So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

おもてなしの花シリーズ第11集、レディ・ガガ「アリー」グラミー賞4部門ノミネ、 [特殊切手]

12月14日(金)   日本郵便㈱は、手紙・はがきの様々な利用シーンで使える、花を題材としたシリーズの第11弾として、特殊切手「おもてなしの花シリーズ第11集」を本日発行します。

   おもてなし62シート.jpg おもてなし82シート.jpg

◎おもてなしの花シリーズ 第11集
発行日:平成30年(2018)12月14日(金)
料額・種類:(A)62円×5種類(シール式)、(B)82円×5種類(シール式)
シート構成:各10枚(縦5×横2)
切手デザイン:中丸 ひとみ
助言・監修:邑田 仁、飯塚 克身
版式刷色:オフセット5色
発行枚数:(A)1,500万枚(150万シート)、(B)3,500万枚(350万シート)
銘版:カルトール社

【62 円郵便切手】
↓(1)チューリップ スイートピー
おもてなし621.jpg
↑チューリップは、学校花壇の定番、子供たちに人気の花です。鉢植え、切り花としても多用 され、春を飾る代表的な草花です。花色、花姿、草丈に変化が多く、公園、行楽施設などにお ける大面積での植栽はボリューム感ある華やかさが多くの方を魅了しています。
スイートピーは、花色も豊富で、切り花として人気が高いつる性一年草です。やわらかく、 やさしく咲く花姿、香りは春の日差しにマッチすることから多用されています。鉢仕立てで楽 しめるほか、路地植えで、垣根やフェンスを飾っています。

↓(2)バラ
おもてなし622.jpg
↑ 華やかさ、香りが売りもので、洋の東西、時代を問わず多くの方に愛され続けている、花々 の女王と称されている花木です。庭を飾るだけではなく、ブライダルやパーティ等で豪華さや、 華やかさに加えて清楚さをも演出する花材です。贈答品花束にも多用されています。

↓(3)スイセン
おもてなし623.jpg
↑春を待望する、寒さまだ厳しい時期に他の草花に先駆けて庭先に甘い香りを放って咲く姿は、 季節の移ろいを感じさせてくれます。ニホンズイセンは海岸べりに群生して咲き、群生地では 花の話題が少ない時期の見どころとして多くの方々が足を運びます。品種改良により今でも多 くの品種が毎年生まれています。

↓(4)フクジュソウ
おもてなし624.jpg
↑黄花で福と寿を合わせたおめでたい名前を持つこの植物は、新年を飾る、縁起物の花として 鉢植えで出回ります。元日草(がんじつそう)、朔日草(ついたちそう)とも呼ばれており、お 正月を飾る寄せ植え盆栽には欠かせない素材です。日本固有種で、園芸品種も多く栽培されて います。

↓(5)スノードロップ
おもてなし625.jpg
↑ 耐寒性が比較的強く、夏暑いところよりも涼しいところ向きの植物で、寒さまだ厳しい時期 に、白い花がうつむいて咲く花姿が好まれている球根植物です。名前の美しさに惹かれる人も 多い人気ある草花です。春先には小鉢仕立ての鉢物も出回ります


【82 円郵便切手】
↓(1)サクラ
おもてなし821.jpg
↑日本の春を飾る、もっとも親しみを持たれている花木がサクラではないでしょうか。野山を 飾る野生種、公園、校庭、河川沿いを飾る園芸種が春の季節到来を告げ、多くの方がこの花を 愛でに足を運んでいます。また、散る美しさを愛でるのもこの花の特徴です。

↓(2)バラ
おもてなし822.jpg
↑毎年新花が発表され出来栄えを競うコンテストが世界各地で開催されていることを見ても、 この花の変わらぬ人気ぶりがわかります。花を愛でるだけではなく、香り、花、果実が香水、 食用、薬用の原材料として活用されている有用植物でもあります。

↓(3)フクシア
おもてなし823.jpg
↑下向きに咲く花姿が夫人の耳を飾るイヤリングに見立てられる花木です。開花期が長く、花 色も豊富で、下向きに咲くので吊り鉢仕立てやハンギングバスケットにして飾られています。 反り返るがく片、花弁から突出した雌しべ、雄しべのユニークな花姿が魅力の花です。

↓(4)ネモフィラ
おもてなし824.jpg
↑ 澄んだ空色の花は、春の花壇、コンテナの寄せ植え材料として多用されています。近年、大規 模面積に繁茂する植栽が人気で、各地にこの花の名所が誕生しています。他に黒や白の花もあり 鉢の縁からあふれんばかりに咲かせるのも良いものです。

↓(5)クリスマスローズ
おもてなし825.jpg
↑従来は、花色がくすんでうつむきに咲く地味な花でしたが、最近は改良が進み彩の少ない春先 を飾る一品として、花色、花形も豊富な人気ある花です。鉢植えで楽しまれるほか、公園、庭 園に群植されています。新花の創出も盛んで、春先、各地にて展示会が開催されています。

【おもてなしの花シリーズ一覧】
1.第1集:2014.4.3発行
2.第2集:2014.11.6発行
3.第3集:2015.5.29発行
4.第4集:2015.7.31発行
5.第5集:2016.4.1発行
6.第6集:2016.7.15発行
7.第7集:2017.2.15発行
8.第8集:2017.4.4発行
9.第9集:2017.12.13発行
10.第10集:2018.4.2発行
11.第11集:2018.12.14発行

=====================================

◎レディー・ガガ『アリー』メイン曲がグラミー賞4部門ノミネート
https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/レディー・ガガ『アリー』メイン曲がグラミー賞4部門ノミネート%ef%bc%81-「朝から涙が」/ar-BBQKgNG?ocid=spartandhp#page=2
↓(シネマカフェ)
第61回グラミー賞」のノミネーションが発表。歌姫レディー・ガガ主演映画『アリー/ スター誕生』のメイン楽曲「シャロウ ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」が主要部門である“年間最優秀楽曲”、“年間最優秀レコード”をはじめ4部門にノミネートされたことが分かった。
ガガが初主演を務め、ブラッドリー・クーパーが監督・主演を務めた本作は、数々の国際映画祭とあらゆるメディアから絶賛され、ロッテン・トマトでは驚異の90%フレッシュを記録、すでに全世界興行収入400億円突破した話題作。ゴールデン・グローブ賞では、作品賞(ドラマ部門)、監督賞、主演男優賞(ドラマ部門)、主演女優賞(ドラマ部門)、主題歌賞の5部門にノミネートと、アカデミー賞の最優有力候補の筆頭としても注目を集めている。
また劇中で披露される楽曲の数々を収めたサウンドトラックは、全米アルバム・チャート3週連続1位、全英アルバム・チャート2週1位、そして世界83か国のiTunesで1位を獲得し、『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』を抜く驚異的セールスを樹立。
そして今回、「第61回グラミー賞」にて映画のメイン楽曲「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」が主要部門含む4部門にノミネートされたほか、ガガソロ名義の最新アルバム「ジョアン」も“ベスト・ポップ・ソロ・パフォーマンス賞”にノミネートされ、ガガは合計5部門にノミネートとなった。
今回のノミネートを受けてガガは「感激で、朝から涙が止まりません」と心境を明かし、「これを読んでくださっているあなたと、ファンの皆さん、愛しています。この光栄な出来事に、神に感謝します。また、私と共にノミネートされた、真のアーティストであり、ミュージシャンであるブラッドリー・クーパーに、喜びの言葉を送ります。彼の芸術力と彼と私の友情、そして、彼の隣に立てることをとても誇りに思います」とコメントを寄せている。
なお、授賞式は現地時間2019年2月10日(日)に行われる。
『アリー/ スター誕生』は12月21日(金)より全国にて公開。

↓オフィシャルサイトより
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


★米グラミー賞、ケンドリック・ラマーが最多8部門ノミネート
https://this.kiji.is/445579208800240737?c=44341039600582657
↓(シネマトゥデイより)
米音楽界で最も栄誉あるグラミー賞の候補が7日発表され、ラップ歌手のケンドリック・ラマーが最多の8部門でノミネートされ、ドレイクがそれに続いた。


★2019年グラミー賞ノミネート
http://グラミー賞歴代.com/prediction/2019.php
2019年(第61回)のグラミー賞のノミネートの一覧です。 最優秀レコード賞には、事前の予想で最も有力視されていたチャイルディッシュ・ガンビーノの「This is America(ディス・イズ・アメリカ)」のほか、 ドレイクの「ゴッズ・プラン」、カーディBの「アイ・ライク・イット」、レディー・ガガの「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」などが入りました。 今回から「レコード賞」「アルバム賞」「楽曲賞」「新人賞」の主要4部門のノミネート枠が、従来の「5」から「8」に拡大されています。 主要4部門のうち新人賞を除く3部門すべてにノミネートされたのは、 2018年にヒット作を連発したドレイク、カーディB、ケンドリック・ラマーの大物ラッパー3名に加えて、 一般的な知名度が低い女性フォーク歌手ブランディ・カーライル。 入選曲の「ザ・ジョーク」は、 なんと米国チャートの100位以内にも入らなかった曲です。 増枠の影響を感じさせるサプライズとなりました。 確かに、グラミー会員に支持されそうなメロディアスな名曲でメッセージ性も高いので、今後の賞争いの台風の目になるかも知れません。 一方、カーディBがラテン系人気アーティスト2名(バッド・バニー、Jバルビン)と共演した「アイ・ライク・イット」には、近年の音楽業界のラテン旋風という追い風が期待できそうです。 選考結果の発表(授賞式)は2019年2月10月(日)~日本時間2月11日(月)~です。(アワード編集部)

グラミー賞ノミネート一覧

======================================
nice!(27)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年の漢字、NEWS AWARDS 2018、 [ニュース]

12月13日(木)   その年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の「今年の漢字」が12日発表されました。

◎今年の漢字は「災」
https://www.oricon.co.jp/news/2125286/full/
↓(オリコンニュースより)
平成最後となる今年は「」(サイ/わざわい)に決まった。この日午後2時過ぎ、京都・清水寺で森清範貫主が縦150センチ、横130センチの越前和紙に広島県産の熊野筆で力強く揮毫(きごう)した。
漢字.jpg

はがきやウェブサイトを通じた公募で決まる「今年の漢字」は、12月12日の「漢字の日」に一年を振り返り、漢字一字に込められた奥深い意義を再認識する機会を持つことを目的に始まり今年で24回目となる。

 今年は19万3214票の応募があり「」が2万858票。北海道胆振東部地震、大阪府北部地震、島根県西部地震、西日本豪雨、台風21号、24号の直撃、記録的猛暑など、自然「災」害の脅威を痛感した一年で、「災」害の経験から全国的に防「災」意識が高まり、多くの人が自助共助の大切さを再認識した年。

 そのほか、仮想通貨流出、スポーツ界でのパワハラ問題、財務省決裁文書改ざん、大学不正入試問題などの事件が発覚し、多くの人がこれらの出来事を人「災」や「災」いと捉えた。
「災」は、2004年にも選ばれています。

 2位は「平」、3位は「終」、4位は「風」、5位は「変」、6位は「暑」、7位は「大」、8位は「最」、9位は「新」、10位は「金」。

昨年は、度重なる弾道ミサイルの発射や核実験の強行など「北」朝鮮の動向に脅威と不安を感じた年であり、トランプ米大統領来日時の「北」朝鮮による拉致被害者家族との面談で、日本国民が「北」朝鮮拉致問題を再認識した年となった。

※私の今年の漢字は「痛」です
10月に原因不明の坐骨神経痛に襲われ、右尻・右腿・右膝に激痛があり、特に階段を登る時は、手摺に縋りながら登っています。整形外科医院2か所、整骨院1か所で診察しましたが、決め手がありません。股関節のMRIによると、少し股関節に水が溜まっているので、これが影響しているかもとのことです。特別な治療はなく、自力運動療法しかなさそうです。

【近年の今年の漢字】
2006年:「命」
2007年:「偽」
2008年:「変」
2009年:「新」
2010年:「暑」
2011年:「絆」
2012年:「金」
2013年:「輪」
2014年:「税」
2015年:「安」
2016年:「金」
2017年:「北」
・2018年:「災」

====================================

◎LINE「NEWS AWARDS 2018」
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2532
LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、芸能・文化・スポーツ・アーティストなど、各分野でNEWSになった2018年を彩る“話題の人”やLINEユーザーに支持された“メディア”を、当社が運営するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」が独自の基準で選出・表彰する、NEWSの祭典「NEWS AWARDS 2018」を12月10日(月)に初開催した。

★「話題の人」受賞者
アイドル部門:齋藤飛鳥(乃木坂46)
     line1.png

アーティスト部門:DA PUMP(U.S.Aが再ブレイク)
     line2.png

アスリート部門:槙野智章(サッカーW杯日本代表)
     line3.png

芸人部門:野性爆弾 くっきー(白塗りモノマネ)
     line4.png

実業家・政治家部門:前澤友作(ZOZOの創業者)
     line5.png

俳優・女優部門:浜辺美波(第41回日本アカデミー賞新人賞)
     line6.png

文化人部門:福田雄一(ドラマのヒット作お多岐に亘り輩出)
     line7.png


★「メディアの人」受賞者
ニュース報道部門:朝日新聞デジタル
地方メディアⅠ部門:埼玉新聞
地方メディアⅡ部門:琉球新報
地方メディアⅢ部門:山梨日日新聞
ビジネス・テック部門:アスキー
芸能・社会部門:NEWSポストセブン
スポーツ部門:Football ZONE web
グルメ・レジャー部門:東京バーゲンマニア
カルチャー部門:Japaaan
モノ・ファッション部門:Begin NEWS
趣味部門:ベストカーWeb
女性部門:ananweb
暮らし・学び部門:Conobie(コノビー)

<LINE NEWSについて>
LINEが提供するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」は、2013年7月の提供開始以来、LINE NEWSアプリやLINE公式アカウントを活用したダイジェスト配信、「LINE」アプリ内の「ニュースタブ」など、様々な方法でユーザーのニーズにあったニュース配信を行ってまいりました。その結果、2018年3月には月間利用者数が6300万人を突破するなど、スマートフォンニュースNo.1サービス*として成長いたしました。また、スマートフォンニュースサービスとして最多の750以上のメディアを取り扱い、毎日7000以上のコンテンツを配信しています。

=====================================
nice!(26)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

ベストドレッサー賞 [雑記]

12月12日(水)   今回は、各種の「ベストドレッサー賞」を紹介します。

◎第47回ベストドレッサー賞
https://www.wwdjapan.com/747683
日本メンズファッション協会は11月28日、「第47回ベストドレッサー賞」と「第15回ベストデビュタント賞」の発表・授賞式を開催した。
 ベストドレッサー賞には、芸能部門から女優の有村架純、俳優の高橋一生、スポーツ部門からレーシングドライバーの中嶋一貴・選手、政治・経済部門から津賀一宏パナソニック社長、学術・文化部門から作曲家の吉俣良、日本メンズファッション協会推薦枠から音楽ユニットのアルケミスト、特別賞に石川康晴ストライプインターナショナル社長を選出した。

 若手クリエイターの応援を目的としたベストデビュタント賞には、ファッション部門から大相撲の元貴乃花親方の長男で靴職人兼デザイナーの花田優一、ファッションブランド「パ―ミニット(PERMINUTE)」デザイナーの半澤慶樹、音楽部門からバイオリニストの内藤希花、空間・インテリア部門から建築設計家兼写真家の高栄智史を選出した。

【受賞者】
▼ 津賀 一宏 KAZUHIRO TSUGA(政治・経済部門)
▼ 吉俣 良  RYO YOSHIMATA(学術・文化部門)
▼ 有村 架純 KASUMI ARIMURA 女優(芸能部門)
▼ 高橋 一生 ISSEY TAKAHASHI(芸能部門)
▼ 中嶋 一貴 KAZUKI NAKAJIMA(スポーツ部門)
▼ 石川 康晴 YASUHARU ISHIKAWA(特別賞)
▼ アルケミスト ALCHEMIST(MFU推薦枠)

ベストドレッサー1・有村.jpg
ベストドレッサー2.jpg

【過去のベストドレッサー賞のブログ記事】
第45回:2016年12月1日掲載
第46回:2017年12月6日掲載

=====================================

◎第31回日本メガネベストドレッサー賞
https://www.glafas.com/news/topics/180817bestdresser.html
https://www.ioft.jp/ja-jp/Concurrent-Events/index.html
毎年恒例の「日本 メガネ ベストドレッサー賞」の受賞者が、国際メガネ展「IOFT」の公式サイトを通じて発表された。
今年で31回目を迎える「日本 メガネ ベストドレッサー賞」は、「政界部門」「経済界部門」「文化界部門」「芸能界部門」「サングラス部門」「特別賞(※)」の計6部門。表彰式は10月22日(月)に開催された。
各部門の受賞者はつぎの通り(敬称略)。
※「今後、メガネをかけて活躍してほしい人」に贈られる。

政界部門:石井 啓一(国土交通大臣)
経済界部門:似鳥 昭雄(ニトリホールディングス会長)
文化界部門:加藤 綾子(フリーアナウンサー)
芸能界部門:豊川 悦司(俳優)
サングラス部門:ダレノガレ明美(モデルタレント)
特別賞:モーニング娘。’18

※過去の受賞者は、こちらをご覧ください。

=====================================

◎第30回日本ジュエリーベストドレッサー賞
https://www.ijt.jp/ja-jp/best_dresser.html
過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」そして、「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別、男性部門のそれぞれに分けて、「日本ジュエリーベストドレッサー賞」として選考し、表彰するもの。
授賞式は本人が出席し、毎年1月に国際宝飾展のレセプション・パーティーにて行われる。

【受賞者】
10代部門:浜辺 美波
20代部門:吉岡 里帆
30代部門:橋本 マナミ
40代部門:常盤 貴子
50代部門:紫吹 淳
60代部門:森 昌子
男性部門:舘 ひろし
特別賞 女性:コシノジュンコ
特別賞 男性:加山 雄三

※過去の受賞者は、こちらをご覧ください。

↓舘ひろし、といえば「ハズキルーペ」のCMを想起しますね。


======================================
nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感