So-net無料ブログ作成

神戸市立博物館の「トリノ・エジプト展」 [美術館]

3月25日(木)   23日に神戸市立博物館へ行き、標記の展覧会を観て来ました。
この日は休館日で、これを利用してアスパラクラブが招待したもの。私達は招待券が当ったので、出かけました。招待数が多かったので、館内は混雑し、ゆっくり鑑賞することは出来ませんでした。

トリノ・エジプト展
開催場所:神戸市立博物館
開催期間:2010年3月20日~5月30日
巡回展:東京都美術館は2009年8月1日~10月4日
    宮城県美術館は2009年10月17日~12月20日
    福岡市美術館は2010年1月5日~3月7日
    静岡県立美術館は2010年6月12日~8月22日

神戸市立博物館の外観です。
エジプト展外観.JPG

博物館の内部の記念撮影ポイントです。もちろん展示室内は撮影禁止です。
エジプト展内部.JPG

パンフレットの表裏です。
エジプト展表.JPGエジプト展裏JPG.jpg

パンフレットの解説文を掲載します。
 大型彫像、彩色木棺、石碑、アクセサリー、ミイラなど、ドラマチックな演出でイタリアの古代エジプトコレクションが蘇る!
 冬季五輪の開催で知られるイタリア北西部の都市トリノに、ロンドンの大英博物館やパリのルーヴル美術館などと肩を並べる世界屈指のエジプトコレクションを誇る、トリノ・エジプト博物館があります。本展では、同博物館のコレクションを初めて日本で紹介!大型彫像やミイラ、彩色木棺、パピルス文書、ステラ(石碑)など選りすぐりの約120点が一堂に並びます。中でもエジプト史上最も有名な少年王ツタンカーメンの彫像が、約200年ぶりにトリノの地を離れ、初来日を果たす事は大きな話題を呼んでいます。また、現地トリノでは、アカデミー賞受賞美術監督ダンテ・フェレッティによる、照明と鏡を駆使した彫像ギャラリーの演出が注目を集めており、日本でも、現地の演出法を取り入れ、2メートル級の大型彫像をドラマチックに演出します!

展示構成は、5つの章からなっています。
●第1章 トリノ・エジプト博物館(28点)
 トリノ・エジプト博物館には、約33,000点のコレクションが収蔵され、約6,500点が展示・公開されています。
エジプト・パピルス.jpgトトメス3世のシリア遠征パピルス

●第2章 彫像ギャラリー(11点)
 暗い展示室に、鏡と照明を駆使して神秘的な雰囲気を出しています。約2メートルの「イビの石製人型棺の蓋」が展示室の中央に立っています。金属光沢の硬い石に繊細な装飾が施されています。
エジプト・イビの石製人型棺.jpgイビの石製人型棺に蓋

門外不出の「アメン神とツタンカーメン王の像」も必見です。ツタンカーメン王をワザと小さく造っているのがミソですね。
エジプト・ツタンカーメン.jpgアメン神とツタンカーメン王の像

●第3章 祈りの軌跡(31点)
 古代エジプト人は、太陽や月のほかに、ハヤブサやライオンやヘビなどの動物を神として信仰していました。
エジプト・ハヤブサ、トキ、ジャッカル.jpgハヤブサ・トキ・ジャッカルの小像

●第4章 死者の旅立ち(27点)
 古代エジプト人にとっては、現世は仮の世界で、死ねばオシリス神となり、死後に再生・復活すると考えていた。第4章では、遺体を納めたさまざまな木棺や副葬品を展示しています。
エジプト・人型棺.jpg

●第5章 再生への扉(19点)
 ここでは、死者が再生に向う道筋が描かれています。本展の最後の出品は、墓に納められた模型船です。冥界へ死者を運ぶ手段もナイル川を渡る船でした。
エジプト・葬送用模型船.jpg葬送用模型船

※館内には、ミイラの作り方の映像も流れていました。遺体の左脇腹を切って内臓を取り出し、鼻の穴から脳みそをかき出し、防腐処理をするそうです。これを観て、実際のミイラを見ると、怖い感じがしましたね。

※今、イタリアのトリノではフィギュアスケート世界選手権が行われています。男子SPで高橋大輔は暫定1位です。是非金メダルを取って欲しいですね。応援しています。
nice!(17)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 17

コメント 12

すーやん

たいっちゃんさん、こちらこそnice!ありがとうございます。
多方面の記事、楽しみにしております。
また、お立ち寄りください。
by すーやん (2010-03-25 07:21) 

人間科学者

パピルスの写真を初めて見ました。
現存しているところがすごいですね。
by 人間科学者 (2010-03-26 00:34) 

たいちさん

すーやんさん、niceとコメント有難うございます。
こちらこそ、宜しくお願いします。
by たいちさん (2010-03-26 11:01) 

たいちさん

★爆弾小僧さん、nice有難うございます。

★pianoさん、nice有難うございます。

★いとおさん、nice有難うございます。

★nitton2さん、nice有難うございます。

★うつマモルさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2010-03-26 11:05) 

たいちさん

人間科学者さん、niceとコメント有難うございます。
このパピルスは、新王国時代、第20王朝(紀元前1186~前1070)のものらしく、よく保存されていましたね。
by たいちさん (2010-03-26 11:18) 

たいちさん

★ヒロさん、nice有難うございます。

★タケルさん、nice有難うございます。

★トメサンさん、nice有難うございます。

★今造ROWINGTEAMさん、nice有難うございます。

★ロボライターさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2010-03-26 11:21) 

collet

トリノにもこれほどの博物館があるとは知りませんでした。
で、、、そのトリノで高橋選手、やりましたね~~(^o^)/
何度見ても気持ちがイイですわ~~
真央ちゃんも続くといいですね!
by collet (2010-03-26 15:02) 

たいちさん

colletさん、niceとコメント有難うございます。
本物のトリノにあるエジプト博物館に行きたくなりましたね。
真央ちゃんは、SPを終わり、好位置につけているので、金は十分狙えますね。テレビで応援しています。
by たいちさん (2010-03-27 18:50) 

たいちさん

★ユーフォさん、nice有難うございます。

★miopapaさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2010-03-27 18:54) 

naonao

この展覧会、東京でやったときに観ました。今となってはかなり昔に観た気がします。エジプト関連は結構観てきてるのでバカにしていったのですが、意外にいいものが来ていましたね。
ミイラはエジプトのミイラもペルーのミイラも中国のミイラもどれもこれも不気味で何度観てもあまりいい気はしませんね。
by naonao (2010-03-27 22:42) 

たいちさん

naonaoさん、niceとコメント有難うございます。
文明の発祥地である古代エジプト展覧会は、厳粛な雰囲気がありますね。ミイラは見せたり、見たりするものではないと思いますね。
by たいちさん (2010-03-28 19:42) 

たいちさん

kiyoさん、nice有難うございます。
by たいちさん (2011-04-29 21:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0