So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

阪急×アートコレクターズニュースター達の美術展、半弓会(阪急)、甲子園ボウル関学優勝 [美術画廊]

12月17日(月)   先日、阪急百貨店の美術展を鑑賞してきたので紹介します。

◎半弓会
期間:2018年12月12日~12月18日
会場:阪急うめだ本店7階 美術画廊
https://www.hankyu-dept.co.jp/hkblog/living-watch/living/LivingShop46/00702819/?catCode=301007&subCode=302354
阪急百貨店の創始者である小林一三の呼びかけにより、昭和13年に始まった絵画展覧会「半弓会」。名前の由来は”今まさに矢を放とうとする弓のかたち”と”阪急”を掛け合わせ、その時代の勢いある作家を紹介する意図を込めて、名付けられました。本年も、日本画壇、洋画壇を代表する作家の最新作を一堂に展観。本展のパンフレットやチラシはありませんので、以下の写真(サイトより借用)は出品とは一致していません。

【出品予定作家】
★日本画:上村淳之、田渕俊夫、土屋禮一、中島千波、那波多目功一、濱田昇児、松村公嗣
★洋画:青木敏郎、奥谷 博、絹谷幸二、中山忠彦、福岡通男

↓青木敏郎
半弓1・青木.jpg

↓濱田昇児
半弓2・濱田.jpg

↓絹谷幸二
半弓3・絹谷.jpg

※各作家1作品だけの展示だったので、広いスペースの画廊には、寂しく感じられましたね。

【過去の半弓会のブログ記事】
2014年12月14日掲載
2015年12月15日掲載
2017年12月18日掲載

====================================

◎阪急×アートコレクターズ ニュースター達の美術展2018
期間:2018年12月12日~12月17日
会場:阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー&アートステージ
入場無料
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_newstar2018/index.html
月刊「アートコレクターズ」誌上で掲載された、次世代を担う新星たちの新作を一堂に。日本画、洋画、抽象、具象、立体、ジャンルを超えて展観。

↓パンフレット(表)
ニュースター1.jpg

↓パンフレット(裏)
ニュースター2.jpg

↓会場の様子
ニュースター3.jpg
ニュースター4.jpg

↓安冨洋貴
ニュースター1・安冨洋貴.jpg

↓ロームカウチ
ニュースター2・ロームカウチ.jpg

【過去のニュースター達の美術展のブログ記事】
2016年7月10日掲載
2017年7月9日掲載

=======================================

◎甲子園ボウル、関学29度目の優勝
https://www.asahi.com/articles/ASLDJ2HZTLDJPTQP00C.html?iref=comtop_8_02
↓(朝日新聞デジタルより)
アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝・甲子園ボウルは16日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、関学大が早大を下し、2年ぶりの頂点に立った。その中心にいたのが、5月に日大の悪質タックルの被害者になったQB奥野耕世(2年)だ。急成長した若きQBが関学大を29度目の学生日本一に導いた。

↓QB 光籐航哉(4年)主将
甲子園ボウル1.jpg

↓QB 奥野耕世(2年)
甲子園ボウル2.jpg

今季のチームが始まった時、奥野は関学大のエースQBではなかった。昨季スターターQBを務めた西野航輝(4年)、2番手で今季は主将を務める光藤航哉(4年)が残っていて、良くても3番手という見方だった。しかし、奥野は小学生から一貫してQB。小柄だが、守備陣に追い回されても逃げながらパスを投げたり、「パスが投げられない」と思った時にすぐに自ら走ることに切り替えることができたり。QBに必要な「状況に応じた判断力」が抜群。そして、決めなくてはいけない時に決める、という「勝負勘」が優れている。
 アメフトのQBは攻撃の司令塔と言われる。パスを投げる時は相手守備の作戦を瞬時に読み取り、自らの判断でターゲットを選び、投げ込む。QBの力量がチームの実力を左右すると言っても過言ではない大事なポジションだ。
 関学大の首脳陣は、そんな奥野の能力に期待。今春から奥野に出場機会を与えて、どこまでできるのか試した。その矢先に悪質タックルを受けて、戦線離脱。社会問題化し、奥野は精神的に追い込まれたが、「アメフトが好き」という原点に立ち返って、必死に前を向いて練習してきた。
 それが、秋の終盤に花開く。関西学生リーグ第6節の引き分けた関大戦。実質的には負け試合だったが、最後の攻撃で奥野が冷静にパスを投げ込んで同点に持ち込んだ。西日本代表決定戦の立命大戦は残り2秒から逆転サヨナラフィールドゴール(FG)で勝ったが、そのFGをお膳立てしたのも奥野のパスだった。「自分がやらないといけないことをやっているだけ」と話すが、土壇場で結果を出し続けた。そして、関西学生リーグの最優秀選手(松葉杯)に輝き、誰もが「関学大のエースQB」と一目置く存在になった。

※我が母校が勝利しましたが、後半は緩んだ試合展開でしたね。正月のライスボウルでは社会人チームの胸を借りで、学生チャンピオンらしい試合をして欲しいですね。

#####################################

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

武田けえこ 日本画展、西端春奈 作陶展(大丸心斎橋店)、google検索ランキング、神戸製鋼優勝 [美術画廊]

12月16日(日)   先日、大丸心斎橋店の美術画廊に立ち寄りましたので紹介します。

◎武田けえこ 日本画展花に想いをよせて
期間:2018年12月12日~12月18日
会場:大丸心斎橋店北館12階 美術画廊
http://easy-art.jp/members/k_takeda
花に想いをよせて風にそよぐ草花、刻々と表情を変える月、風景。その出会いに、いつもいつも、魅了されずにおられません。感動の再現。さまざまな出会いの感動を、一度心に沈め、再び浮かび上がって来た時に広がった感情を表現しております。そして、日本には美しい詞がたくさんあります。情景と詞の出会い。美しい出会いを心を込めて描き続けてゆきたいと想っております。
                      (武田 けえこ)

【略歴】
1957年 大阪府生まれ
1976年 大阪府立夕陽ケ丘女子職業訓練校
      テキスタイルデザイン課卒業
2002年 公募天陽会展入選 
      以後毎年出品
2003年 公募元展入選
      以後毎年出品
2005年 元展新春展出品 
      大阪リーガロイヤルギャラリー
      以後毎年出品
2015年 京阪百貨店 守口店 美術画廊にて個展
現在    東大阪市在住

↓案内状
武田1.jpg
武田2.jpg
↑「花ごころ」

↓「花日和」
武田1.jpg

====================================

◎西端春奈 作陶展みんなの祝祭
期間:2018年12月12日~12月18日
会場:大丸心斎橋店北館12階 現代陶芸サロン桃青
http://www.gallerytosei.com/daimaru/2018/nhh1812.html
今にも動き出しそうないきものたちはどれも愛らしく、自然と笑みがこぼれます。
丹波特有の赤土へ化粧土を施し、その表面へ描かれる色鮮やかな草花が、慶びを招くようです。心を暖め、弾ませる、いきものたちのお祭。ぜひ、お手に取ってご覧くださいませ。

【略歴】
昭和54年生まれ
平成10年 篠山鳳鳴高等学校卒
平成14年 京都精華大学 芸術学部デザイン学科卒
平成22年 個展 大丸京都店
平成24年 個展 大丸京都店
平成25年 父子展 アメリカ タッチングストン サンタフェ
平成26年 個展 阪急うめだ本店

↓案内状
西端1.jpg
西端2.jpg

↓以下の写真は、現代陶芸サロン桃青のサイトより借用
西端1.jpg

西端2.jpg

西端3.jpg

西端4.jpg

西端5.jpg

西端6.jpg

=====================================

◎google 検索ランキング2018
https://gigazine.net/news/20181213-google-year-in-search-2018/
https://japan.googleblog.com/2018/12/year-in-search-2018.html
Google では、2018 年 ”平成最後” の Google 検索ランキングを12月12日に発表しました。急上昇ランキングは、昨年と比較して 2018 年中に Google で検索が急上昇したキーワードで、今年の話題や流行を反映しています。(調査対象期間: 2018 年 1 月 1 日~ 12 月 1 日)
 今年のトレンドを映す急上昇ランキングでは、下馬評を覆し決勝トーナメントに進出、日本中が熱狂した「ワールドカップ」が 1 位となりました。 2 位には、同じくスポーツ関連で、日本人も大活躍した冬季「オリンピック」が、 3 位には、各地で被害をもたらした「台風」がランクインしました。

◆急上昇ランキング
1 位、ワールド カップ
2 位、オリンピック
3 位、台風
4 位、山口達也
5 位、漫画村
6 位、大阪地震
7 位、大杉漣
8 位、吉澤ひとみ
9 位、大谷翔平
10位、 北海道地震

◆話題の人(総合)
1 位、山口達也
2 位、大杉漣
3 位、吉澤ひとみ
4 位、大谷翔平
5 位、西城秀樹
6 位、大坂なおみ
7 位、宇野昌磨
8 位、カーリング女子
9 位、さくらももこ
10位、 平野歩夢

◆話題の人(男性)
1 位、山口達也
2 位、大杉漣
3 位、大谷翔平

◆話題の人(女性)
1 位、吉澤ひとみ
2 位、大坂なおみ
3 位、カーリング女子

◆平成
1 位、2018年 平成
2 位、平成30年7月豪雨
3 位、平成 いつまで
4 位、平成細雪
5 位、平成最後

◆〇〇とは
1位、 仮想通貨とは
2 位、皆既月食とは
3 位、ビットコインとは
4 位、裁量労働制とは
5 位、ガバナンスとは

◆○○ 仕組み
1 位、仮想通貨 仕組み
2 位、ビットコイン 仕組み
3 位、ブロックチェーン 仕組み
4 位、ワニワニパニック 仕組み
5 位、バーチャル ユーチュー バー 仕組み

◆ドラマ
1 位、今日から俺は
2 位、花のち晴れ
3 位、おっさんずラブ
4 位、半分、青い
5 位、ポプテピピック

◆映画
1 位、カメラを止めるな
2 位、ボヘミアン ラプソディ
3 位、グレイテスト ショー マン
4 位、ジュラシック ワールド
5 位、万引き家族

【過去のgoogle検索ランキングのブログ記事】
2016年12月17日掲載
2017年12月29日掲載

=====================================

◎神戸製鋼、18季ぶり10度目V ラグビー日本選手
https://www.asahi.com/articles/ASLDH4D04LDHUTQP010.html
↓(朝日新聞デジタルより)
ラグビーのトップリーグ(朝日新聞社後援)の年間王者を決める総合順位決定トーナメント決勝を兼ねた第56回日本選手権決勝が15日、東京・秩父宮ラグビー場であり、神戸製鋼がサントリーを55―5(前半22―5)で下し、最多記録を更新する18季ぶり10度目の優勝を果たした。トップリーグではリーグ初年度以来、15季ぶり2度目の優勝となった。

神戸製鋼は前半3分と12分にWTBアンダーソンが立て続けにトライを決め、12点を先行。サントリーは18分に新人尾崎のトライで追い上げた。神戸製鋼は37分、有田が相手FB松島のキックをチャージするとそのままトライ。22―5とリードして折り返した。神戸製鋼は後半も攻撃の手を緩めなかった。
 ラグビー日本選手権は1963年度に始まり、社会人と大学の優勝チームが対戦する方式が96年度の第34回大会まで続いた。大学側は同志社大、早大、日体大、明大、慶大が社会人王者を破って日本一に輝いたが、95年のアマチュア条項撤廃以降は双方の実力差が拡大。97年度からは社会人と大学の複数チームが参加するトーナメント方式が採用された。2015年度は社会人と大学の王者の対決が採用されたが、昨季から大学の出場枠は撤廃された。
 今季はトップリーグ順位決定トーナメントの4強以上の戦いが、日本選手権と兼ねて行われる形式となった。2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に向けて日本代表の準備期間や選手の休養を確保するためトップリーグが短期日程となり、決勝も年内開催となった。

####################################

nice!(22)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

OSAKA ART FES @梅田 Hanshin、Melting Pot(阪神) [イベント]

12月15日(土)   30年以上続いている年末恒例の「歳末美術展」が、新しいアートの楽しみかたを提案する「OSAKA ART FES」として生まれ変わりましたので行ってきました。

◎OSAKA ART FES @梅田 Hanshin
期間:2018年12月12日~12月18日
会場:阪神梅田本店8階 催場
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000477.000014431.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000123-natalieo-ent
https://www.lmaga.jp/news/2018/12/53824/
https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl
「新しいアートの楽しみ方」をテーマに巨匠の名作から現代アートまで、11のギャラリーが出展。今回特別企画として、ゆりやんレトリィバァ、ミキ、アインシュタインほか、よしもとの若手芸人約80名が“夢”をテーマに制作したキャンバスアート作品と、私物カスタマイズ作品約100点以上を展示・抽選販売する。ワークショップやライブパフォーマンスなども開催。

↓パンフレット(表)
osaka art1.jpg

↓パンフレット(裏)
osaka art2.jpg

↓草間彌生「南瓜」リト・コラージュ
osaka2・草間.jpg

↓左から、ゆりやんレトリィバア「I was born in 1990!」、霜降り明星粗品「名言」
osaka3・ゆりやん.jpg

↓銀座かわうそ画廊のサイトより
OSAKA1.jpg

↓会場の案内図
osaka art3.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎Melting Pot 2018+ 大阪芸術大学工芸学科金属工芸コースOB・学生展
期間:2018年12月12日~12月18日
会場:阪神梅田本店9階 美術画廊(OSAKA ART FES 2018@梅田 Hanshin 第2会場)
http://salonmosaic.info/2018/11/29/melting-pot-2018%EF%BC%8B/
1970年に誕生、約800名の卒業生を輩出してきた金属工芸コースの現役学生とOBによる作品展。今回は、立体造形からジュエリー、伝統的な工芸作品までを一堂に展観。「OSAKA ART FES 2018@
梅田 Hanshin」との連携企画として幅広い表現が楽しめます。

↓案内状
melting2.jpg
melting1.jpg

↓北直人「真鍮ピンブローチ」
melting3.jpg

↓吉田昇平「タイムマシンNo.15」
melting4.jpg

【過去の歳末美術展のブログ記事】
2016年12月17日掲載

====================================
nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:アート
前の3件 | -