり51位。日比野菜緒(ルルルン)は80位、尾崎里紗(江崎グリコ)は87位に上がった。
 アンゲリク・ケルバー(ドイツ)が2位から1位に返り咲き、セリーナ・ウィリアムズ(米国)は2位に落ちた。3位はカロリナ・プリスコバ(チェコ)。

#########################################

モーゼル展(阪急うめだ本店)、柴犬「はな」、センバツ開幕 [美術画廊]

3月20日(月)   昨日は、春のお彼岸の期間中でしたので、北摂霊園へ墓参りしてきました。

↓墓参中、大人しく待っている「はな」
墓参り1.JPG

 さて先日、阪急うめだ本店の美術画廊を鑑賞した序でに、阪急うめだギャラリーで開催中の「モーゼル展」を観てきました。

◎モーゼル展ボヘミアガラスの魅力・創業160周年
期間:2017年3月15日~3月20日
会場:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー
入場無料
http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a01/00517994/?catCode=601006&subCode=602011&link_art20170317

モーゼル」とは
1857年 ガラス彫刻家であり経営者としても手腕をふるったルードウィック・モーゼル(1833-1916)がガラス装飾工房とガラス食器の店をチェコ・ボヘミア西部の都市、カルロヴィ・ヴァリに設立しました。
「モーゼル」の特徴とは
鉛を一切使わないエコロジークリスタル。クリスタルと言えば、一般的には鉛ガラスですが、モーゼルは鉛の代わりにブナ等の灰(炭酸カリウム)を入れた高品質のクリスタルガラスです。

1910年代からドイツや英国の研究所の協力のもとでレアアースをガラスに混ぜ、天然貴石に似たカラーの開発に1920年成功しました。天然石のように物静かな存在感が魅力です。
加工技法も、カット・彫刻・エナメル彩絵付け・ハンドペイント・象嵌等がある中、彫刻(エングレーヴィング)と呼ばれる技法は、モーゼル独特の深彫で、静物の躍動感、花々の立体感を表します。
オールハンドメイドの製法を守るボヘミアガラスの老舗「モーゼル」の作品を楽しめます。
(以上は、阪急のスタッフブログより)

↓パンフレット(表)
モーゼル1.jpg

↓パンフレット(裏)
モーゼル2.jpg

以下の写真は、「アートのある暮らし」より借用
↓会場入口
モーゼル3.jpg

モーゼル4.jpg

モーゼル5.jpg

モーゼル6.jpg

モーゼル7.jpg

モーゼル8.jpg

↓★同時開催「エーゲルマン展」
モーゼル9・エーゲルマン.jpg
ノヴィ・ボール地方のガラス職人B・フリードリッヒ・エーゲルマンが16年もの歳月をかけて生み出した独自製法による赤いガラス。
1832年に生まれたエーゲルマンガラスは、その華やかで独特な色彩を持つガラスに、卓越した彫刻技術で装飾が施され、第一次世界大戦後にチェコガラス産業を再生させる原動力ともなりました。エーゲルマンガラスはボヘミアの古典的な工芸品として、現代でも世界中の人々から愛されています。

=======================================

◎昨日の阪神タイガース(オープン戦)

回数:123・456・789・・・・・計・・・・・(安打) 13:00、 20,914人
阪神:300・000・000・・・・・3・・・・・(5)
ヤクルト:110・000・001・・・・・3・・・・・(11)

【本塁打】糸井1号3ラン(1回、オーレンドルフ)
【マルチ安打】中谷2
【打点】糸井3
【失策】高山1、上本2(いずれも失点に繋がる)
【投手】
・能見  5回、25人:7安打、5三振、2四球、2失点(自責1)
・伊藤  1回、4人:1安打、2三振、無四球、無失点
・松田  1回、3人:無安打、1三振、無四球、無失点
・藤川  1回、5人:2安打、1三振、無四球、無失点
・マテオ 1回、7人:1安打、2三振、1死球、1失点(自責0)
・オーレンドルフ 6回、22人:2安打、5三振、3四球、3失点

阪神4・糸井.jpg
↑本塁打を打った糸井選手(写真は、デイリースポーツより)
阪神3・上本.JPG
※阪神は守備に不安がありますね。失策は全て失点に繋がりました。
※糸井は存在感ありますね。早速、本塁打ですものね。
※鳥谷が昨年同様、冴えないですね。連続試合出場も消える危機ですね。

=======================================

◎昨日の柴犬「はな」

↓朝の散歩中のスナップ写真です
はな散歩3.JPG
はな散歩2.JPG
はな散歩1.JPG
※散歩終了後、一緒に墓参りに行きました。

====================================

◎センバツ高校野球の結果


至学館(愛知)   5 - 6 試合終了(延長12回)   (広島)


日大三(東京)    5 - 12 試合終了   履正社(大阪)


熊本工(熊本)    0 - 9 試合終了    智弁学園(奈良)


#####################################

藤井路夫 油絵展、松崎勝美 石彫展(阪急うめだ本店)、本田真凛連覇逃す [美術画廊]

3月19日(日)   先日、阪急うめだ本店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎第8回 藤井路夫 油絵展原点回帰
期間:2017年3月15日~3月21日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://www.eonet.ne.jp/~kazenokioku/
https://www.hankyu-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00058057/?catCode=601006&subCode=602012
http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00518380/?catCode=601006
13歳の頃、自宅周辺の水路や古橋を油絵で描き始める。小学校の頃、自宅に向かう下校途中、道草をし、風に吹かれ独り歩いた長い帰り途、家に着くことを微かに望みながら想い感じた幼心が、私の画の原点であり、主たる画題になっています。
 今展では、富山の木造駅舎、岡山の棚田、千葉のローカル線、駒ケ根の桜など旅先で出会った情景や、地元の水辺・アトリエに住む猫などを題材にした新作30余点を展観。

【略歴】
1964年、京都府に生まれる
1978年、独学で油彩画に取り組む(13才)。師は辻真砂
1979年、個展(14才・油彩画)
1986年、京都精華大学、美術学部、洋画卒
1987年、渡米(ニューヨーク)
1993年、しが美術研究所 代表(~2003)
1998年、人体デッサン研究(関西美術院)
1999年、渡欧(パリ・スペイン)同00、06、10
2002年、渡欧(トルコ東部)
2003年、第1回藤井路夫油絵展(阪急うめだ本店)以降隔年
現在、滋賀県東近江市在住

作品の写真は、本展のリーフレットと、「アートのある暮らし」より借用。
↓「春の途」(滋賀県大津市)
藤井1.jpg

↓「繋ぐ道」(千葉県小湊鐵道)
藤井2.jpg

↓「春駅舎」(千葉県小湊鐵道)
藤井3.jpg

↓「栖林の桜」(長野県駒ケ根市)
藤井4.jpg

↓「軒下の道」
藤井6.jpg

↓「黄昏時」(スペイン)
藤井5.jpg

↓「春暮色」(滋賀県近江八幡市)
藤井7.jpg

↓「渓谷」(熊本県菊池市)
藤井8.jpg

↓「結ぶ姿」
藤井9.jpg

↓「寒中沿線」(千葉県小湊鐡道)
藤井10・寒中沿線.jpg

=========================================

◎第12回 松崎勝美 石彫展想守(おまもり)
期間:2017年3月15日~3月21日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
http://matsuzakikatsuyoshi.com/
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00250722/?catCode=601006&subCode=602012
http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/06/a02/00518505/?catCode=601006&subCode=602012
姫路城の石垣土台にも使われているほど、硬く彫りにくい竜山石(たつやまいし)。石彫作家・松崎勝美の手にかかると、何とも柔らかで優しい雰囲気に。今展では50余点を展覧、会場に小さな庭も登場します。

【略歴】
1959年 京都人形頭師 川瀬猪山を曾祖父に持ち京都に生まれる
1986年から石の仕事に入り、全国各地、New York・Paris・台湾・香港・韓国にて個展
成田国際空港第2ターミナル サテライト到着コンコース、アートワーク「日本の手わざ」制作
主に兵庫県高砂石「竜山石」で制作

↓パンフレットの表と裏
松崎1.jpg松崎2.jpg

以下の写真は、「アートのある暮らし」より借用
↓「ようこそ」会場の一角に石が敷き詰められた和風の庭
松崎3.jpg

↓「ちゅっ」
松崎4.jpg

↓「あかり」
松崎5.jpg

↓「ぶかぶか」
松崎6.jpg

↓「福」「名前をつけてください」
松崎7.jpg

↓会場の展示品
松崎8.jpg

竜山石(たつやまいし)は、兵庫県高砂市伊保町竜山に産する石材名。淡緑色あるいは淡黄褐色の流紋岩質凝灰岩。耐火性に富み、風化しにくい加工に適した強度と粘りを有する凝灰岩である。採石場の近くを流れる法華山谷川(洗川)からの舟運で西日本各地に運ばれ、時代を問わず建築物や石仏等に利用された。古墳時代中後期の長持形石棺・家形石棺、奈良時代の平城宮および恭仁宮の礎石、近代の旧造幣寮貨幣鋳造所、住友ビルディング、名古屋市公会堂の外壁が知られる。
文化財修復用の石材としても利用される。姫路城の石垣、鳥取藩主池田家墓所の玉垣、山本能楽堂などが知られる。

=======================================

◎パリバ・オープン、錦織準決勝進出ならず

テニスのBNPパリバ・オープンは17日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、男子シングルス準々決勝で第4シードの錦織圭(日清食品)は第17シードのジャック・ソック(米国)に3―6、6―2、2―6で敗れた。
 錦織は第1セットでミスを多発させて落とした。第2セットは2度ブレークして奪い返したが、第3セットは第1、5ゲームのサーブを破られ、そのまま押し切られた。
錦織は、次は来週から始まるマイアミ・オープンに出場する。

==========================================

◎昨日の阪神タイガース(オープン戦)

回 数:123・456・789・・・・計・・・・(安打) 横浜。13:00、22,321人
阪 神:000・001・000・・・・1・・・・(4)
DeNA :000・000・000・・・・0・・・・(5)

【打点】北條1
【投手】
○岩貞   6回、24人:4安打、8三振、2四球、無失点(1勝)
・高橋1回3分の1、4人:無安打、1三振、無四球、無失点
・桑原 3分の2 、2人:無安打、1三振、無四球、無失点
Sドリス  1回、4人:1安打、無三振、無四球、無失点(1勝2S
●ウィーランド5回3分の2、20人:4安打、3三振、無四球、1失点(1勝2敗)

阪神1・岩貞.JPG阪神2・北條.JPG

※糸井が初めて3イニング守備につき、軽快な動きを披露しました。福留もオープン戦初安打記録。

=====================================

◎本田真凛、連覇出来ず悔し涙

↓(サンケイスポーツより)
フィギュアスケート・世界ジュニア選手権最終日(18日、台北)女子はショートプログラム(SP)2位の本田真凛(15)=大阪・関大中=が自己ベストを更新するフリー2位の133・26点をマークし、合計201・61点で2位。日本勢初の連覇はならなかった。同3位の坂本花織(16)=神戸FSC=は合計195・54点で3位、同5位の白岩優奈(15)=関大KFSC=は合計174・38点で5位だった。アリーナ・ザギトワ(14)=ロシア=がSPに続きフリー1位となり、ジュニア歴代最高得点となる合計208・60点で優勝した。
 過去にソチ五輪男子金メダルの羽生結弦(22)=ANA=ら多くのスケーターが使用してきた「ロミオとジュリエット」に乗った真凛は、フリップ-トーループの2連続3回転を含め、7つのジャンプをすべて成功。演技を終えると笑顔でガッツポーズし、両手で口を押さえ、見守った浜田美栄コーチ(57)と抱き合った。
「キス・アンド・クライ」で得点を見届けると、歓喜の涙を流した。
 SPで自己ベストを2・24点更新する会心の演技で2位と好発進した。ジュニアGPファイナル女王のザギトワと2・23点の小差で迎えたフリーで、V2の重圧をはねのけ、自身初の200点超えを達成。シーズン前から連覇を公言し、自らを追い込んだ大会で、真凛が大人の階段をまた一歩、上った。
坂本花織の話「目標をやっと達成できた。全く悔いはない。(同じリンクで練習する四大陸選手権優勝の)三原舞依ちゃんには負けてられないなと思って滑った」
白岩優奈の話「最後まで滑り切れてほっとした気持ち。けがもあったけど、世界のトップ選手と正面から正々堂々と戦えてよかった」
フィギュア2.JPG
フィギュア1.JPG
※本田は、試合後のインタビューで、SPとフリーともノーミスの演技をして200点超えをしても、連覇出来なかった悔しさで、涙を見せていましたね。

####################################